古銭鑑定団

【保存版】10銭硬貨の買取価値はいくら?平均価格&査定相場《全10種類》

10銭硬貨
古銭の種類

古銭の中でも比較的に新しいのが額面が銭の単位のものです。10銭硬貨・銀貨は補助通貨の1つとして発行されていて、明治時代から昭和初期までに合計で10種類もの硬貨があります。

近代に作られた硬貨だけに古銭的な価値はほぼありません。ただ中には発行枚数が少なく希少価値が高いものもあります。

そこで10銭硬貨・銀貨の種類と、それぞれの買取相場価格などを詳しく調べてみました。ちなみにエラー硬貨であれば、さらに買取額がアップすると考えてください。

▼【画像付】10銭硬貨の買取相場一覧▼

古銭買取で安く買い叩かれないために、必ず専門買取業者に依頼してください。当サイトで最も問い合わせが多い「福ちゃん」なら全国出張可能で専門の査定員が自宅で無料査定。もちろん、売るかどうか買取額次第なので「値段だけ知りたい!」方にもおすすめです。

▼【2022年121日】福ちゃんの最新情報▼
古銭買取店業者福ちゃん

【古銭・古紙幣・硬貨・コイン】
買取・売却・鑑定で失敗しない方法
買取方法 鑑定の正確さ 高価買取 対応地域
リサイクルショップ × 店舗周辺
金券ショップ 店舗周辺
古銭買取専門店 全国対応
古銭買取専門店なら実績多数の”福ちゃん”がおすすめ
  • CMで有名な古銭買取業者&実績600万点
  • プロの古銭専門査定員が全国出張査定
  • 独自販売ルートがあるため高価買取が可能

(※1点からOK!電話相談も可能)

10銭硬貨・銀貨とは?現在も貨幣として使えるの?

10銭硬貨・銀貨(昭和8年・ニッケル)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

10銭硬貨・銀貨とはどのような硬貨なのでしょうか。上でも少し触れましたが、基本的な位置づけとしては補助通貨となります。日本での補助貨幣の単位としては銭や厘といったものがありました。

ですが第二次世界大戦後に、大幅なインフレーションが起こったことから、円を中心とした現行の通貨へと移行しています。そのため1948年には五円や1円といった臨時補助通貨が発行されました。

長らく曖昧な状態で続けていたのですが、昭和63年になって施行された法律で、補助通貨の歴史は幕を閉じています。

そのため10銭硬貨・銀貨というのは持っていたとしても、貨幣として使うことはできません。

ここがポイント補助通貨の単位としての銭や厘が、法改正によって正式に使えなくなったためです。そのため基本的には古銭としての価値しかないと考えて良いでしょう。

【10銭硬貨】
▼高く売れる買取店はココ▼

【全10種類】10銭硬貨・銀貨の買取相場価格と鑑定価値一覧≪画像付き≫

では10銭硬貨・銀貨の古銭的な価値はどの程度でしょうか。ここでは買取相場価格について、それぞれの種類や発行年度別に価格を見ていきます。通常はさほど価値がない10銭硬貨・銀貨ですが、中には希少価値のついたものもあります。

【全10種類】10銭硬貨・銀貨の買取相場価格と鑑定価値一覧

①【10銭白銅硬貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(大正9年・白銅)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1920年~1932年
価値
相場 1円~8000円
素材 銅・ニッケル
画像出典 wiki「日本の補助貨幣」

大正9年に発行されたのが白銅10銭硬貨・銀貨です。正確には銀貨ではなく白銅貨となります。穴あきの通貨であるのが特徴で、材料の節約のために穴あきとなった歴史があります。

価値としては大正9年のものと昭和4年のものが高いでしょう。

【年代別】10銭白銅硬貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1920年(大正9年) 1円~50円 50円~3000円
1921年(大正10年) 1円~10円 10円~500円
1922年(大正11年) 1円~10円 10円~500円
1923年(大正12年) 1円~10円 10円~500円
1925年(大正14年) 1円~10円 10円~500円
1926年(大正15年) 1円~10円 10円~500円
1927年(昭和2年) 1円~10円 10円~500円
1928年(昭和3年) 1円~10円 10円~500円
1929年(昭和4年) 10円~100円 100円~8000円
1931年(昭和6年) 10円~100円 100円~2000円
1932年(昭和7年) 1円~10円 10円~500円

買取相場価格はそこまで高くありません。

②【10銭ニッケル硬貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(昭和8年・ニッケル)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1933年~1937年
価値
相場 1円~1000円
素材 ニッケル
画像出典 wiki「日本の補助貨幣」

ニッケル10銭硬貨・銀貨は、昭和8年から昭和12年まで発行されていた通貨になります。この10銭硬貨・銀貨も穴あき銭となっていて、表面には菊の紋章が刻印されているのが特徴です。

ニッケルが素材として使われているため、磁石でくっつきます。

【年代別】10銭ニッケル硬貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1933年(昭和8年) 10円~50円 50円~1000円
1934年(昭和9年) 1円~50円 50円~500円
1935年(昭和10年) 1円~50円 50円~500円
1936年(昭和11年) 1円~50円 50円~500円
1937年(昭和12年) 10円~50円 50円~500円

【10銭硬貨】
▼高く売れる買取店はココ▼

③【10銭アルミ青銅硬貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(昭和13年・アルミ青銅)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1938年~1940年
価値
相場 1円~1000円
素材 銅・アルミ
画像出典 wiki「臨時補助貨幣」

アルミ青銅10銭硬貨・銀貨は昭和13年から昭和15年に発行されました。穴あきの通貨の1つで、表面には旭と波が描かれています。

裏には桜がデザインされていて、デザイン的に美しいのが特徴でしょう。ただ古銭的な価値は高くありません。

【年代別】10銭アルミ青銅硬貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1938年(昭和13年) 1円~10円 10円~500円
1939年(昭和14年) 1円~10円 10円~500円
1940年(昭和15年) 10円~50円 50円~1000円

昭和15年のものが比較的に高値をつけています。

④【菊10銭アルミ硬貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(昭和15年・アルミ・菊)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1940年~1941年
価値
相場 1円~5000円
素材 アルミ
画像出典 wiki「臨時補助貨幣」

昭和15年から昭和18年まで発行されていたのが、菊10銭硬貨・銀貨となります。表面に菊の紋章があり、裏には凹図面でサクラの花がデザインされています。

発行年度数によって重さが違っているのが特徴で、特に昭和18年の1.2gのものは高値がつきます。

【年代・重量別】菊10銭アルミ硬貨
平均買取相場
年代・重量別 並品 美品(未使用含む)
1.50g(昭和15年) 1円~10円 10円~500円
1.50g(昭和16年) 1円~10円 10円~300円
1.20g(昭和16年) 1円~10円 10円~300円
1.20g(昭和17年) 1円~10円 10円~100円
1.20g(昭和18年) 10円~500円 500円~5000円
1.00g(昭和18年) 1円~10円 10円~200円

と昭和18年以外はほぼ価値がありません。

【10銭硬貨】
▼高く売れる買取店はココ▼

⑤【10銭錫硬貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(昭和19年・錫)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1944年
価値
相場 1円~100円
素材 スズ・亜鉛
画像出典 wiki「臨時補助貨幣」

昭和19年のみ発行されたのが錫10銭硬貨・銀貨です。穴あきの10銭硬貨・銀貨で、表面には菊の紋章が描かれています。

単年のみの発行となるため希少価値がつきそうですが、実は450万枚もの発行数があるため古銭的な価値はほぼありません。

【種類別】10銭錫硬貨
平均買取相場
種類別 並品 美品(未使用含む)
1944年(昭和19年) 1円~10円 10円~100円

と値段はほぼつかない形です。

⑥【稲穂10銭アルミ硬貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(昭和20・アルミ・稲穂)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1945年~1946年
価値
相場 1円~100円
素材 アルミ
画像出典 wiki「臨時補助貨幣」

昭和20年に発行されたのが稲穂10銭硬貨・銀貨になります。表面には稲穂が描かれているのが特徴です。

また裏面の額面が漢数字ではなくアラビア数字が使われています。戦後発行のため大日本ではなく、日本政府と書かれているのも特徴でしょう。

【年代別】稲穂10銭アルミ硬貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1945年(昭和20年) 1円~10円 10円~100円
1946年(昭和21年) 1円~10円 10円~100円

【10銭硬貨】
▼高く売れる買取店はココ▼

⑦【旭日竜10銭硬貨・銀貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(明治4年・旭日龍)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1870年
価値 C
相場 100円~2万円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

明治3年に発行されたのが旭日竜10銭硬貨・銀貨です。表面には竜図が描かれていて、裏面には旭日がデザインされています。

明治3年のみの発行なのですが、実は竜図のウロコが明瞭なものほど高値がつきます。ただ素人では判断が難しいでしょう。

【年代別】旭日竜10銭硬貨・銀貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1870年(明治3年) 100円~500円 500円~1万5000円
1870年(明瞭ウロコ) 100円~1000円 1000円~2万円

判別が難しいので専門の業者に依頼すべき硬貨です。

⑧【竜10銭硬貨・銀貨】鑑定価値と買取相場価格

10銭硬貨・銀貨(明治6年・龍)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1873年〜1896年
価値
相場 10円~8万円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

明治6年から明治39年まで発行されていたのが、竜10銭硬貨・銀貨です。表には竜図、裏面には菊の紋章と額面がデザインされています。

比較的に古銭としての価値が高いのですが、例外なのは明治13年のものです。発行枚数が77枚のため、価格がつけられない時価となっています。

【年代別】竜10銭硬貨・銀貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1873年(明治6年) 100円~500円 500円~5000円
1873年(ハネ明) 3000円~1万円 1万円~5万円
1874年(明治7年) 5000円~1万5000円 1万5000円~8万円
1875年(前期・明治8年) 500円~2000円 2000円~1万円
1875年(後期・明治8年) 100円~500円 500円~5000円
1876年(明治9年) 100円~500円 500円~5000円
1877年(明治10年) 500円~2000円 2000円~1万円
1880年(明治13年) 詳細な買取額不明 詳細な買取額不明
1885年(明治18年) 100円~500円 500円~5000円
1887年(明治20年) 10円~100円 100円~1万円
1888年(明治21年) 10円~100円 100円~5000円
1891年(明治24年) 100円~500円 500円~1万5000円
1892年(明治25年) 100円~500円 500円~1万5000円
1893年(明治26年) 100円~500円 500円~1万円
1894年(明治27年) 100円~500円 500円~3万円
1895年(明治28年) 10円~100円 100円~5000円
1896年(明治29年) 10円~100円 100円~5000円
1897年(明治30年) 10円~100円 100円~5000円
1898年(明治31年) 100円~500円 500円~1万円
1899年(明治32年) 100円~500円 500円~1万円
1900年(明治33年) 100円~500円 500円~2万円
1901年(明治34年) 3000円~1万円 1万円~8万円
1902年(明治35年) 3000円~1万円 1万円~8万円
1904年(明治37年) 10円~100円 100円~5000円
1905年(明治38年) 10円~100円 100円~5000円
1906年(明治39年) 10円~100円 100円~5000円

明治13年以外ですと、明治7年と34年、35年のものが比較的に買取相場価格が高めです。

【10銭硬貨】
▼高く売れる買取店はココ▼

⑨【旭日10銭硬貨・銀貨】鑑定価値と買取相場価格

画像なし

時代 1907年〜1917年
価値
相場 10円~1,000円
素材 銀・銅
画像出典 なし

明治40年から大正6年まで発行されていたのが、旭日10銭硬貨・銀貨です。表面は菊の紋章が描かれており、裏には旭日がデザインされているのが特徴です。

長い間発行されていたものですが、特に明治40年と41年発行のものは高値がついています。

【年代別】旭日10銭硬貨・銀貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1907年(明治40年) 10円~100円 100円~2万円
1908年(明治41年) 50円~200円 200円~1万円
1909年(明治42年) 10円~100円 100円~4000円
1910年(明治43年) 10円~100円 100円~5000円
1911年(明治44年) 10円~100円 100円~5000円
1912年(明治45年) 10円~100円 100円~5000円
1912年(大正元年) 50円~500円 500円~1万円
1913年(大正2年) 10円~100円 100円~1000円
1914年(大正3年) 10円~100円 100円~1000円
1915年(大正4年) 50円~200円 200円~1000円
1916年(大正5年) 10円~100円 100円~1000円
1917年(大正6年) 10円~100円 100円~1000円

大正2年以降のものは特に古銭的な価値が低いです。

⑩【八咫烏10銭硬貨・銀貨】鑑定価値と買取相場価格

画像なし

時代 1918年〜1919年
価値 A
相場 10万円~80万円
素材 銀・銅
画像出典 なし

最後に紹介したいのが八咫烏10銭硬貨・銀貨です。大正7年と8年の2年間のみ発行されていたものです。

裏面に八咫烏がデザインされていることからの通称となります。銀価格が高騰したことから回収された歴史があり、非常に希少価値がある通貨です。

【年代別】八咫烏10銭硬貨・銀貨
平均買取相場
年代別 並品 美品(未使用含む)
1918年(大正7年) 10万円~30万円 30万円~80万円
1919年(大正8年) 10万円~30万円 30万円~80万円

となっていて安定した高値がついています。

【10銭硬貨】
▼高く売れる買取店はココ▼

昭和15年・19年・21年の10銭硬貨・銀貨の価値と取引価格

4箇所をチェック

10銭硬貨・銀貨は近代では一般的に使われていた補助通貨です。そのため現在でも発見される枚数が多いため、さほど古銭的な価値としては高くありません。

そこで比較的によくみる昭和15年、19年、21年の10銭硬貨・銀貨について取引価格などを見ていきます。

昭和15年・19年・21年の10銭硬貨・銀貨の価値と取引価格

【昭和15年】10銭硬貨・銀貨の価値は「数百円~数千円程度」

調査・鑑定

昭和15年発行の10銭硬貨・銀貨は、上でも紹介したアルミ青銅10銭硬貨・銀貨になります。昭和13年から15年までの3年間のみ製造された通貨なのですが、最も取引価格が高くなっているのは昭和15年のものとなります。

買取価格で見ると未使用品で500円から1000円程度です。古銭的には特にプレミアがついているといったわけではありません。

比較的に手に入りやすく、古銭専門の店舗などでも数百円もあれば購入が可能となっています。

【昭和19年】10銭硬貨・銀貨の価値は「数百円~数千円程度」

いろいろな古銭

昭和19年に発行された10銭硬貨・銀貨は、錫10銭硬貨・銀貨と呼ばれるものです。単年のみの発行となるのですが、450万枚もの枚数であるため価値がほとんどありません。

大戦中の古銭なのですが、質も低いこともあって未使用品でも100円程度の価値です。並品になると悪い意味で値段がつかない場合もあります。

良くて5円前後となるので、もし買取をしてもらうのならまとめ売りをした方がいいでしょう。古銭市場などでもよく見かけるもので、手に入れるとしても安価で購入できます。

【10銭硬貨】
▼高く売れる買取店はココ▼

【昭和21年】10銭硬貨・銀貨の価値は”真鍮”だと数十万円以上のレア古銭

古銭

昭和20年から21年にかけて発行されたのが稲穂10銭硬貨・銀貨です。先ほどお伝えしたように、発行枚数が多いためほとんど古銭としての希少価値はありません。

よくて10円から100円程度といった買取相場価格になっています。ただ素材がアルミではなく、真鍮のものだと話は変わります。

この真鍮製の稲穂10銭硬貨・銀貨は試鋳されたものであり、見本貨幣と打刻のあるものとないものが見つかっているのです。

  • 打刻あり真鍮製稲穂10銭硬貨・銀貨の買取相場価格は45万円程度
  • 打刻なし真鍮製稲穂10銭硬貨・銀貨の買取相場価格は120万円程度

と高額の買取相場価格がついています。

10銭硬貨の買取なら近くの買取店より『福ちゃん』

福ちゃん

2022年122日の古銭買取の最新情報だと、最も高値で買取してくれるのは古銭買取専門業者『福ちゃんです。

古銭の鑑定に専門的知識は欠かせません。鑑定力と買取相場を知る業者でなければ適正価格で売るのはムリです。

安く買い叩かれてしまう恐れもあります。

全国にある古銭買取の専門業者の中でも、実績や買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた2社が以下になります。

福ちゃん バイセル
鑑定実績
査定額の高さ
出張費・鑑定料 無料 無料
買取方法 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込
対応知識 全国 全国
公式サイト 詳細はこちら(クリック) 詳細はこちら

上記2社は人気の古銭買取店20社からさらに厳選比較し、高価買取実績が豊富なランキングで紹介した上位2社になります。CMでも目にする信頼性が高い買取業者です。

中でも圧倒的な買取実績を誇る「福ちゃん」がおすすめです。当サイトからの申し込み、問い合わせも多く信頼性があります。

福ちゃんの実績

  • 買取実績600万点を超える
  • 自宅完結の出張査定あり(出張費・鑑定料無料)
  • 独自の販売ルートがあり高価買取可能(即日現金払い可)
  • 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料
  • どんな状態(汚れや古いもの)でも無料査定
  • 依頼者が女性の場合は女性査定員を指名可

挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのは福ちゃんだけです。

「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。古銭の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。

お家に眠っている古銭があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、福ちゃんで正確な査定をしてもらいましょう。

\ CMでもお馴染み♪ /

さらに詳しく福ちゃんを知りたい方はこちら「古銭買取業者の福ちゃんを評価」もご覧ください。

まとめ

10銭硬貨

明治時代から昭和初期まで発行されていた、10銭硬貨・銀貨についての情報でした。合計で10種類もの硬貨が発行されていて、その古銭的な価値も幅広いものがあります。

【全種類】一覧
平均買取相場まとめ
種類一覧 平均買取相場
10銭白銅硬貨 1円~8000円
10銭ニッケル硬貨 1円~1000円
10銭アルミ青銅硬貨 1円~1000円
菊10銭アルミ硬貨 1円~5000円
10銭錫硬貨 1円~100円
稲穂10銭アルミ硬貨 1円~100円
旭日竜10銭硬貨・銀貨 100円~2万円
竜10銭硬貨・銀貨 10円~8万円
旭日10銭硬貨・銀貨 10円~1,000円
八咫烏10銭硬貨・銀貨 10万円~80万円

ほぼ値段のつかないものから、最高で値段のつかない時価までです。また同じ10銭硬貨・銀貨でも発行年度別に価格が異なっていたり、素材が違うことで希少価値がでたものもあります。

特に買取相場価格が高いのは八咫烏10銭硬貨・銀貨と、明治13年に発行された竜10銭硬貨・銀貨の2つです。

ここが注意

繰り返しになりますが、10銭硬貨を売却する場合は買取相場を熟知し、鑑定力がない買取業者だと安く買い叩かれてしまいます。当編集部では人気の古銭買取店20社以上比較し、以下の記事ではランキング5社に厳選しました。売却前には必ずご覧ください。

古銭買取業者ランキング

【2022最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む
10銭硬貨以外の硬貨一覧
平均買取相場まとめ
硬貨一覧 平均買取相場
500円硬貨 500円~2,000円
100円硬貨 100円~1,000円
50円硬貨 50円~4,000円
20円硬貨 1円~800万円
10円硬貨 10円~2000万円
5円硬貨 5円~500万円
2円硬貨 5,000円~900万円
1円硬貨 1円~700万円
50銭硬貨 1円~800万円
20銭硬貨 20円~400万円
10銭硬貨 1円~80万円
5銭硬貨 1円~20万円
2銭硬貨 10円~10万円
1銭硬貨 1円~2万5000円
半銭硬貨 10円~25万円
5厘硬貨 10円~1,000円
1厘硬貨 30円~75万円
記念硬貨 500円~3万円
現代硬貨・貨幣 1円~700万円
日本の硬貨・小銭 1円~900万円
地方自治法施行60周年記念硬貨 1円~3万円
ここがポイント硬貨以外の買取相場もご覧になりたい方は古銭、古紙幣、海外紙幣など全種類をまとめた下記関連記事をご欄ください。また、古銭硬貨を高く売る方法も合わせてチェックしてください。
世界のお金

【全種類】古銭・古紙幣・硬貨・コインの相場価値一覧《2022最新》

穴銭・絵銭 『穴銭(あなせん)』は文字通り、穴の開いた形をしているのが……続きを読む

コメントを残す

ページの先頭へ