古銭鑑定団

古銭『銀貨』の種類一覧!買取価格・価値・相場【まとめ 】

調べる女性
古銭の種類

今現在は流通していない昔の貨幣のことを、総称して古銭といいます。古銭とひとくちにいっても非常にたくさんの種類があり、希少価値のあるものは高値で買い取ってもらうこともできます。

名称がわからなくても、ご先祖が収集していた古銭が、家のどこかから見つかることもあるかもしれません。日本の古銭の価値は今、東京オリンピック前でとても高くなっていて、売るには絶好の機会のようです。

大昔の古銭でなくても、銀貨の中にはとても高く買い取ってもらえるものがあります。ここでは、銀貨の買取相場や価値について、徹底的に調べてみたいと思います。

銀貨とは?

指差し疑問

銀貨とは名前の通り、銀で作られている貨幣のことをいい、昔から世界各国の政府が発行しているお金です。特に銀本位時代には自由に鋳造できたため、様々な国で次のような銀貨が流通していました。

  • 日本の一円
  • アメリカや香港の1ドル
  • フランスの5フラン
  • メキシコの8レアル

日本でも明治後期に金本位体勢になるまで、10種類以上の銀貨が流通していました。また貨幣として使われなくなってからも、記念貨幣の一例として次のような銀貨が発行されています。

  • 皇太子殿下御成婚5000円銀貨
  • 日本国際博覧会1000円銀貨
  • 新幹線鉄道開業50周年記念1000円銀貨
  • 東日本大震災復興事業記念1000円銀貨
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念1000円銀貨

上記のような記念銀貨は、収集家のコレクションとして人気があります。

銀貨の価値と買取相場は?

検索

銀貨の価値と買取相場は、希少な銀貨ほど高くなりますが、デザインや保存状態なども大きく関係してきます。古い銀貨で未使用なものはとても価値が高く、プレミアがついて高額で買取されることも多いようです。

また流通期間が短かった銀貨も、コレクターの間ではとても人気があるため市場では価値が高くなります。

ここが注意

人気がある銀貨は、専門家でないと区別できないような偽者がでまわっていたりするので注意が必要です。

銀貨の価値は専門知識のある人に、きちんと鑑定してもらうことが重要です。とても価値のある銀貨を安値で手放してしまい、あとから後悔する人も少なくありません。信頼のおける買取業者を見つけるのが、一番のポイントだといえるでしょう。

【種類別】銀貨の買取相場一覧

銀貨の買取相場はどれくらいなのか種類別に解説していきましょう。

一円銀貨(旧一円銀貨)

旧一円銀貨 時代 明治3年発行
価値 A
相場 3000円~100万円
素材 銀900・銅100
画像出典 wiki「日本の銀貨」

旧一円銀貨は、古銭の中でも買取相場が高いことで知られています。主な情報は次のようなものです。

上記でもわかるように、旧一円銀貨は価値にピンからキリまでの大きな幅があることが特徴です。特に明治20年以前に発行されたものはとても価値があり、未使用のものは高額で買取され、中古でもプレミアが付くようです。

新一円銀貨として一新するまでの銀貨は、旧一円銀貨と呼ばれています。人気があるがために贋作も多く出回っているので、買う時には細心の注意が必要です。偽物の旧一円銀貨は、中央の部分が膨らんでいて柔らかいといわれています。

新一円銀貨

新一円銀貨 時代 明治7年発行
価値 A
相場 3000円~100万円
素材 銀900・銅100
画像出典 wiki「日本の銀貨」

貿易専用だった旧一円銀貨のデザインを新しくして発行された銀貨で、主な情報は次のようになります。

明治7年から明治20年に発行された新一円銀貨は大型で、それ以降は小型となり直径の長さが少し違います。大型の方が希少価値も高く、小型になるとぐっと5万円以下に価値が下がるのが、新一円銀貨の特徴でしょう。

旧一円銀貨同様に偽物が多く、コレクター向けに作られた贋作もあるくらい人気があります。贋作として売られているものは買取相場が安く、明治20年以前の本物は状態によってはおどろくほど高額で買取されています。

貿易銀

貿易銀 時代 明治8年発行
価値 A
相場 10万円~50万円
素材 銀900・銅100
画像出典 wiki「日本の銀貨」

貿易銀は国際貿易取引をするため専用に発行された銀貨で、買取相場などは次のようになります。

名称のわからない古銭が多い中で、貿易銀と記されているのでとてもわかりやすい銀貨だといえます。明治8年から明治11年に約300万枚が発行されていますが、ほとんどが海外に流出しています。

特に希少価値があるのは、流通量が少ない明治10年のもので、状態がいいものは高い買取相場になっています。さらに明治7年に発行された試鋳貨は、オークションでは2000万円以上で売買されているというのでおどろきです。

旭日竜銀貨

旭日竜銀貨 時代 明治3年発行
価値 C
相場 3000円~30万円
素材 銀800・銅200
画像出典 wiki「日本の銀貨」

旭日と竜が描かれている旭日竜銀貨は、明治3年から5年にかけて発行され、次のような情報があります。

初期に作られた旭日竜銀貨は、製造技術が伴っていなかったことから、デザインが不明瞭だったり文字が欠けていたりします。特に日本の日の文字が欠けているのは、欠日といわれていてプレミアが付くものがあります。

デザイン以外にもギザがないものも存在していて、収集家の間では希少価値があるとして高値で売買されています。専門知識のある人に鑑定してもらうと、想像以上の買取相場になることもありますので、きちんと見てもらうことをおすすめします。

旭日大字5銭銀貨

旭日大字5銭銀貨 時代 明治5年発行
価値 C
相場 2000円~3万円
素材 銀800・銅200
画像出典 wiki「日本の銀貨」

旭日大字5銭銀貨は、表面に五銭の文字と裏面に旭日が描かれた銀貨で、主な情報は次のようになります。

後期タイプよりも前期タイプの旭日大字5銭銀貨の方が、流通が少ないため少しばかり価値が高いようです。菊の葉の位置が下側にあるのが前期タイプで、上側にあるのが後期タイプになります。

1万円以上の高値が期待できる旭日大字5銭銀貨は、保存状態がいいのもので未使用の銀貨になります。他の古銭は数種類が発行されているのに対して、旭日大字5銭銀貨は1種類のみしか発行されていないのが特徴です。

竜銀貨

竜銀貨 時代 明治6年発行
価値 B
相場 1000円~200万円
素材 銀800・銅200
画像出典 wiki「日本の銀貨」

表面に竜が描かれていて、裏面にそれぞれの額面が刻まれている竜銀貨は、次のような特徴がある銀貨です。

上記のように、竜銀貨も買取価格に幅があるのが特徴の銀貨です。最も高い買取価格が期待できるのは未使用の50銭で、状態が良いものはかなりのプレミアが付きます。竜銀貨は年によっては発行数が少ないため、値段にばらつきがでるようです。

価値が低めの5銭銀貨も、明治7年のものは3万円以上の価値になります。10銭は明治34年と35年のものは、希少価値になります。20銭竜銀貨は明治13年には96枚しか発行されませんでした。そのため、買取相場は100万円を超えるといわれています。

旭日銀貨

旭日銀貨 時代 明治39年発行
価値 C
相場 500円~5万円
素材 銀800・銅200または銀720・銅280
画像出典 wiki「日本の銀貨」

旭日竜銀貨の図柄を変更して、竜が額面になった旭日銀貨は、次のような銀貨です。

旭日銀貨は、明治39年に銀の相場が上がったため、銀を25%減らして竜を日章に改正して発行されました。先に発行されている旭日大字5銭銀貨とは、発行年や額面表記が違う事で区別されています。

比較的安値で買取されている銀貨ですが、明治44年発行のものは流通量が少ないために、コレクターにはとても人気があります。状態によっては数十万円と、相場を大きく上回る買取が期待できるでしょう。

八咫烏銀貨

八咫烏銀貨 時代 大正7年発行
価値 B
相場 50万円~数百万円
素材 銀800・銅200または銀720・銅280
画像出典 文鉄・お札とコインの資料館「資料館通信2017年秋」

八咫烏銀貨は当時から市場にほとんど出回っていない希少な銀貨で、主な情報は次のようになります。

第一次世界大戦でさらに銀の相場が上がり、旭日銀貨の量目を減らして作られたのが八咫烏銀貨です。しかし発行する前にさらに銀の価格が上昇したため、製造は即中止になり、市場には極わずかしか流通していません。

そのために八咫烏銀貨の価値は非常に高く、状態の悪いものでも40万円を下回ることはないといわれています。本物の鑑定書がついていれば、数百万円で取引される非常に高価な銀貨です。

小型50銭銀貨(鳳凰50銭銀貨)

鳳凰50銭銀貨 時代 大正11年発行
価値 C
相場 300円~1万円
素材 銀720・銅280
画像出典 wiki「日本の銀貨」

八咫烏銀貨が市場に出ることなく製造中止になった後、同じようなデザインで発行された小型50銭銀貨は次のような銀貨です。

鳳凰50銭銀貨とも呼ばれている小型50銭銀貨は、発行枚数が多くて簡単に入手できるため、通常の買取相場は数百円とあまり高くはありません。しかしながら昭和13年発行のものは希少価値が高いため、2万円以上で買取されることがあります。

昭和4年と5年、さらに8年に発行されたものも希少性があり、状態のいいものは2000円から1万円で買取されています。直径がわずか23.5mmと、50銭の中でも非常に小型であることが特徴です。

鳳凰100円銀貨

鳳凰100円銀貨 時代 昭和32年発行
価値 D
相場 100円~3000円
素材 銀600・銅300・亜鉛100
画像出典 wiki「日本の銀貨」

鳳凰100円銀貨は、現在でも銀行で両替が可能な貨幣で、主な情報は次のようになります。

現行貨幣として銀行で100円に両替する以外に、古銭買取もしてもらえますが、相場は額面通りになることが多いでしょう。発行年数は昭和32年~33年と短い間でしたが、発行枚数が多かったために希少価値は低いようです。

鳳凰100円銀貨は、美しい鳳凰の絵が大きく描かれているのが特徴の銀貨で、市場には未使用のものが少ないようです。ほとんどが使用されたものなので、完全未使用のきれいな状態の銀貨なら、3000円以上の買取相場になっています。

稲100円銀貨

稲100円銀貨 時代 昭和34年発行
価値 D
相場 100円~1000円
素材 銀600・銅300・亜鉛100
画像出典 wiki「日本の銀貨」

鳳凰100円銀貨と同様に、稲100円銀貨も現行貨幣となり、次のような特徴があります。

昭和34年から41年まで発行された稲100円銀貨は、銀行で100円に両替してもらうことができます。買取してもらう場合は、昭和35円~39年は発行枚数が少ないため、額面よりは少し高い値段がつくことが期待できます。

銀のレートにもよりますが、200円~300円の価値を含む銀貨ですので、両替よりは古銭買取してもらう方がお得でしょう。発行が少ない年の完全未使用できれいな銀貨なら、1000円以上で買い取ってもらえるかもしれません。

台湾銀行券引換元圓銀

台湾銀行券引換元圓銀 時代 明治34年発行
価値 S
相場 買取相場は高額
素材
画像出典 wiki「日本の銀貨」

台湾への輸出を行うために発行されたのが台湾銀行券引換元圓銀で、情報は次のようになります。

一円銀貨と同じデザインで、額面も一圓と刻まれているにもかかわらず、日本国内では通貨として使うことができなかった銀貨です。重さも旧来の一円銀貨と同じく、ずっしりとした重みのある銀貨で、状態の悪いものでも価値は高いといわれています。

台湾銀行券引換元圓銀は旧来の一円銀貨とは表裏が逆で、竜の絵が描かれている方が裏だとされています。完全に銀地金扱いの銀貨なので、具体的な買取相場は公表されていませんが、高額で取引されるのはまちがいないでしょう。

銀貨を高く売るコツと注意点

チェックリスト

銀貨を高く売るには、まず保存を丁寧にしてきれいな状態を保つことが重要です。銀貨の完全未使用品は一番価値が高く、次いで未使用品や美品、良品の順に価格は下がっていくのが一般的です。将来売る予定の銀貨は、ケースで保管しておきましょう。

非常に希少価値の高い銀貨なら、多少保存状態が悪くても高く買取してもらえますが、状態がいいとさらに相場以上の価値がでます。

ここがポイント同じ年に大量生産されている古銭は、完全未使用の美しいものほど買取価格が上がります。

古銭にはコレクターたちの間で非常に人気があり、高値がつくものがたくさんあります。そのために正しい価値を把握していて、正しい鑑定をしてくれる業者を選んで、銀貨を買取してもらうことが大切です。

買取相場が安い銀貨でも、種類や枚数が多いと買取価格をプラスしてくれる業者もあります。業者によっては希少な銀貨しか買い取ってくれないところもあるので、まずはどんな銀貨を取り扱っているのかをチェックしてみることが先決でしょう。

まとめ

グラフ

古銭といっても非常にたくさんの種類があり、銀貨だけでもこれだけ多くの品が発行されていて、デザインも様々なものがあります。さらに発行枚数が少ない希少な銀貨やプレミア品においては、おどろくような高値で買取してもらえるものもわかりました。

素人ではただの古い貨幣に見える古銭も、専門家に鑑定してもらうことで価値を証明することができます。どんなお宝が眠っているかわからないので、古いお金を見つけたらプロの正しい目で見てもらうことがおすすめです。

また同じ銀貨でも、保存状態によって買取相場が大きく変わることも重要なポイントです。手に入れた銀貨は専用のケースやマットで丁寧に保存しておくことで、価値を保つ事を心がけましょう。

コメントを残す

ページの先頭へ