古銭鑑定団

【50銭硬貨・銀貨】買取価値はいくら?平均価格&査定相場《全7種類》

50銭硬貨・銀貨(明治4年・旭日龍)
古銭の種類

50銭硬貨はかつて日本で発行されていた銀貨です。日本国内で流通していた貨幣の多くが銀貨であったのですが、明治時代より以前では粗悪なものも多く流通していました。

そのため明治政府樹立とともに、貿易一円銀が制定されています。これと同時に50銭以下の補助銀貨も発行されました。

ここではこの50銭硬貨について詳しく調べてみます。古銭的な価値はもちろんですが、現在の買取相場価格などについても紹介します。50銭硬貨は発行された種類も多く、発行年別に買取相場価格も異なるのが特徴です。

50銭硬貨・銀貨とは?種類はどれくらいある?

50銭硬貨・銀貨(明治5年・旭日龍・小型)
(画像出典:wiki「日本の銀貨」)

50銭硬貨は明治時代に初めて発行されたもので、以降も大正・昭和と時代が移っても発行されてきた通貨です。大きくは第二次世界大戦以前と以後に分けることができます。前者が6種類、後者が2種類と合計で8種類の硬貨が発行されました。

比較的に近代に発行された通貨であることから、古銭的はさほど高くはありません。ただ中にはかなり高額の買取相場価格となっている希少価値の高いものもあります。

ちなみに50銭硬貨はエラー硬貨であれば、より価値が高まります。

  • 影打ち
  • 角度ずれ
  • 陰写りエラー
  • 片面打ちエラー
ここがポイントこれらのエラーはわかりやすいものほど、買取相場価格が高まります。ただ素人では判別が難しいのでできれば、専門の業者に見てもらうのが確実でしょう。

【全7種類】50銭硬貨・銀貨の買取相場価格と鑑定価値一覧≪画像付き≫

では実際に50銭硬貨の買取相場価格などを見ていきます。ただし50銭硬貨は発行年度などによって値段が変わります。

ですが発行年度数も多いため、ここでは高額になるものと低額になるものを中心として紹介していきましょう。

【全7種類】50銭硬貨・銀貨の買取相場価格と鑑定価値一覧

①【50銭硬貨・銀貨(明治4年・旭日龍)】鑑定価値と買取相場価格

50銭硬貨・銀貨(明治4年・旭日龍) 時代 1870年~1871年
価値
相場 1,000円~10,000円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

最初に発行されたのが旭日竜大型50銭硬貨です。表面には竜図が描かれ、裏面には日章と八稜鏡がデザインされたことから、旭日竜大型50銭硬貨と呼ばれます。

ただ明治4年発行の前期と後期はかなり見極めが難しいため、専門の業者に依頼をしましょう。

【50銭硬貨・銀貨(明治4年・旭日龍)】鑑定価値と買取相場
  • 旭日竜大型50銭硬貨の未使用品買取価格は10000円~50000円前後
  • 旭日竜大型50銭硬貨の美品買取相場価格は1000円~10000円前後
  • 旭日竜大型50銭硬貨の並品買取相場価格は500円~3000円前後

最も買取相場価格が高くなるのは明治4年前期に発行されたもので、最も価値が低くなるのが明治3年に発行されたものです。

②【50銭硬貨・銀貨(明治5年・旭日龍・小型)】鑑定価値と買取相場価格

50銭硬貨・銀貨(明治5年・旭日龍・小型) 時代 1871年
価値
相場 30,000円~50,000円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

明治4年に発行された50銭硬貨の1つが、旭日竜小型です。先述の大型とは発行年度数も同じですが、サイズが少し小さくなります。

ただ図柄が同じもので大竜・小竜と呼ばれている2種類があるので注意しましょう。この2つの見極めが難しい硬貨でもあります。

【50銭硬貨・銀貨(大竜)】鑑定価値と買取相場
  • 大竜の未使用品買取相場価格は15万円~20万円前後
  • 大竜の美品買取相場価格は30000円~80000円前後
  • 大竜の並品買取相場価格は7000円~30000円前後

次に小竜の価格を見ます。

【50銭硬貨・銀貨(小竜)】鑑定価値と買取相場
  • 小竜の未使用品買取相場価格は15000円~30000円前後
  • 小竜の美品買取相場価格は1000円~6000円前後
  • 小竜の並品買取相場価格は500円~1000円前後

古銭的な価値としては大竜の方にあります。

③【50銭硬貨・銀貨(明治6年・龍)】鑑定価値と買取相場価格

50銭硬貨・銀貨(明治6年・龍) 時代 1873年
価値
相場 1万円~500万円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

明治6年から明治38年まで発行されたのが、竜50銭硬貨です。図柄は表に竜図で裏には五十餞と額面の表記があるのが特徴になります。硬貨裏面の下の図柄にある枝の切り口が、上向きか下向きかの2種類が存在します。

【50銭硬貨・銀貨(明治6年・龍)】鑑定価値と買取相場
  • 竜50銭硬貨の未使用品買取相場価格は1万円~800万円前後
  • 竜50銭硬貨の美品買取相場価格は300円~250万円前後
  • 竜50銭硬貨の並品買取相場価格は100円~100万円前後

買取相場価格に差があるのは、発行年度によって価格が異なるためです。特に明治13年に発行された竜50銭硬貨は、圧倒的なプレミア硬貨だと言えるでしょう。

④【50銭硬貨・銀貨(明治30年・龍)】鑑定価値と買取相場価格

50銭硬貨・銀貨(明治30年・龍) 時代 1897年
価値
相場 6,000円~50,000円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

次に紹介するのは明治30年に発行された竜50銭硬貨です。この年度の50銭硬貨には下切と上切の2つがあります。この下切と上切は先述した枝の切り口による違いにあるものです。プレミアがついているのは上切の方になります。

【50銭硬貨・銀貨(明治30年・龍)】鑑定価値と買取相場
  • 明治30年竜50銭硬貨の未使用品買取相場価格は6000円~15万円前後
  • 明治30年竜50銭硬貨の美品買取相場価格は500円~45000円前後
  • 明治30年竜50銭硬貨の並品買取相場価格は100円~20000円前後

上切の竜50銭硬貨かどうかは、専門家に判断を委ねた方がいいでしょう。

⑤【50銭硬貨・銀貨(明治40年・旭日)】鑑定価値と買取相場価格

50銭硬貨・銀貨(明治40年・旭日) 時代 1906年
価値
相場 100円~1,000円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

明治39年から大正6年まで発行されたのが、旭日50銭硬貨です。表面には菊の紋章が刻まれており、裏面には大日本50SENの刻印があります。

比較的に発行枚数が多く、見つかることも多いでしょう。最も古銭的な価値が高くなるのは、大正元年と4年発行のものです。

【50銭硬貨・銀貨(明治40年・旭日)】鑑定価値と買取相場
  • 旭日50銭硬貨の未使用品買取相場価格は1000円~20000円前後
  • 旭日50銭硬貨の美品買取相場価格は100円~4000円前後
  • 旭日50銭硬貨の並品買取相場価格は50円~500円前後

⑥【50銭硬貨・銀貨(大正7年・八咫烏)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1918年
価値
相場 30万円~70万円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

大正7年と8年に発行された50銭硬貨は、八咫烏50銭硬貨と呼ばれています。表面には鳳凰が刻印され、裏側には八咫烏がデザインされているものです。

銀の相場が高騰したこともあり、ほとんど流通しなかったという幻のプレミア銀貨です。

【50銭硬貨・銀貨(大正7年・八咫烏)】鑑定価値と買取相場
  • 八咫烏50銭硬貨の未使用品買取相場価格は80万円~130万円前後
  • 八咫烏50銭硬貨の美品買取相場価格は40万円~70万円前後
  • 八咫烏50銭硬貨の並品買取相場価格は10万円~50万円前後

未使用品レベルで100万円を超えるため、かなり高額な50銭硬貨です。

⑦【50銭硬貨・銀貨(大正11年・鳳凰)】鑑定価値と買取相場価格

50銭硬貨・銀貨(大正11年・鳳凰) 時代 1922年~1938年
価値
相場 100円~4,000円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「日本の銀貨」

最後に大正11年から昭和13年まで発行された、鳳凰50銭硬貨を紹介します。表面には鳳凰が描かれていて、裏面には大日本との刻印があるのが特徴です。

さほど古銭的な価値は高くありませんが、昭和13年発行のものは枚数が少なく希少価値があります。

【50銭硬貨・銀貨(大正11年・鳳凰)】鑑定価値と買取相場
  • 鳳凰50銭硬貨の未使用品買取相場価格は300円~15000円前後
  • 鳳凰50銭硬貨の美品買取相場価格は50円~8000円前後
  • 鳳凰50銭硬貨の並品買取相場価格は10円~4000円前後

見極めが難しいため、専門の業者に依頼しましょう。

50銭硬貨・銀貨の知っておきたい『2つのポイント』

4箇所をチェック

最後に50銭硬貨を売るのなら、知っておきたい2つのポイントを紹介していきましょう。このポイントを理解しておけば、50銭硬貨も正しい価値で売ることができるはずです。古銭は正しい評価をつけられにくいので、十分に注意しておきましょう。

50銭硬貨・銀貨の知っておきたい『2つのポイント』

【ポイント1】50銭硬貨・銀貨の当時の価値について

スマホでオークションをする女性

そもそも50銭硬貨とは、どのくらいの価値があったのでしょうか。現代を生きる日本人は円という通貨単位しかしりません。明治や昭和初期までは補助通貨として、銭や厘という単位の通貨がありました。

例えば物価で良く比較されるのがタマゴです。明治8年の資料によるとタマゴ1つが1.2銭とあります。

我々が知るタマゴは10個入りが基本ですので、現代的に見ると12銭です。つまり感覚的には50銭硬貨は500円程度であったと推測できます。

【ポイント2】50銭硬貨・銀貨が偽物か本物か見極めるなら専門業者へ

出張買取

50銭硬貨などの古銭の買取には複数の手段があります。

  • リサイクルショップ
  • 店舗型の専門業者
  • 出張型の専門業者
  • 貴金属買取の質屋

などが代表的な手段でしょう。この中で最も正確に価値を判断してくれるのは、専門の業者になります。

ここが注意

古銭は発行年度やホンのわずかなデザインのズレなどで、大きく買取相場価格が異なるためです。

ただ店舗型の専門業者が家の近くにあればいいのですが、そうではない場合も多いでしょう。そこで日本全国を対象としている、出張型の専門業者が人気となっています。

まとめ

50銭硬貨・銀貨(明治4年・旭日龍)
(画像出典:wiki「日本の銀貨」)

明治時代から昭和初期まで発行されていた、50銭硬貨の情報をまとめてみました。発行年代によって古銭的な価値がかなり変わる硬貨の1つです。

安価なものであれば10円程度でしかありませんが、高額なものは数百万円もの買取相場価格となっています。ただ発行枚数も多く、発行種類や細かなデザインの違いなどを見極めるには、専門的な知識や経験が必要となります。

そのためリサイクルショップなどではなく、専門の業者を利用した方がいいでしょう。正しい価値を判断してもらうと、かなりの買取額になるかもしれません。

コメントを残す

ページの先頭へ