古銭鑑定団

現代貨幣『ギザ十』の価値は?買取価格&オークション相場【まとめ】

ギザ10
古銭の種類

古銭や古札ではない現代貨幣にも額面以上の価格で取引されるものがあり、ギザ十はその代表例と言えるかもしれません。

コレクションとしてギザ十を集めている人もおり、希少性が認められたものは高額で取引されているのです。

売れそうなギザ十をどこで売るべきなのか、高価買取してもらうために必要なコツは何か、について紹介します。ただ買取に出したからといって効率良く現金化できるわけではないため、得するために正しい知識を身につけておきましょう。

【相場表】ギザ十の価値は?買取価格と平均査定相場を公開

製造年数 発行枚数 平均買取価格(使用済)
1951年 11億106万枚 15円
1952年 1億8663万枚 11円
1953年 4億6630万枚 11円
1954年 5億2090万枚 11円
1955年 1億2310万枚 11円
1956年 製造なし 製造なし
1957年 5000万枚 30円
1958年 2500万枚 70円

ギザ十は古いほど価値があるのか?昭和26・27・28年発行の価値一覧

3枚の10円玉

普通の十円玉よりも枚数が少ないギザ十ですが、造られていたのは昭和26年から昭和33年の7年間です。そして発行された年によって価値が異なる場合もあり、昭和26年から28年発行では以下の通りです。

製造年数 買取価格(新品未使用)
昭和26年 約6万円
昭和27年 約1万8,000円
昭和28年 約1万8,000円

これらのデータは新品未使用品のギザ十であり、使用済みのものはここまで高くなりません。しかし現代貨幣として10円の価値があるものが場合によっては6,000倍にもなるため、この三つの中では昭和26年のものが人気と言えるでしょう。

特に平等院鳳凰堂の上にある鳳凰の尾が上を向いているものは、他のものとはデザインが異なるため価値が上がるでしょう。

特に価値の高いレアなギザ十は『昭和32年・33年発行』

10円玉
(画像出典:楽天「10円」)

昭和32年と33年発行のギザ十の買取価格ですが、以下のようなデータがあります。

製造年数 買取価格(新品未使用)
昭和32年 約4万円
昭和33年 約5万円

いずれも新品未使用品のデータであり、10円をはるかに超える金額です。昭和32年と33年は50円や100円の硬貨の製造がスタートしたこともあり、以下の通り発行枚数が比較的少ないのです。

製造年数 発行枚数
昭和29年 5億2,090万枚
昭和32年 5,000万枚
昭和33年 2,500万枚

発行枚数が少ないとレア度が上がり、買取市場において有利となる場合もあります。ギザ十そのものが普通の十円玉より珍しいため、商品として魅力が上がるでしょう。加えて状態が良いものがあれば、とてもレアだと言えるでしょう。

オークションサイトのギザ十の平均落札価格

スマホでオークションをする女性

硬貨の買取サービスではないオークションサイトでのギザ十の平均落札価格では、115円というデータがあります。オークションサイトの場合、以下のような事情があるのかもしれません。

  • 買取の相手が査定のプロではない
  • 本来の価値通りに評価されるとは限らない

プロによる査定が行われれば、本当に珍しいギザ十には数万円の価格がつくでしょう。しかしオークションサイトは一般人でも気軽に参加できるため、普通の十円玉と区別が難しいのかもしれません。

現代貨幣『ギザ十』はなぜできた?発行時十円玉は最高額面の貨幣だった

銀行の看板

ギザ十ができた理由について、造幣局はウェブサイト上で以下の通り理由を説明しています。

  • 金銀などの貴金属の貨幣の外縁が削り取られるのを防止するため
  • 十円玉が発行当時は最高額面の貨幣だったため

今現在の十円玉は現代貨幣の中では安い方ですが、昔は他のものと区別させるためにギザギザがつけられていたのです。しかし昭和32年に100円の硬貨が誕生し、それまでギザ十にあった最高額面の証であるギザギザがつけられたのです。

この時点で50円の硬貨もあったため、最高額面のものが三つもある状態だったのです。そして昭和34年に100円以外の2つにあったギザギザがなくなり、十円玉に関しては現在のギザギザがないものに統一されたのです。

ギザ十はどこで売るべき?主な買取査定方法は”2種類”

4箇所をチェック

主な買取査定方法として、大きく2つのものがあります。ギザ十の価値をわかってくれる相手がいれば、どちらの方法でも良いでしょう。特徴を紹介しますので、高価買取のためにはどちらが向いているかを考えてみましょう。

1.オークションやフリマで売却

スマホで買取店を調べる女性

インターネット環境が整っていれば、パソコンやスマホからオークションやフリマでギザ十を売却することが可能です。これらの方法を選ぶ場合、以下のポイントを意識すると良いです。

  • コレクターを探す
  • ギザ十はできるだけ枚数を多くする

利用者数が多く特定のジャンルにのみ特化していないオークションやフリマには、様々な人たちが集まるでしょう。ギザ十に興味のない人にアピールするのではなく、趣味としてそれを集める人がいないか探してみてください。

そして現金化の効率化を考えると、ギザ十を1枚だけ出品することはおすすめできません。

ここが注意

1枚で数万円になる場合は限られており、10円のものが15円で売れても5円の利益しか発生しないためおすすめできません。

2.コインショップ・古銭買取専門店で売却

営業マン

査定のプロに適切な評価をしてもらった上で売却したい人には、コインショップや古銭買取専門店が向いています。この2つには以下のようなメリットがあるため、是非とも利用を検討してみてください。

  • 出張買取が可能であれば大量のギザ十を持ち運ぶ必要がなくなる
  • プロの査定スタッフが対応してくれる
  • サービス性が高いところは一つひとつ丁寧に査定してくれる
  • 査定料や手数料などのコストがかからないところもある

自宅の近くにコインショップや古銭買取専門店がない場合、出張買取を利用することをおすすめします。またギザ十の取り扱いに関しては一貫性がないため、査定や買取の実績が豊富かどうかを公式ホームページなどでチェックすると良いです。

ギザ十を高価買取してもらう”2つのコツ”

ポイントと書かれた紙を指差す

高価買取のためには大きく2つのコツがあるため、出品や査定を依頼する前にチェックすることをおすすめします。本来なら数万円以上になるものでも正しくコツを理解していなければ、価値が下がる可能性もあるため要注意です。

1.汚れないように保存・保管状態に注意

収納されたタンス

保存や保管状態によってギザ十の価値は左右されるため、以下の内容を意識すると良いです。

  • 直射日光に当てない
  • 湿気のある場所は避ける

十円玉に直射日光が当たると変色の原因となり、湿気が多いとさびてしまう可能性もあります。湿気対策のために乾燥剤を使う必要まではありませんが、たとえば金庫や箱にしまっている場合は定期的に開いて風を通すことをおすすめします。

金庫がない場合、専用のコインホルダーを購入するのもアリです。またギザ十に汚れがついたとしても、無理に落とさないようにするのもコツです。

汚れを落とそうとして布などで擦ってしまうと、小さな傷ができる場合も有ります。傷が原因でマイナス査定となってしまえば、もったいないでしょう。

2.古銭専門の買取業者に査定依頼

鑑定してもらっている夫婦

リサイクルショップで買取してもらうこともできますが、一般的なショップではプロの査定スタッフは在籍していないでしょう。本来価値があるギザ十でもスタッフがその価値がわからず、不当に安い価格がつく可能性もあります。

一度査定してもらって安くなった場合、納得できなければ古銭専門の買取業者を利用してみてください。古銭専門の買取業者には、以下のようなメリットがあります。

  • プロの査定スタッフが在籍している
  • ギザ十などの取り扱いについて専門性の高い老舗もある
  • 本当に価値があるギザ十なら高く評価してもらえる

売却する場合でも同じですが正しい価値がわからない相手に伝えるよりも、きちんと理解してくれる相手を探す方がトラブルにはならないでしょう。

“ギザ十”の鑑定・売却なら買取専門店『バイセル』がおすすめ!

バイセル

ギザ十を売るなら、バイセルに任せてください。先述したように、適正な価格で買取をしてくれるからです。中には、コレクターとのつながりがあり、相場以上で買取をしてくれることもあります。

銀行でも引き取りをしてくれますが、額面通りにしかならないのでお勧めはできないです。

バイセルなら最も正確かつ高値で買取が可能です。まだ売るかわからないけど「正確な値段だけ知りたい!」という方も利用できます。

もちろん、古銭買取を専門にした業者はバイセル以外にも全国に存在しています。その中から特に実績、買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。

バイセル 買取プレミアム 福ちゃん
鑑定実績
査定額の高さ
利用者の満足度
出張費・鑑定料 無料 無料 無料
買取方法 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込
対応地域 全国 全国 全国
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中でも圧倒的な実績数を誇る「バイセル」がおすすめです。当サイトからの申し込み、問い合わせも一番多いです。

  • プロの査定員を全国各地に配置(即日対応)
  • 自宅完結の出張査定あり(出張費・鑑定料無料)
  • 独自の販売ルートがあり高価買取可能(即日現金払い可)
  • 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料
  • どんな状態(汚れや古いもの)でも無料査定
  • 依頼者が女性の場合は女性の査定員を指名可

挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。

もし、他店の方が買取・鑑定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。

「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。古銭や紙幣の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。

お家に眠っている古銭・紙幣があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

まとめ

ギザ10
(画像出典:wiki「ギザ十」)

現代貨幣として使われることもあるギザ十は、場合によっては古銭よりも珍しいものなのです。特に昭和32年や33年発行のもの、最初に造られた昭和26年で新品未使用品のものには高価買取のチャンスがあると覚えておいてください。

価値あるものでも何もせず放置していると、その間に状態が悪くなり損をしてしまう場合もあります。そしてギザ十が評価される場所で売却をするようにして、10円をはるかに超える現金のゲットを目指しましょう。

コメントを残す

ページの先頭へ