古銭鑑定団

【甲号兌換・乙号兌換・大正兌換銀行券】買取価値&販売相場を公開!

甲号兌換銀行券10円
古銭の種類

甲号兌換・乙号兌換・大正兌換銀行券が自宅から出てきたという人は少なくないでしょう。なぜなら現在も使える紙幣もありますし、実際に使用していた経験がある方もいるからです。

ボロボロだからほとんど価値がないはずと思う人もいるかもしれませんが、紙幣によっては数万円どころか数十万円もするものもあります。

ここでは甲号兌換・乙号兌換・大正兌換銀行券の特徴と現在の買取相場を紹介しているので気になる人はチェックしてみてください。

【早見表】甲号兌換銀行券・乙号兌換銀行券・大正兌換銀行券の販売・売買価格《まとめ》

甲号兌換銀行券
販売店名 販売価格(参考)
Amazon 22万円~38万円
楽天 6万円~26万円
ヤフオク 1,000円~12万円
メルカリ 1,400円~4万円
乙号兌換銀行券
販売店名 販売価格(参考)
Amazon 5万円
楽天 4万円~39万円
ヤフオク 3万円~9万円
メルカリ 1,200円~6万円
大正兌換銀行券
販売店名 販売価格(参考)
Amazon 2万円
楽天 1,000円~71万円
ヤフオク 100円~16万円
メルカリ 300円~5万
ここがポイント上記の販売価格はレプリカなども含んでいます。あくまで参考程度にしておいてください。

【全3種類】甲号兌換銀行券の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付き》

【全3種類】甲号兌換銀行券の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付き》

①【甲号兌換銀行券5円】鑑定価値と買取相場価格

甲号兌換銀行券 中央武内5円 時代 1899年から1939年
価値 B
相場 5,000円から10万円
素材
画像出典 楽天「甲号兌換銀行券」

甲号兌換銀行券5円は武内宿禰の肖像画が紙幣の中心に描かれていることから、中央武内5円とも呼ばれています。

甲号兌換銀行券は古銭としての価値が高く、並品でも5,000円以上で、美品なら10万円近くで買取されることもあります。また記番号が後期のアラビア数字となっていれば、1割から2割ほど価値が高くなります。

②【甲号兌換銀行券10円】鑑定価値と買取相場価格

甲号兌換銀行券10円 時代 1899年~1939年
価値 B
相場 1万円から10万円
素材
画像出典 amazon「甲号兌換銀行券10円

甲号兌換銀行券10円は裏面中央に猪が描かれているのが特徴で、裏猪10円とも呼ばれています。なぜ猪かというと、表面に描かれている和気清麻呂の伝説の中で猪に救われるというものがあったことと言われています。

甲号兌換銀行券10円は古銭としての価値が高く、並品でも1万円以上で買取されます。もし状態が良ければ10万円近い価格まで買取額のアップが見込めるでしょう。

③【甲号兌換銀行券100円】鑑定価値と買取相場価格

甲号兌換銀行券100円 時代 1900年から1939年
価値 A
相場 5万円から100万円
素材
画像出典 amazon「甲号兌換銀行券100円」

甲号兌換銀行券100円は裏面が紫色の印刷となっていることから、裏紫100円とも呼ばれています。

甲号兌換銀行券100円は古銭としての価値が非常に高く、並品でも10万円以上、状態が良ければ数十万円にもなります。

さらに組番号が前期の万葉仮名になっていれば4倍近くまで価値が跳ね上がり、美品だと100万円以上で取引されることもあります。

【全1種類】乙号兌換銀行券5円の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付き》

乙号兌換銀行券5円 時代 1910年から1939年
価値 B
相場 5万円から40万円
素材
画像出典 amazon「乙号兌換銀行券5円」

乙号兌換銀行券5円は偽造防止の透かしが入れられた紙幣で、光に透かすと大黒様が見えることから透かし大黒5円とも呼ばれています。

乙号兌換銀行券5円は当時としては高い技術となる偽造防止が施されていることからも希少価値が高まっています。そのため並品でも10万円前後、美品でも数十万円、未使用品なら300万円で買取されることもあります。

【全4種類】大正兌換銀行券の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付き》

【全4種類】大正兌換銀行券の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付き》

①【大正兌換銀行券1円】鑑定価値と買取相場価格

大正兌換銀行券1円 時代 1916年から現行紙幣
価値
相場 20円から3,000円
素材
画像出典 楽天「大正兌換銀行券1円」

大正兌換銀行券1円は1889年に発行が開始された改造兌換銀行券1円とほぼ同じデザインとなっていますが、こちらは記番号がアラビア数字となっていることからアラビア数字1円とも呼ばれています。

大正兌換銀行券1円は改造兌換銀行券1円同様、現行紙幣としても使用可能です。ただ古銭としての価値の方が高くなります。また初期発行となる記番号が100番台だと価値が10倍近く高くなり数千円になることもあります。

②【大正兌換銀行券5円】鑑定価値と買取相場価格

大正兌換銀行券5円 時代 1916年から1939年
価値 B
相場 5,000円から2万円
素材
画像出典 楽天「大正兌換銀行券5円」

大正兌換銀行券5円は大正時代に発行された武内宿禰の肖像画が描かれていることから、武内5円とも呼ばれています。幽霊札とも呼ばれ不評だった乙号兌換銀行券5円に変わって発行されています。

大正兌換銀行券5円は古銭としての価値が高く、並品でも1万円前後で買取されています。美品であれば2万円近い額で取引されるでしょう。

③【大正兌換銀行券10円】鑑定価値と買取相場価格

大正兌換銀行券10円 時代 1915年から1939年
価値 B
相場 1,500円から2万円
素材
画像出典 楽天「大正兌換銀行券10円」

大正兌換銀行券10円は和気清麻呂が左側に描かれていることから左和気10円札と呼ばれています。ちなみに左側に肖像画が描かれているのは、日本では大正兌換銀行券10円のみです。

左側に肖像画が描かれている珍しい紙幣ではありますが、希少性はそれほど高くはなく、並品なら2,000円前後、美品でも2万円くらいです。

④【大正兌換銀行券20円】鑑定価値と買取相場価格

大正兌換銀行券20円 時代 1917年から1939年
価値 B
相場 2万円から15万円
素材
画像出典 楽天「大正兌換銀行券20円」

大正兌換銀行券20円は額面が横書きとなっていることから、横書き20円とも呼ばれています。

大正兌換銀行券の中で最も価値が高いのが20円札で、それほど状態が良くなくても2万円から5万円で買取されています。さらに美品なら10万円前後、もしも未使用品だった場合には50万円以上で買取される可能性もあります。

《基本知識》甲号兌換銀行券・乙号兌換銀行券・大正兌換銀行券の特徴は?

甲号兌換銀行券・乙号兌換銀行券・大正兌換銀行券は歴史的価値は発行して100年程度ということもあり、持っている人もいるでしょう。ここでは甲号兌換銀行券・乙号兌換銀行券・大正兌換銀行券の特徴をまとめているのでチェックしてみてください。

《基本知識》甲号兌換銀行券・乙号兌換銀行券・大正兌換銀行券の特徴

甲号兌換銀行券の特徴

甲号兌換銀行券100円
(画像出典:amazon)

甲号兌換銀行券以前の紙幣は銀の価値に合わせた銀本位制だったのに対し、甲号兌換銀行券からは金本位制に代わっています。この背景には日清戦争が関係しており、この戦争に勝ったことで大量の金貨を得ることができたため金本位制に変わったとされています。

甲号兌換銀行券は5円札、10円札、100円札の3種類が発行されており、約40年にわたり通用可能でした。その間デザインは変わりはないのですが、組番号は万葉仮名で書かれた前期と、アラビア数字で書かれた後期に分けられます。

そして買取価格は紙幣の状態でも差がありますが、この前期と後期でも大きく差が出ています。しかも5円札と10円札は後期の方が買取価格が高いのに対して、100円札だけは前期の方が倍近く価値が高くなっています。

乙号兌換銀行券の特徴

乙号兌換銀行券5円
(画像出典:amazon)

乙号兌換銀行券は1910年に発行された兌換銀行券で、5円札の1種類のみしか発行されていません。乙号兌換銀行券は偽造防止の技術が取り入れられており、現行紙幣のように透かし模様を丸く囲んでいる紙幣はこれが最初です。

また、透かしだけでなく肖像画の彫刻技法に関しても、当時としては最先端となるアメリカ式技術を用いて着色繊維をすきこみしています。さらに裏面に描かれている北野天満宮はより複雑な図柄で描かれているのが特徴です。

透かし模様が大黒様ということから、透かし大黒5円とも呼ばれていましたが、偽造防止のために緑色のインクで肖像画の菅原道真を描いたことにより、顔色が悪く見えてしまい、ここから幽霊札とも呼ばれていました。

大正兌換銀行券の特徴

大正兌換銀行券5円
(画像出典:楽天)

大正兌換銀行券は大正時代に発行された兌換銀行券で、第一次世界大戦で日本製品の需要が高まったことにより発行されています。1円札、5円札、10円札、20円札の4種類あり、1円札以外は約20年間通用していた紙幣です。

ちなみに1円札は現在でも額面通りの価格で使うことは可能です。また20円札については、それまでの日本で初めて発行された20円札となっています。1円札もそうですが、大正兌換銀行券は古銭としての価値が非常に高いです。

特に20円札は希少価値が高く、万が一未使用品でも見つかれば60万円前後で取引されるほど貴重な古銭となっています。また1円はそれほど高くはありませんが、それでも額面以上の価値は間違いなくあるので、使わずに古銭として売ったほうがいいでしょう。

甲号兌換・乙号兌換・大正兌換銀行券の鑑定・売却なら買取専門『福ちゃん』がおすすめ

福ちゃん

甲号兌換・乙号兌換・大正兌換銀行券は状態や種類によって価値が大きく異なります。ですので、売るのであれば信頼できる古銭買取専門店がおすすめです。もし鑑定を受ける、売却するというのであれば買取専門『福ちゃん』がいいでしょう。

福ちゃんはプロの査定員を全国各地に配置していますし、出張買取や宅配買取も可能。即日対応も可能ですから、全国どこのお客さまでも安心して貴重な古銭を査定してもらえます。もちろん査定は無料で、鑑定後にキャンセルをしても無料です。

また独自の販売ルートがあるため、買取額にも絶対の自信を持っています。さらには即日現金払いも可能ですから、もしすぐにお金が必要という人でも、安心して甲号兌換・乙号兌換・大正兌換銀行券を売ることができます。

まとめ

甲号兌換銀行券10円
(画像出典:amazon)

甲号兌換・乙号兌換・大正兌換銀行券は今から100年近く前に発行開始した紙幣です。1円札については現在でも通用する紙幣ですから、ご自宅から出てきても決して不思議ではありません。

ただ状態や種類によって価値が変わってくるので、しっかりとした鑑定眼のある査定士に査定してもらわないといけません。そのためにはやはり古銭買取に精通した古銭買取専門店に売るのがベストです。

今は宅配買取もできるのでどの地域に住んでいる方でも安心です。

コメントを残す

ページの先頭へ