古銭鑑定団

【保存版】海外・外国の記念コインの種類一覧!買取価格・価値・相場

外国のコイン
古銭の種類

記念コインと言えば、国内のものをイメージする人が多いです。しかし、外国でも意外と記念コインは発行されています。また、いわゆる地金コインと呼ばれるものも少なくありません。日本国内では少ないタイプですが、メープルリーフ金貨は有名でしょう。

そうした海外の記念コインについて、買取相場などを紹介していきます。一口に海外の記念コインといっても様々なタイプがあるからです。プレミアがついているものだけではないので、闇雲に購入しても意味がありません。

事前にある程度は外国のコインについて、知っておくと賢く売買ができるでしょう。ちなみに希少性の高いコインもあって、買取額がかなりの高額になるケースもあるほどです。そのため覚えておいて損はありません。

▼海外の記念コインの買取相場一覧▼

ここがポイント海外の記念コインの正確な価値を知るためにまずは専門買取業者に依頼してください。当サイトで最も問い合わせが多い「バイセル」なら全国出張査定で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。もちろん、売るかどうか鑑定次第なので、「値段だけ知りたい!」方にもおすすめ。

バイセル

【海外の記念コイン】
鑑定・買取・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法 鑑定の正確さ 高価買取 対応地域
リサイクルショップ × 店舗周辺
金券ショップ 店舗周辺
古銭買取専門店 全国対応
  • 【古銭買取専門店なら業界最大手の”バイセル”がおすすめ】
  • CMでも有名な古銭買取業者&利用率No.1
  • プロの古銭専門査定員が全国出張査定(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高価買取が可能

(※1点からOK!電話相談も可能)

『海外・外国の記念コイン』とは?

海外のコイン

日本でもそうですが記念コインは多く作られています。なにかの祝いであったり、記念を表するもの、地金コインと様々なタイプがあるのです。特に年代物のコインは希少価値があり、高額になるものも少なくありません。

ちなみに外国の記念コインには、日本にはないものがあります。

  • 肖像画
  • 風景
  • 動物

といった図柄だけではなく、使われている素材も様々です。図柄としては動物のものが人気になります。

ここがポイント根強い人気があることから、発行年数が最近のものでもプレミア価格がつくほどです。

海外の記念コインは、古くからの歴史があります。日本国内でも古銭といって、古い貨幣には価値がついているほどです。それが外国にまで広がるとコレクターにとっては興味深いジャンルになるのです。

海外・外国の記念コインの価値と買取相場は?

グラフが表示されたタブレット

海外の記念コインにはいくつか種類があります。

  • 地金コイン
  • アンティークコイン

この2つが代表的なものでしょう。地金コインとは一般的な通貨としては使えない、投資専門のコインです。ただし発行年数ごとにデザインが異なるなど、コレクターの間でプレミアがつくケースもあります。

ここがポイントアンティークコインは古い時代のものです。日本でいう古銭のような存在です。

ただ、海外のものは希少価値が高いものが多くとんでもない額がつくかもしれません。場合によっては億を超えることもあるそうです。

こうした外国の記念コインの買取相場は、状態や発行年数など需要によって大きく違ってきます。つまり手放すのであれば、きちんとした業者に鑑定を依頼すべきです。買取相場はコインによって異なりますが、国内の古銭よりは高値がつくことが多いでしょう。

【種類別】海外・外国の記念硬貨の買取相場・鑑定価値一覧

パンダ金貨

パンダ金貨 時代 昭和時代/1982年
価値 A
相場 100,000~
素材
画像出典 ウルトラバイヤー

パンダ金貨は中国の造幣公司が、正規に発行しているコインです。1982年から毎年発行されている、地金コインでもあります。発行のきっかけは、日中国交正常化10周年を記念したものでした。表にはジャイアントパンダの姿が打刻されています。

毎年その絵柄のデザインが変わっているため、コレクターの収集型金貨としても有名です。買取額としては10万円から50万円になっています。ただデザインや状態などで価格が変動するため、専門の業者に依頼した方がいいでしょう。

一般的な通貨としての価値はありません。しかし、投資や収集型のコインとしての価値がつきます。サイズは5種類です。

  • 1オンス
  • 1/2オンス
  • 1/4オンス
  • 1/10オンス
  • 1/20オンス

1オンスの価値が最も高く、1/20オンスが最も低いです。新規で購入するのなら1オンスをお勧めします。

パルティア戦争勝利記念貨幣

パルティア戦争勝利記念貨幣 時代 166年
価値 S
相場 500,000~999,999円
素材
画像出典 wiki「記念貨幣」

パルティア戦争勝利記念貨幣は世界的にも希少価値のある記念コインです。発行はローマ帝国で、パルティアとの戦争に勝利した記念に発行されました。2世紀の中頃のものなので、歴史的、文化的な価値があります。

現存する枚数が少ないため、日本国内で入手するのは難しいと言ってもいいでしょう。反面で買取相場は高騰しています。50万円から100万円が一般的な相場だと考えてください。美品であれば、さらなる高値も難しくありません。

ちなみにデザインは表がマルクス・アントニヌス帝とラテン語が刻まれています。裏面は勝利の女神であるヴィクトリアです。考古学的な価値もあるコインなので、手に入れたのなら専門家の鑑定を受けるべきです。

コアラプラチナコイン

コアラコイン 時代 1988年~
価値 S
相場 100,000円前後
素材 プラチナ
画像出典 楽天市場「コアラ プラチナコイン」

1988年から2005年まで発行されていた記念コインです。発行国は予想に違わず、オーストラリアになります。コアラという名称ですが、表面はエリザベス2世です。裏側の図柄にコアラが採用されています。

素材にはプラチナが使われていて、発行年数ごとにデザインが異なります。地金コインではありますが、コインの図柄とあわせて大人気になりました。しかも、発行年数ごとにデザインが変わるおまけ付きです。

発行が終わった現在でも、かなりの人気があります。買取相場としては1オンスで10万円前後もの価値になるほどです。ちなみに、サイズは4つあります。

  • 1オンス
  • 1/2オンス
  • 1/4オンス
  • 1/10オンス

1オンスが最も価値が高く、1/10オンスが低くなります。

干支金貨

干支金貨 時代 1996年~
価値 S
相場 重さにより変動
素材
画像出典 野口コイン株式会社

干支金貨はオーストラリアが発行しているものです。干支という言葉から、日本か中国で発行されたものと思う人も少なくありません。しかし、実際にはオーストラリアのコインです。いわゆる地金コインの1つでもあります。

純金が素材として使われていて、投資専用になります。中国をメインの客層としてターゲットにしたもので、干支のモチーフもそちらにあわせているほどです。ちなみに日本と中国では同じ漢字ですが、示す動物が異なっています。

動物をモチーフにした記念コインは非常に高い人気があります。そのため買取額にも期待ができるでしょう。基本的に金地金にプラスした価値がつくほどです。最後に干支コインには5種類があります。

  • 1オンス
  • 1/2オンス
  • 1/4オンス
  • 1/10オンス
  • 1/20オンス

重さによって買取価格が異なりますので、購入時に覚えておくといいでしょう。

モントリオール五輪記念金貨

モントリオール五輪記念金貨 時代 1976年
価値 C
相場 2万円前後
素材 金58.3%
画像出典 楽天市場「モントリオールオリンピック 記念10ドル銀貨」

1976年、カナダのモントリオールで開催されたオリンピックを記念したものです。図柄にはカナダの自然や歴史、人物などがデザインされたものになります。ちなみに今でも発行が続いているコインです。

1つ1つのコインの図柄にかぶりがありません。そのためすべての種類を集めたいとする、コレクターも多くいるのです。

ここがポイント100ドルの価値がある金貨となっていて、素材の金は58.3%のものになります。

日本国内での買取相場としては2万円程度です。100ドルの価値からすると、随分と原価割れをしていると言えるでしょう。ただ、デザインによっては、相場より高値がつくかもしれません。そのため専門の業者に鑑定をしてもらいましょう。

2ユーロ記念硬貨

2ユーロ記念硬貨 時代 平成時代/2004年
価値 C
相場 1,000円~9,999円
素材 銅・ニッケル
画像出典 ウルトラバイヤー

2ユーロ記念硬貨は2004年以降、ユーロ圏で発行されました。ふつうに通貨としても使える記念コインです。デザインは各国の歴史的記念日や、重要な行事のために製造されました。買取相場は基本的に額面を割ることはありません。

しかし、2ユーロ記念硬貨は各国で発行された枚数が、かなり異なってきます。特にバチカンが発行したものは、かなり希少な価値があるのです。そのため額面の50倍以上もの相場がつくほどです。

発行枚数や希少性などで価値が異なるコインですから、きちんとした評価ができる専門の業者を選ぶべきでしょう。

ここがポイント売るにしても高値がつくかどうかは、業者によって異なるからです。できれば、複数の業者に鑑定を依頼しておくのをお勧めします。

希少価値のある外国コインと買取価格

調査・鑑定

希少価値のある外国のコインの多くは、アンティークなものです。中には発行枚数が400枚しかないものもあり、1800万円以上の価格がついたこともあるほどです。こうした希少価値の高いコインは、現代でも存在しています。

ただ同じコインでも、デザインや歴史的な意味などで、大きく人気が違ってきます。基本的に需要と供給が大きく左右する世界なので、買取額もかなりの違いがでるのです。

ここがポイント一般的な買取相場なら数万円のコインが、細部が異なるだけで数億円にまで価値がはねあがる世界です。

つまり、希少価値のある外国の記念コインを売るのなら、専門的な知識を持つ業者でなければいけません。正しい価値で評価をしてくれなければ、大きく損をする可能性もあるからです。反面で、自分の持つコインに価値がないことがわかるかもしれません。

海外・外国記念コインを相場以上で高く売る方法と”注意点”

ポイントと書かれた紙を指差す

海外の記念コインを、高く売るにはいくつか注意点があります。

  • 状態のいいものを選ぶ
  • 付属品がある場合はそろっているものを選ぶ
  • 個人売買やオークションはしない
  • 専門の業者に鑑定を依頼する

この4つが代表的なものでしょう。1つずつ解説をしていきます。まず状態のいいものですがこれは美品という意味です。表面や裏面に汚れがないもの、打刻された図柄などが判別できるものが該当します。

記念コインには、付属品がつくケースも少なくありません。この付属品は鑑定を受ける時に、重要なポイントになります。

ここがポイントそろっていればプラス評価になりますし、反対に欠けていればマイナス評価になるので注意しなくてはいけません。

海外の記念コインを売る方法としては、個人売買やオークションを利用する方法もあります。相場よりも高値で売れる可能性もありますが、反対の結果になるかもしれません。

また、トラブルになる可能性もあるので、できれば避けた方がいいでしょう。だからこそ専門の業者を選ぶべきです。

海外・外国記念コインの鑑定・売却なら買取専門『バイセル』がおすすめ!

バイセル

海外や外国の記念コインを売るなら、買取専門店がお勧めです。なぜなら記念コインの正確な価値をはかるには、専門的な知識が必要だからです。

特に人気のコインになると、偽物も多く出回っています。そうしたものを素人が見分けることはできません。

相場をチェックしてみるのも大切な事ですが、確実なのは海外・外国記念コインに精通している専門家のいる買取専門店『バイセル』がおすすめです。

バイセルなら最も正確かつ高値で買取が可能です。まだ売るかわからないけど「正確な値段だけ知りたい!」という方も利用できます。

もちろん、古銭買取を専門にした業者はバイセル以外にも全国に存在しています。その中から特に実績、買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。

バイセル 買取プレミアム 福ちゃん
鑑定実績
査定額の高さ
利用者の満足度
出張費・鑑定料 無料 無料 無料
買取方法 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込
対応地域 全国 全国 全国
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中でも圧倒的な実績数を誇る「バイセル」がおすすめです。当サイトからの申し込み、問い合わせも一番多いです。

  • プロの査定員を全国各地に配置(即日対応)
  • 自宅完結の出張査定あり(出張費・鑑定料無料)
  • 独自の販売ルートがあり高価買取可能(即日現金払い可)
  • 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料
  • どんな状態(汚れや古いもの)でも無料査定
  • 依頼者が女性の場合は女性の査定員を指名可

挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。

もし、他店の方が買取・鑑定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。

「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。古銭の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。

お家に眠っている海外・外国記念コインがあるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

まとめ

外国のコイン

海外や外国の記念コインには、様々なものがあります。中でも、金貨には高い買取額がつくこともあるのです。また、人気なのは地金コインと呼ばれるものでしょう。投資をする人からも人気なので、プレミアがつきやすいです。

他にも日本国内では入手がしにくい、希少価値のあるコインも少なくありません。こうした外国の記念コインを正しく評価してもらうには、買取専門の業者を利用するといいでしょう。しっかりとプロが鑑定してくれます。

海外の記念コインを正しく評価するには、専門的な知識が不可欠だからです。特に海外の古銭になると、偽物も多いのでしっかりと鑑定をしてもらいましょう。買取相場は上下するものですが、高額買取には必須の存在です。

古銭を高く売る 買取査定のコツは たった1つだけ

古銭を高く売る買取査定の方法はたった一つだけ【損しない全知識】

古銭買取の買取査定・鑑定の方法は『3つ』 古銭買取業者での査定方法は3つありま……続きを読む

コメントを残す

ページの先頭へ