古銭鑑定団

古銭の郵送は可能?現金書留だけ?宅配買取業者のおすすめはココだ!

郵送するための手紙
古銭の買取・査定・鑑定

オークションなどで古銭を個人売買する方も増えていますが、その時に問題なのが配送方法です。古銭は種類によって利用できる配送方法が異なります。トラブル回避のためには、そういったルールは遵守しないといけないでしょう。

自宅にいながら古銭を売るなら宅配買取という方法もあります。ここでは古銭を送る正しい方法と宅配買取の様々なメリット、そして宅配買取が可能なおすすめの宅配買取業者も紹介していますので、参考にしてみてください。

古銭の郵送は可能?現金書留のみ?種類で発送方法が異なる

パソコンの前で悩む女性

物を送る場合には郵便や宅配便などさまざまな方法がありますが、お金の場合は基本的に現金書留のみでの発送になります。ただお金といっても古銭は種類によって発送可能な方法が異なり、逆に現金書留の意味をなさないものもあります。

以下が古銭の種類と可能な発送方法です。

現在も通貨として使用できる古銭 現金書留
金や白金などの貴金属で造られている外国の古銭 一般書留
現在も通貨として使用できる外国の古銭 普通郵便・一般書留・簡易書留
通貨として使用できない古銭 普通郵便・一般書留・簡易書留

通貨として使用できない古銭や外国のお金は、現金扱いにはならないので現金書留以外なら宅配便でも構いません。

ここが注意

ただし、いずれにしても紛失等で補償はないので注意しましょう。

ヤマト運輸や佐川急便で現金(古銭)を送ることはできない

注意するサラリーマン

ヤマト運輸や佐川急便では、万が一荷物が破損や紛失した場合には補償されるのですが、現金や古銭は補償されません。この旨は各運送会社に利用規約に記載されているので、送ることができないのです。

仮に送ってトラブルがあっても補償されないので注意しましょう。古銭を送るケースとしてはオークションなどで個人売買した場合などが多いでしょう。

オークションはわからない人との取引ですから通貨として使用できない古銭、つまり現金書留以外の方法では送らないのが賢明です。

現金書留を利用する流れ

スマホで買取店を調べる女性

最近はお金を送る場合には銀行振込や郵便振替を利用することが多いので、現金書留を初めて利用するという方も少なくないでしょう。ここでは現金書留を利用する際の流れについて紹介します。

  1. 郵便局にて1通21円の現金書留封筒を購入
  2. 封筒に送り主と自分の住所と名前を記載
  3. 封筒に古銭を入れる
  4. 中ふた、下ふた、上ふたの順でのり付けをして封をする
  5. 封じ目の3ヶ所に割り印もしくは署名する
  6. 封筒に入れた古銭の金額を記載もしくは窓口で伝える
  7. 古銭の金額や重さに応じた郵便料金を支払う

古銭が大量にあって郵便局で購入する現金書留封筒に入りきらない場合は、現金の輸送に耐えられるものなら自分で準備した封筒でもOKです。

ここがポイントちなみに現金書留はポスト投函ができませんので、必ず窓口にて手続きをしましょう。

現金書留で必要な料金と付けられるオプション

速達 280円〜
配達日指定 平日指定31円・日祝指定210円
配達時間帯指定郵便 330円〜
配達証明 310円

古銭を郵送・宅配買取を利用する『4つの手順』

チェックポイント

古銭の買取業者によっては、店舗買取や出張買取の他に郵送や宅配便を利用して古銭を送って査定・買取してもらう、郵送・宅配買取もあります。自宅にいながら古銭を査定してもらえるので、近くに古銭買取業者がなくても安心です。

ここでは古銭を郵送・宅配買取を利用する際の基本となる4つの手順を紹介します。

  1. 郵送・宅配買取が可能な買取業者を探し、申し込みや梱包キットの請求する
  2. 梱包キットなどを利用し、古銭と必要書類を同梱
  3. 買取業者指定の配送業者で荷物を送る
  4. 査定結果を確認し、買取orキャンセルの連絡をする

基本的にどこの買取業者も荷物の送料に関しては無料です。ただ査定額に納得がいかずにキャンセル・返却する場合には、その返送料は本人負担となることもあります。

古銭の郵送・宅配買取でトラブルを回避するための注意点

チェックに入れるサラリーマン

古銭の郵送・宅配買取のデメリットは、自分の目の前で査定してもらえないという点です。そのため相場よりも格安での買取や古銭のすり替え、預かったまま音信不通になるなどの悪徳業者もいるかもしれません。

また配送中に古銭が擦れるなどして価値が下がってしまう可能性もゼロではありません。そういったトラブルを回避するための方法を紹介します。

  • 1枚1枚しっかりと梱包し、動かないよう固定する
  • ワレモノ注意のラベルを貼る
  • 買取業者指定の配送業者を利用する
  • 古物商許可番号の記載がある買取業者を選ぶ

ただ古銭の種類や枚数によっては送料・返送料のほうが高くつく可能性もあります。基本的には送料・キャンセル料は無料ですが、事前にどのような古銭を査定してもらうのか連絡・確認しておくといいでしょう。

古銭の宅配買取業者でおすすめは『福ちゃん』

福ちゃん

古銭の宅配買取が可能な買取業者はたくさんありますが、その中でもおすすめしたいのが福ちゃんです。福ちゃんは大手買取店ですが、店舗は東京・神奈川・大阪に計8店舗のみ。そのため地域によっては店頭買取や出張買取ができない場合もあります。

その分、宅配買取に力を入れているようです。以下が福ちゃんの宅配買取の主な特徴になります。

  • 無料で宅配キットを送ってもらえる
  • 古銭の量に合わせてダンボールのサイズが4種類から選べる
  • 送料・振込手数料無料
  • 安心のゆうパックでの発送
  • 安心・安全の古物商認可店
  • 経験豊富な査定士による確実な査定
  • 商品到着後1日から5日間でのスピード査定
  • 査定額同意から1から5営業日後のスピード振込
福ちゃん

古銭買取業者『福ちゃん』を徹底評価【特徴/口コミ/評判調査】

古銭買取「福ちゃん」の総合評価 福ちゃんの総合評価表 買取価……続きを読む

古銭の郵送・宅配が面倒な方は出張買取がおすすめ

鑑定してもらっている夫婦

古銭の郵送・宅配買取は、自宅にいながら査定してもらえるというメリットがあります。ですが、配送トラブルをなくすためには、古銭を1枚1枚丁寧に梱包・固定するなどちょっと手間もかかります。

また目の前で査定してもらうわけではないので、買取業者によっては不安が残ってしまうのではないでしょうか。そんな方は出張買取がおすすめです。

出張買取なら自宅に査定員が直接来て査定してくれるので、手間もかかりませんし、トラブルをより回避できます。

おすすめの古銭買取専門店は『バイセル』

バイセル

古銭を売るなら、バイセルに任せてください。コレクターとのつながりがあり、相場以上で買取をしてくれることもあります。

銀行でも引き取りをしてくれますが、額面通りにしかならないのでお勧めはできないです。

バイセルなら最も正確かつ高値で買取が可能です。まだ売るかわからないけど「正確な値段だけ知りたい!」という方も利用できます。

もちろん、古銭買取を専門にした業者はバイセル以外にも全国に存在しています。その中から特に実績、買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。

バイセル 買取プレミアム 福ちゃん
鑑定実績
査定額の高さ
利用者の満足度
出張費・鑑定料 無料 無料 無料
買取方法 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込
対応地域 全国 全国 全国
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中でも圧倒的な実績数を誇る「バイセル」がおすすめです。当サイトからの申し込み、問い合わせも一番多いです。

  • プロの査定員を全国各地に配置(即日対応)
  • 自宅完結の出張査定あり(出張費・鑑定料無料)
  • 独自の販売ルートがあり高価買取可能(即日現金払い可)
  • 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料
  • どんな状態(汚れや古いもの)でも無料査定
  • 依頼者が女性の場合は女性の査定員を指名可

挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。

もし、他店の方が買取・鑑定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。

「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。古銭や紙幣の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。

お家に眠っている古銭・紙幣があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

まとめ

郵送するための手紙

古銭を郵送または宅配で送るのは、何かとトラブルが起こりやすいです。使用できる古銭なら現金書留を使用しなければいけません。買取業者に売る場合には、宅配買取もあるので便利です。

送料もキャンセル料もかからず自宅にいながら査定してもらえるなどメリットあります。ただ梱包の手間もかかりますし、信頼できる買取業者選びが重要です。

古銭を売るなら理想は店頭買取か出張買取ですので、それが可能な信頼できる古銭買取専門店を選ぶのが望ましいです。

ランキング

【2019最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む

コメントを残す

ページの先頭へ