古銭鑑定団

【保存版】200円札の価値はいくら?買取価格&平均相場《全3種類》

200円札の裏側
古銭の種類

第二次大戦後には生活物資の供給不足が続き、臨時軍事費の支出も重なって日本ではインフレが進みました。金融不安の高まりは昭和金融恐慌にもつながり、こうした環境下で発行されたお札が200円札です。

政府は1946年に総合インフレ対策を発表し、200円札は回収となりましたので、200円札は短期間でその役目を終えています。

このような古銭の200円札を取引する場合には、200円札の買取価格相場はいくらほどなのでしょうか?

200円札とは?どんな貨幣なの?

200円札の裏側
(画像出典:楽天「200円札」)

額面200円の日本銀行兌換券が古銭の200円札であり、200円札は昭和金融恐慌をきっかけとして発行された貨幣になっています。

ここがポイント昭和金融恐慌は、社会全般に生じていた金融不安に加えて、1927年当時の大蔵大臣が事実と異なる情報を発言したことで起きた金融恐慌です。

大蔵大臣の発言から銀行が危ないといった噂が全国各地で広がってしまい、中小銀行に対する取り付け騒ぎに発展しました。

この取り付け騒ぎは一旦収束しましたが、再び金融不安は再燃し、混乱の鎮静化を目的に発行されたのが200円札になります。古銭の200円札に該当するのは以下の3種類です。

  1. 図柄が彩紋の乙号券
  2. 肖像画が武内宿禰の丙号券
  3. 図柄が藤原鎌足と談山神社拝殿の丁号券

これらの200円札はいずれも失効していますから、銀行で両替を望めないうえに、お金としても役立てることができません。

もちろん現在では200円札に相当する紙幣は発行されていませんので、額面200円の紙幣は使用機会そのものが失われています。

【全3種類】200円札の買取相場価格と鑑定価値一覧≪画像付き≫

古銭の200円札は全3種類ありますが、そのうちの2種類は非常時の対処を優先した急造の日本銀行兌換券に過ぎません。200円札の図柄に見られる特徴や古銭としての通称を押さえつつ、200円札の買取価格相場と鑑定価値を確かめてみましょう。

【全3種類】200円札の買取相場価格と鑑定価値一覧

①【200円札(乙号券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1927年~1946年
価値 A
相場 100万円~200万円
素材 紙幣
画像出典 なし

1946年3月2日が通用停止日の乙号券は、表面の図柄が彩紋で裏面の印刷がない200円札です。昭和金融恐慌の混乱を鎮静化させるために急いで発行された日本銀行兌換券なので、粗雑な作りの片面印刷といった特徴を持ちます。

当時の銀行は店頭に200円札の乙号券を積み上げて不安の解消に努め、金融不安が収束すると乙号券はすぐに回収が行われました。

古銭の取引で200円札の乙号券は裏白200円札と称され、現存数の少なさから乙号券の鑑定価値は非常に高くなっています。乙号券の状態が良好であれば、その買取価格相場は数百万円単位を期待できるでしょう。

②【200円札(丙号券)】鑑定価値と買取相場価格

200円札の表側 時代 1945年~1946年
価値 B
相場 10,000円~200,000円
素材 紙幣
画像出典 楽天「200円紙幣」

1946年3月2日が通用停止日の丙号券は、表面の肖像画が武内宿禰で裏面の図柄が赤い彩紋の200円札です。裏面の赤い彩紋は丙号券の代表的な特徴に数えられ、古銭の取引で丙号券は裏赤200円札と呼ばれています。

丙号券はインフレの備えとして急造された200円札ですが、1946年の新円切替にあわせて失効しました。発行から短期間で失効したこともあって丙号券の鑑定価値は高く、未使用でなくても買取価格相場は数万円程度になります。

丙号券の状態が良い場合には、20万円前後の買取価格相場を見込めるでしょう。なお、歴史上の人物に限ると、武内宿禰はお札の肖像で最も長く使用されている人物として知られています。

③【200円札(丁号券)】鑑定価値と買取相場価格

200円札の表側 時代 1945年~1946年
価値 C
相場 5,000円~50,000円
素材 紙幣
画像出典 楽天「200円紙幣」

1946年3月2日が通用停止日の丁号券は、表面の図柄が藤原鎌足と談山神社拝殿で裏面の図柄が談山神社十三重塔の200円札です。200円札の丁号券に使われている図柄においては、20円札の乙号券で採用された図柄を流用している特徴があります。

談山神社拝殿と談山神社十三重塔の配置がそもそも入れ替えられ、高額紙幣らしさを目指した図柄の変更も行われています。

200円札の乙号券や丙号券と比べて図柄の作り込みを見て取れますが、新円切替によって短期間で失効した経緯は丁号券も変わりません。

古銭の取引で藤原鎌足200円札と称される丁号券は、ほかの200円札よりも鑑定価値が低く、買取価格相場は数千円から数万円程度です。

200円札を買取査定に出す際に注意する『2つのポイント』

ポイントと書かれた紙を指差す

200円札はいずれも額面以上の買取価格相場になり得る古銭ですが、少しでも高く売りたい場合にはどのようなことに注意が必要なのでしょうか?買取査定を依頼する前に把握しておくべき、売却のタイミングや取引時の注意点をチェックしてみましょう。

買取査定に出す際に注意する『2つのポイント』

【注意点1】状態が劣化しないうちに200円札を買取してもらう

営業マン

200円札は高価買取を望める古銭に含まれますが、状態の劣化が進むと買取価格相場は下がってしまいます。古銭の200円札を見つけたのなら、劣化しないうちに買取してもらうことが大切です。

買取査定まで200円札を保存したい場合には、以下のアイテムが活躍します。

  • 紙幣用透明ケース
  • 紙幣ホルダー

紙幣用のプラスチックケースを活用すれば、折れ目などがつきにくく、静電気で200円札を固定できます。枚数が多いときには、紙幣をまとめて管理できる紙幣ホルダーを役立ててみましょう。

また、古銭の買取を急ぐべき理由においては、以下の内容も関係しています。

古銭の買取を急ぐべき理由
  • コレクターが減少傾向にある
  • 遺品整理で古銭を売却するケースが増えている

コレクターの減少で古銭の需要は下がりつつあり、遺族が古銭をまとめて売るケースも珍しくありません。古銭の買取価格相場は簡単に高まりませんので、状態が劣化する前に200円札を売る方法が適しています。

【注意点2】200円札をメルカリ&ヤフオクでなく買取業者に依頼

鑑定してもらっている夫婦

200円札をメルカリやヤフオクで売る場合には、発送の手間がかかるうえに、販売手数料や梱包費用などが売上から差し引かれます。

売却金額が買取価格相場に近いかどうかも不明確なままですが、買取業者に依頼する方法を選ぶと主に以下のメリットを得られます。

  • 専門知識を持つプロの鑑定士に査定してもらえる
  • 即日現金化を実現できる
  • 出張買取や店頭買取など自分にあった買取方法を選べる
  • 古銭の種類にかかわらず買取を依頼できる
  • 査定を受けても売却をキャンセルできる
  • 買取業者によっては鑑定料や出張費などが無料になっている
  • 古銭に関する相談を行える

メルカリやヤフオクで200円札を売るときにはデメリットを避けられませんが、買取業者に依頼する方法ではメリットが勢揃いしています。

ここが注意

買い叩かれるリスクを心配したくないのなら、メルカリやヤフオクではなく買取業者の買取査定を利用しましょう。

200円札を高く売るなら”買取専門店『バイセル』がおすすめ!

バイセル

200円札を売るなら、バイセルに任せてください。先述したように、適正な価格で買取をしてくれるからです。中には、コレクターとのつながりがあり、相場以上で買取をしてくれることもあります。

銀行でも引き取りをしてくれますが、額面通りにしかならないのでお勧めはできないです。

バイセルなら最も正確かつ高値で買取が可能です。まだ売るかわからないけど「正確な値段だけ知りたい!」という方も利用できます。

もちろん、古銭買取を専門にした業者はバイセル以外にも全国に存在しています。その中から特に実績、買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。

バイセル 買取プレミアム 福ちゃん
鑑定実績
査定額の高さ
利用者の満足度
出張費・鑑定料 無料 無料 無料
買取方法 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込
対応地域 全国 全国 全国
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中でも圧倒的な実績数を誇る「バイセル」がおすすめです。当サイトからの申し込み、問い合わせも一番多いです。

  • プロの査定員を全国各地に配置(即日対応)
  • 自宅完結の出張査定あり(出張費・鑑定料無料)
  • 独自の販売ルートがあり高価買取可能(即日現金払い可)
  • 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料
  • どんな状態(汚れや古いもの)でも無料査定
  • 依頼者が女性の場合は女性の査定員を指名可

挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。

もし、他店の方が買取・鑑定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。

「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。古銭や紙幣の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。

お家に眠っている古銭・紙幣があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

まとめ

200円札の裏側
(画像出典:楽天「200円札」)

額面200円の200円札は昭和金融恐慌をきっかけに全3種類発行され、現在ではその全てが失効券として扱われています。

図柄は藤原鎌足200円札が作り込まれている一方で、買取価格相場においては粗雑な作りの片面印刷である裏白200円札のほうが期待できます。

現存数が非常に少ないこともあり、裏白200円札は数百万円単位の買取価格が実現する古銭のお宝に数えられます。古銭の200円札を発見したときには、劣化の防止に努めつつ買取業者に古銭の買取査定を依頼しましょう。

コメントを残す

ページの先頭へ