古銭鑑定団

穴銭古銭で特に注目を集める『皇朝十二銭』の買取価格相場【まとめ】

皇朝十二銭
古銭の種類

古銭はコレクターも多く、数千万円の価値がつく場合もあります。しかし、古銭の世界も人気に左右されることが多く、今はもう価値が下がっているケースも珍しくありません。

古銭の中でも有名なものが穴銭と呼ばれるものです。現代の通貨で言えば、50円や5円のような穴の開いた貨幣を意味します。

この穴銭でも特に注目を集めるのが、皇朝12銭です。ここでは皇朝12銭の買取相場に、スポットをあてていきましょう。

『皇朝十二銭』とはどんな貨幣?

皇朝十二銭
(画像出典:https://ultra-b.jp/item/oldcoin/anasen/)

皇朝12銭は穴銭と呼ばれるものの中でも、全体的な形が円形で中央部分に四角の穴が開いたものを指します。正確には708年から963年の間に作られた通貨です。

文字だけではイメージが難しいかもしれませんので、代表的なものを1つ紹介しましょう。歴史の教科書などでもおなじみになっている和同開珎が該当します。和同開珎は日本でも最古の貨幣として有名でしょう。

皇朝12銭は和同開珎を初めとして、美術的だけではなく歴史的にも価値がある古銭になります。そのためコレクターからの需要も高く、高値で売れる古銭の代表的な存在だと言えるでしょう。

ここが注意

1つ注意したいのが状態によって大きく価値が変わってくるところです。

同じ皇朝12銭でも、その状態によって数万円から数十万円もの開きがあります。基本的には専門家に見てもらうのがいちばんです。

また、古銭はプレミアの価値が高いことから、模造品なども多く出回っているのもポイントでしょう。そのため素人が安易に価値をつけてしまうのは危険です。ここまでをまとめます。

  • 皇朝12銭はコレクターの間で人気
  • 古銭の中では買取相場が比較的に高い
  • 歴史的な価値がある
  • 偽物&模造品が多い

以上が、皇朝12銭の特徴です。

皇朝十二銭の価値と買取相場はいくら?

並べられたお金と電卓

皇朝12銭の買取相場はどのくらいになるのでしょうか。先述の通りに、歴史的な価値が高いものであることから、その価値は状態によって大きく変わります。

数万円になるものもあれば、数十万円から100万円単位になるものまで幅広いです。

そこで重要なのが、少しでも古銭の価値を高めるのなら、1つの業者ではなく、複数の業者に話を聞くことでしょう。

ここがポイント最近ではメールに写真を添付すれば、およその買取額を提示してくれる業者も少なくありません。上手に利用すれば、最初から高く買取をしてもらえるでしょう。

ちなみに古銭を見つけた時に、よくやってしまう失敗が汚れを落としてしまうことです。素人が下手に洗ってしまうと、古い貨幣だけに破損が大きくなります。

その点は業者が行いますから、買取査定の時に汚れていても大きく値段は左右されません。買取相場についてもまとめましょう。

  • 皇朝12銭はピンからキリまで
  • 希少価値のあるものは少ない
  • 鋳造技術や原材料のせいで美品には高値がつく

この3つを押さえておくといいでしょう。

皇朝十二銭全12種類一覧と相場情報

皇朝十二銭、全種類の相場情報を紹介していきます。

和同開珎

和同開珎 時代 奈良時代/708年
価値 S
相場 10,000~49,999円
素材 銀・銅
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

皇朝12銭の代表的な存在が和同開珎です。日本で最初の通貨とされていて、十二銭の中でも最初に発行されたものになります。

もともとお隣の国である唐で発行されていた開元通宝を模したもので、当時は1文として使われていました。

古銭を代表する存在のため、模造品も多く出回っています。

ここが注意

一気に儲かるかもと思いきや、実際に査定をしてもらうと偽物だったとがっかりする貨幣No.1です。

人気はありますが、市場に出回っている数も多く、一般的な相場としては1万円から5万円程度です。

ただし、保存の状態であったり、貨幣に刻まれた書体などによっては買取額が大きく異なります。

希少なものであった場合は数百万円もの値がつくほどです。つまり、当たり外れの大きな通貨と言っても過言ではありません。

万年通宝

万年通宝 時代 奈良時代/760年
価値 S
相場 50,000~99,999円
素材 青銅
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

万年通宝は760年に発行された皇朝12銭です。和同開珎に続いて発行された貨幣になります。

和同開珎の成功もあってか、その十倍の価値を持つ貨幣として製造されました。しかし、当時の人たちの間では受け入れられなかったようです。

ここがポイント発行されていた期間はわずか5年。発行枚数が少ないことから、希少価値がついています。

一般的な買取相場としては5万円から10万円程度です。ただし、状態や書体などによっては100万円を超えることも。

結果、万年通宝を売るのなら、複数の業者に査定をしてもらうのをお勧めします。業者によって買取額は異なりますから、複数から査定をもらい、高値で買取してくれる業者を探しましょう。

神功開宝

神功開宝 時代
価値
相場
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

皇朝12銭の中で3番目に発行されたのが、神功開宝です。先の万年通宝が不評であったことから、これに変わる貨幣として発行されたものになります。

当時の価値は万年通宝と同じものです。こちらは万年通宝とは違って、多種多様な物が存在するのが特徴でしょう。

ここがポイント特に有名なものが書体による違いです。功という漢字の右側は力と書きます。しかし、神功開宝の中には力ではなく、刀と書かれているものがあるのです。

一般的な古銭としての価値は、1万円から5万円とそこまで高くはありません。

しかし、希少な書体のものであれば、数百万円という価値をつけることもあるほどです。コレクターとしても集め甲斐のある古銭であるため、人気が高く、安定した価値があると言ってもいいでしょう。

隆平永宝

隆平永宝 時代 奈良時代/796年
価値 S
相場 50,000~99,999円
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

隆平永宝は4番目の皇朝12銭になります。希少価値が高く、十二銭の中でも高値をつけやすい貨幣の1つです。買取相場としては5万円から10万円程度が一般的でしょうか。

ただし、最近では少し相場が上がっているそうで、15万円程度で取引されることもあります。

ここがポイント保存状態や書体によっては、100万円単位での取引になることもあるでしょう。

ただ、この書体の違いがとても微妙なものですから、素人が判断するのが難しい古銭の1つでもあります。

そのため隆平永宝を売るのなら専門の業者に見てもらった方がいいでしょう。

意外と高値がつくことが多い古銭の1つですから、もし見つけた場合は専門の業者に相談をしてみてください。場合によっては、10万円を超えるかもしれません。

富寿神宝

富寿神宝 時代 平安時代/818年
価値 S
相場 50,000~99,999円
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

富寿神宝は隆平永宝に次いで発行された、皇朝12銭になります。

これまでの貨幣が青銅で造られたものであったのに対して、富寿神宝は銅で作られています。この富寿神宝あたりから通貨の質が下がっていると言われています。

それは含まれる成分に鉛が多くなっているからです。ただ、富寿神宝は希少価値が高く、一般的な買取相場でも10万円程度になるようです。

ここがポイントちなみに保存状態によっては100万円を超えることもありますので、大切に保管しましょう。

下手に売却をしますと、大損をする可能性もあります。そのため売却するのなら専門の業者に鑑定をお願いした方がいいでしょう。業者も積極的に買取をしている穴銭古銭の1つですので、高値も期待できます。

承和昌宝

承和昌宝 時代 平安時代/835年
価値 A
相場 50,000~99,999円
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

承和昌宝は日本国内で初となる元号が使われた皇朝12銭です。ここまでの通貨と比較をすると、かなり質が劣化しているのが特徴です。

貨幣そのものの大きさが小さくなっただけではなく、鉛分が多いことから原型をとどめないものが多くなりました。

ここがポイント逆に穴銭古銭の世界では、美品として残っているものが少ないことから、希少価値の高い古銭になります。

日本初となる元号が使われていることなどもあわせて、コレクター間での人気も高いものがあります。

結果、貨幣としての質は劣っていますが、買取相場そのものは10万円程度と高留まりしているのです。

はっきりと書体が読めるような美品であれば、100万円近い値がついてもおかしくはない穴銭古銭です。

長年大宝

長年大宝 時代 平安時代/848年
価値 S
相場 1~499円
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

長年大宝は希少価値の高い皇朝12銭の1つです。穴銭古銭の中でも細分が難しいものと言われていて、専門家でもその判断を誤ることがあります。

そのため長年大宝が手元にあるのなら、必ず専門の業者に鑑定を求めるべきです。

平均的な買取相場は数百円から数十万円と幅広くなります。美品であれば、30万円を超えることもあるそうです。ただ、なかなか美品の状態では見つからないため、希少価値が高いとされています。

ここがポイントちなみに発行された当時は、長年大宝1枚に対して旧銭貨が10枚という交換比率になっていました。

相場価格を見てもわかりますが、振れ幅がとても大きいものですので、ぬか喜びに終わるケースも少なくありませんので、注意しておきましょう。

饒益神宝

饒益神宝 時代 平安時代/859年
価値 S
相場 1,000,000円~
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

皇朝12銭の中でも、最も希少価値が高いのが饒益神宝です。現存数がわずかで、ほとんど美品が見つかることがありません。饒益神宝は見つかったとしても、書体が判別できないものが多いからです。

貨幣としての質が低かったことから、こうした状態になっています。買取相場としては美品であれば、200万円程度の価値がつくこともあるそうです。反対に判別できないものは、そこまでの価値がありません。

ここが注意

最も数が少ない皇朝12銭とも呼ばれているので、仮に見つけた場合は、しっかりと専門の業者に鑑定をしてもらいましょう。

業者同士の相見積もりをとることで、より高値で売れるチャンスが巡ってくるはずです。賢く業者を使うようにしましょう。

貞観永宝

貞観永宝 時代 平安時代/870年
価値 B
相場 100,000~499,999円
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

皇朝12銭の9つめの貨幣になるのが貞観永宝です。この貨幣が発行されていた当時、長門にあった銅山から産出したものを原材料として、鋳造を行っていました。

しかし、鉱山からでた銅を庶民が雑器に流用したことで、原材料である銅の量が不足しがちになった歴史があります。

ここがポイント貞観永宝も発行から2年が経過する頃には、小型化して節約するようになりました。

貞観永宝は鋳造された時期によって買取相場が変わります。また、質が悪いことから円形がきれいに残っている貨幣が貴重となっているのです。

つまり、きれいな形で残っている貞観永宝には、かなりの高値がつくようになっています。

そもそもの買取相場も高く、10万円以上は確実につくでしょう。美品であれば50万円から100万円の値がつくこともあります。

寛平大宝

寛平大宝 時代 平安時代/890年
価値 B
相場 50,000~99,999円
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

貞観永宝の次に発行されたのが、寛平大宝になります。少し小さめの径となっている穴銭古銭です。

先の貞観永宝の頃から、貨幣の質が極端に悪くなっています。そのため、現在では状態の良い美品がほとんど残っていません。

逆に美品であれば、買取相場でも高値をつけていると言っていいでしょう。一般的な相場としては5万円から10万円程度です。

ここがポイント積極的に買取をする業者も多いですが、その価値をよく理解している専門家を選ぶべきでしょう。

美品であれば数十万円の値も珍しくありません。現存するものも、銅製のために緑のサビが浮いているのが特徴でしょう。

ただ、その形がきれいに残っているのが、かなり珍しい一品です。コレクターの間で人気があることから、業者によっては高値で買取をしてくれるでしょう。

延喜通宝

延喜通宝 時代 平安時代/907年
価値 C
相場 10,000~49,999円
素材
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

皇朝12銭で11番目に発行されたのが延喜通宝です。鋳造されていた期間が長いことから、それなりの数は残っています。

しかし、延喜通宝は最も質が悪い貨幣とも言われていて、現存するもののほとんどが、銭文を読むことができません。

ここがポイント古銭の中ではコレクターの人気が高く、買取価格については期待をしてもいいでしょう。

状態が良ければ10万円以上の値がつきます。一般的な買取相場としては1万円から5万円程度でしょう。

劣化の激しい通貨だけに、価格の変動も大きいのが特徴です。逆に言えば、業者によってつける値段が違うので、相見積もりをとることをお勧めします。

できるだけ高値で買取をしてくれる業者を探せば、思わぬ高値をつけるかもしれません。

乾元大宝

乾元大宝 時代 平安時代/958年
価値 C
相場 50,000円~99,999円
素材 銅・鉛
画像出典 wiki「皇朝十二銭」

皇朝12銭、最後の貨幣となるのが乾元大宝になります。基本的に通貨の質が悪いことで有名です。

延喜通宝ほどではありませんが、書体が読めないことも珍しくありません。ただし、コレクターの間では人気となっています。

饒益神宝が一番人気ですが、次いで人気になるのが乾元大宝です。

ここがポイントちなみに発行されていた当時は流通範囲が狭く、現存する数が少ないのも特徴でしょう。

品質による劣化の差が激しいことから、買取相場も3万円から9万円程度になります。

ただし、美品の場合は40万円程度の価値がつくそうです。現存する通貨そのものも、きれいな美品ではありません。

古銭かなと思った時には、専門の業者に鑑定をしてもらった方がいいでしょう。乾元大宝であれば、高値がつくかもしれません。

古銭買取で注意すべきポイント

鑑定してもらっている夫婦

古銭を買取してもらう時に注意すべきポイントには、どんあものがあるのでしょうか。ポイントとしては3つです。

  • 古銭は数が多いので素人では判別できない
  • 買取相場の上下が激しい
  • 一部の古銭はプレミア価格がついている

このポイントを見てもわかるように、基本的に古銭というのは専門の業者に任せるのが一番です。

素人が安易に判別ができないものも多く、その価値をしっかりと理解してくれる業者に売らなければ高額での買取は実現しないでしょう。

ちなみに古銭を売る方法にはいくつかあります。

  • 骨董品屋
  • 個人売買
  • オークション
  • 専門業者

これらが代表的な取引先です。ただし専門の業者以外は、あまりお勧めできません。個人売買やオークションでは高値がつくかもしれませんが、トラブルになる可能性も高いです。

骨董品屋にしても知識があればいいですが、多岐にわたる品物を扱っている場合は、正確な値段がつくとは言えないからです。

皇朝十二銭は買取専門店で査定がおすすめ

営業マン

皇朝12銭は穴銭古銭の中でも、特に人気があるものです。希少価値が高いものも多く、美品であれば100万円を超える値がつくこともあります。

しかし、こうした買取相場をきちんと把握しているのは専門の業者のみです。

既にお伝えしていますが、古銭の世界は生半可な知識では通用しないほど、専門的な分野になります。そのため正確な値段をつけてもらうなら、買取専門店を利用するのがお勧めです。

ここがポイント最近では、買取業者も無料で出張査定を行っていますので、店舗まで足を運ぶ必要がありません。

特に祖父母の家が古く、倉を持っているというような場合は、大量の古銭がでてくる可能性もあります。

そのため自分で運ぶのも大変な労力がかかってしまうでしょう。買取業者ではそうした不安を抱かなくてもすみます。

ランキング

【2019最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む

まとめ

皇朝十二銭
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/皇朝十二銭)

穴銭古銭はコレクターの間でも人気の一品です。その中でも特に高値をつけることが多いのが、皇朝12銭になります。皇朝12銭は奈良時代から平安時代にかけて、鋳造された穴の開いた貨幣を指します。

ある程度の状態のものであれば、数万円単位での買取をしてもらえるでしょう。これは古銭の買取相場の中では高い方です。

希少な美品であれば100万円を超える値がつくのも珍しくありません。皇朝12銭を少しでも高く売りたいのなら、専門の業者を利用するのが一番でしょう。

個人売買やオークションで手軽に売る人もいますが、後々にトラブルになるケースも多いので、お勧めはしません。最初から専門の業者に鑑定をしてもらうのがお勧めです。

コメントを残す

ページの先頭へ