古銭鑑定団

『海外・外国コイン』種類一覧!買取価格・価値・平均相場【まとめ】

コインを数える
古銭の種類

海外コインの買取価格の相場は、時と共に変わっていきます。イベントごとに発行される記念貨幣や、造幣局で発行された記念硬貨などには、額面価格以上の価値が付くことがあります。

単に収集のために集めている人がいるだけで無く、投資目的で購入する人もいます。もしかしたら数百万円もする外国コインが眠っているかも知れません。

少しでも高く海外のコインを売ろうと思うときには、どのようにしたら良いのでしょうか。外国コインの買取相場や、価値について情報をまとめました。

『海外・外国コイン』とは?

海外のコイン

海外コインというのは、日本以外の国で発行された硬貨を意味しています。最近発行されたものは、今でも普通に流通したり使われていたりするものがあります。

カナダの造幣局が発行している海外コインは信頼度が高く、世界的に人気です。

国の造幣局が発行している外国コインは、地金型金貨で投資の対象にもなっています。プラチナを使ったコインもあり、資産運用のために購入する人もいます。

ここがポイント銀行に預けていても、いつ銀行が潰れるか分からないと不安な人は、純金が使われている海外コインに投資をしています。

日本では地金型金貨タイプだけでは無く、収集型金貨も人気です。

例えばアメリカの各州が描かれているコインなどは、全て集めたくなるような海外コインです。

投資とは関係なく、全てを集めたくなるコレクターに人気のコインとなっています。

ここがポイント収集家に人気のコインというのは希少性が高いことや、デザインがユニークなことです。描かれている絵が美しいものは、美術品のような扱いを受けることもあります。

海外・外国コインの価値と買取相場は?

海外コインの価値は、種類によって変わってきます。

例えば、オーストリアが発行しているコインは、数万円の買取相場となっていますが、イギリスのヴィクトリア女王を描いたコインは、数十万円で取引されています。

金の純度が高くデザインも美しいコイン、そして歴史がある物は非常に希少価値があると言えるでしょう。

ここがポイント経済が不安定になればなるほど、金が安定した資産だと考えられ、純金の海外コインの人気が上がっていきます。

同じ種類の硬貨でも、絵柄とか製造場所によって価値が変わってきます。手に入りやすい絵柄などは10万円くらいなのに、希少性が高いと一気に50万円くらいまで価格がアップすることがあるのです。

専門家が査定しないと、正確な買取価格は分かりません。

海外・外国コインの価値と買取相場

ナポレオン金貨

時代 1857年
価値 S
相場 100,000円前後
素材 金90%
画像出典 wiki「ナポレオン金貨」

ナポレオン金貨の知っておきたい情報は、下記の通りです。

  • 発行国はフランス
  • 発行されたのは1857年
  • 月桂樹マークが付いていると高価

ナポレオン金貨はフランスで1857年に発行され、10万円前後で取引されています。

月桂樹をかぶっているものと、かぶっていないものがありますが、月桂樹が含まれている方が人気はあり高額買取が期待できるでしょう。

金は90パーセント使われていて、希少価値の高いコインです。ナポレオンは背が低いことをコンプレックスに思っていたとか、ストレスで胃痛を患っていたと言われています。

ルイドール金貨

画像なし 時代 1670年
価値 S
相場 100,000円前後
素材 金91%
画像出典 なし

ルイドール金貨は、17世紀から18世紀頃にフランスで発行されていたコインです。ルイ13世が中心に作った金貨で、希少性が非常に高くコレクター達の間で人気の金貨となっています。

金の純度はそこまで高くなく91パーセントで、少し銀が混ざっています。

100万円ほどで取引されたコインのデザインは、表側がルイ13世の頭部が描かれていて、裏側には4本の槍と王冠がモチーフになっています。

ここがポイントこの金貨には8ルイドール金貨と、10ルイドール金貨と言った種類があります。

メイプルリーフ金貨

メイプルリーフ 時代 1979年~
価値 S
相場 6,000円~100,000円
素材 金99.99%
画像出典 wiki「メイプルリーフ金貨」

メイプルリーフ金貨は、投資家に人気のコインです。どうしてそこまで人気なのでしょうか。

  • 純度99.99パーセントの金が素材
  • 経済が安定しているカナダ発行

メイプルリーフ金貨は経済が安定しており、信頼性が高いカナダ政府が発行しています。純度99.99パーセントの金が、素材となっている地金型金貨です。

投資目的で買う人もいます。鑑定が必要なく換金出来ることから、取引しやすい海外コインとして評価されています。

金が使われていることで、金相場によってコインの価格が変わってきます。

ウィーン金貨

ウィーン金貨 時代 1989年~
価値 S
相場 130,000円前後
素材 金99.99%
画像出典 wiki「ウィーン金貨」

ウィーン金貨は、オーストリア政府が発行している通貨になります。オーストリア造幣局は数百年の伝統があり、金貨も純度99.99パーセントなので投資家達にも人気です。1989年から発行され続けています。

このウィーン金貨のデザインが評価されています。

  • パイプオルガン
  • 管弦楽器

クラシックで有名なオーストリアらしく、表にはパイプオルガンが描かれ、裏側には色々な管弦楽器がデザインされています。ウィーン金貨は、クラシック好きにはたまらない海外コインと言えるでしょう。

ソブリン金貨

ソブリン金貨 時代 1817年~
価値 S
相場 100,000円前後
素材 金91.7%
画像出典 wiki「ソブリン金貨」

イギリス政府発行のソブリン金貨は、1800年代から発行され続けている歴史のある外国コインです。

種類によっては数万円で買取りされますが、記念モデルのコインなどは10万円以上で取引されることがあります。

ソブリンという言葉には、王と言う意味合いがあり、華やかなイメージのある金貨です。時代ごとにデザインが違っていて、コレクター達に人気となっています。

ここがポイント発行されていた初期の時代のコインは希少価値が高く、中には100万円近い買取相場のものもありますよ。

ブリタニア金貨

ブリタニア金貨 時代 1987年
価値 A
相場 100,000円
素材
画像出典 wiki「ブリタニア金貨」

ブリタニア金貨は、イギリスの造幣局が発行した金貨です。1987年に発行され、毎年新しいバージョンの硬貨が作られています。

イギリスの金貨と言えばソブリン金貨ですが、一時期評判が落ちていたことがありました。

そこで発行されたのが、ブリタニア金貨でした。地金型金貨として新たな地位を築くために、満を持して投入された金貨だったのです。

ここがポイント表側にはエリザベス女王のモチールが描かれていて、裏側には女神ブリタニアが描写されています。いくつかのサイズがありますが、大きなものほど高価です。

キャット金貨

画像なし 時代 1988~2012年
価値 S
相場 100,000円前後
素材 金99.99%
画像出典 なし

キャット金貨は、10万円前後の価格で取引されています。正式名はマン島キャット金貨で、イギリス領マン島政府によって発行されています。

ここがポイントマン島はイギリスとアイルランドの間にある島で、イギリス王室属領となっています。

マン島では独自の通貨が使われていて、イギリスポンドとは違ったものです。しかしレートはイギリスポンドと同じものなので、計算が簡単になっています。

キャット金貨は金の純度が99.99パーセントと高く、買取価格が高額になっています。

ヴィクトリア・ジュビリー

画像なし 時代 1887年
価値 S
相場 450,000円~550000円
素材 金91.7%
画像出典 なし

ヴィクトリア・ジュビリー金貨は、イギリスで1887年頃に発行されました。

これまでの女王の中で2番目に在位が長かったヴィクトリア女王を、モチーフにしているコインです。女王が即位して、50年の時に記念として発行されました。

ここがポイント発行枚数が800枚に満たないことから希少価値が高く、現在の買取価格の相場は45万円から55万円の間です。

当時のイギリスは戦争で勝ち続けており、大英帝国と呼ばれているときでした。ヴィクトリア・ジュビリー金貨を通して、当時のイギリスの栄華を垣間見ることが出来ます。

使われている金の純度は、91.7パーセントです。大きさは28.4ミリで重さは、約16グラムです。このヴィクトリア女王をモチーフにしたコインの数は少ないため、収集家達の間でも評価の高い金貨です。

マン島エンジェル金貨

画像なし 時代 1984年
価値 A
相場 100,000円前後
素材 金91.7%
画像出典 なし

マン島エンジェル金貨はイギリスで発行され、1988年頃まで流通していました。マン島レースなどモーターレース好きには、馴染みのあると地名の金貨です。

10万円前後で取引されています。ドラゴンを仕留めるような天使が、モチーフになっているコインです。

マン島はグレートブリテン島と、アイルランドの中間にある小さな島です。コインの片側にはエリザベス女王が描かれており、マン島がイギリス領であることを思い起こさせます。

ここがポイントマン島エンジェル金貨に描かれている天使は、身分の低い天使だと考えられています。

カンガルー金貨

画像なし 時代 1989年~
価値 S
相場 100,000円前後
素材 金99.9%
画像出典 なし

カンガルー金貨は、カンガルーで有名なオーストラリア発行のコインです。発行が開始されてから30年ほどしか経っていない、比較的新しい金貨です。

純金で24金相当であり、投資対象としても魅力的です。地金型金貨として、国際的に人気があります。

買取価格の相場は10万円前後です。カンガルー金貨の表側にはエリザベス女王の横顔が描かれており、裏側には名前の通りカンガルーが描写されています。

ここがポイント毎年コインのデザインが変わるために、収集家達からも評判の良い金貨です。

カンガルー金貨は、毎年コインのデザインを買えるというトレンドの先駆けです。少しずつカンガルーのイラストが変わる特徴があります。

これまでに発行されたコインの中で人気のある柄などがあり、それによって買取価格も変わっていきます。

ダカット金貨

画像なし 時代 1872~1915年
価値 A
相場 50,000円前後
素材 金98.6%
画像出典 なし

ダカット金貨については、どんな背景を知っておくと良いでしょうか。

  • 1872年以降発行
  • ヴェネチアで発行

オーストリアで1872年から1915年頃まで、発行されていたのがダカット金貨です。しかし、1200年代にイタリアのヴェネチアで発行されたのが最初と言われています。

オーストリア政府が発行しているのに、最初のスタートがヴェネチアと言うユニークな背景を持っている金貨です。

このダカット金貨は4ダカットで、5万円前後の買取価格となっています。

ナゲット金貨

画像なし 時代 1986~1989年
価値 S
相場 100,000円前後
素材 金99.9%
画像出典 なし

ナゲット金貨は純度の高い金で作られており、買取価格が高くなっています。

コインの表面には、エリザベス女王2世の肖像が描かれていて、裏側には名前の通りナゲットのイラストが刻印されています。ナゲットとは金塊のことです。

どうしてオーストラリアのコインなのに、エリザベス女王2世の肖像が描かれているのでしょうか。

ここがポイントオーストリアはイギリス連邦王国の一部なので、コインに敬意を込めてエリザベス女王2世の肖像がデザインされているのです。

クルーガーランド金貨

クルーガーランド金貨 時代 1892~1900年
価値 S
相場 100,000円前後
素材 金91.6%
画像出典 wiki「クルーガーランド金貨」

クルーガーランド金貨については、どんなポイントを押さえておくべきでしょうか。

  • 南アフリカ発行
  • 1900年頃まで作られていた
  • 地金型金貨

このクルーガーランド金貨は、南アフリカが発行している地金型金貨です。1800年代の後半から、1900年頃まで発行されていました。金貨の表側には、元大統領のポール・クリューガーの肖像が描かれています。

裏側にはアフリカで見ることができる、スプリングポックが描写されています。過去に発行されていたクルーガーランド金貨を、現代に復刻したものもあります。買取価格相場は、10万円前後で推移しています。

クルーガーランド金貨は、南アフリカに統一されたトランスバール共和国に由来のある金貨です。コインに描かれているポール・クリューガーは、トランスバール共和国の元大統領です。

海外・外国コインを高く売る方法と注意点

海外コインを高く売る方法で大切なのは、コインのコンディションを整えることです。

古銭の場合は、汚れやさびなどが付いています。それらの汚れは味となるので、あえてクリーニングして落とす必要はありません。

ここが注意

きれいにしてしまったら、逆にマイナス査定になってしまうこともあります。しかし、ある程度はコインのコンディションを整えて上げましょう。

ケースの中に入れておくとか、専用ケースをセットにしておくなどしておくと、高く売れることがありますよ。

鑑定書があるなら、査定士に一緒に見てもらうのは重要なポイントです。海外コインは偽物も多いために、鑑定書があると査定が早いですし、高額査定になることもあるのです。

ここが注意

手っ取り早く外国コインを売ろうとして銀行に行ってしまうと、換金出来ないので注意しましょう。

日本の銀行では外国のコインは両替出来ないですし、額面以上の価格にもならないので気を付けなくてはなりません。

出来るだけ高く売りたいときには、コインの買取専門店に査定してもらうのがベストです。

海外・外国コイン売るなら買取専門店がおすすめ

交渉

海外コインを売るなら、買取専門店がおすすめです。前の項でも説明したように、銀行で外国コインは両替出来ません。買取専門店なら換金出来ますし、額面以上の価格で買取をしてくれることもあるでしょう。

幾つもの買取専門店がありますから、2つの業者から見積もりを取ることをおすすめします。

ここがポイント最低でも2つの業者から査定をしてもらうと、どちらか高い方を選ぶことが出来、少しでも高く手持ちのコインを売ることが出来るのです。

お互いの業者が競争してくれるので、自然と高額査定になりますよ。初めてコインを売るときには、対応が丁寧な買取専門店を選んで下さい。

買取専門店はコインに関する知識が豊富ですから、こちらの質問に親切に答えてくれます。査定額の内訳なども説明してくれます。

まとめ

スマホを持つ女性

海外コインは種類が豊富で、世界中で発行されています。そのために集めるのが楽しいですし、コレクターも世界規模で存在しています。外国コインの市場は国際的なので、価格変動も激しくなります。

自分が持っているコインの価格が今高いのであれば、価格が変わってしまう前に売却するようにしましょう。

ここがポイント少しでも高く売りたいときには、買取専門店を利用するのが効果的です。それぞれの金貨の価値を適切に見極めて、高額査定を出してくれます。

二つ以上の買取専門店に見積もりをしてもらうと、買取価格が通常より高くなることがあります。

古い海外コインは発行された理由などを調べていくと、歴史や文化を感じることが出来興味深いものです。コインの売買をする時に、金貨の背景を調べてみるのも良いですね。

コメントを残す

ページの先頭へ