古銭鑑定団

古金銀『一分銀』の種類一覧!買取価格・価値・平均相場【まとめ】

安政一分銀
古銭の種類

買取専門の業者や、ショップで取り扱われている古金銀の一分銀の相場について紹介していきます。それによると一分銀の発行された年や種類の他に、流通していた時代によって相場にも変動があるとのことです。

たとえば明治一分銀という種類の場合は、汚れや傷などがない美しい状態であれば3万円から4万円もの金額で取引されています。未使用で他人に触れられたことがない状態の場合、それ以上の価格で取引される可能性もあります。

明治時代よりも古く江戸安政期に鋳造された安政一分銀は、明治一分銀と比較すると買取価格相場が安くなっています。どんなに状態が良く、未使用であっても3,000円から4,000円の相場となっています。

古金銀『一分銀』とは?見分け方は?

天保一分銀
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一分銀)

江戸時代に鋳造されたとされる古金銀の1つが一分銀であり、一両小判の4分の1の価値があります。また一分銀を現在の紙幣価値に換算すると、1万円以上の価値があるとのことです。

一口に一分銀と言っても複数の種類が存在し、ある業者は人気が高いとして以下の2種類を紹介しています。

  • 文政一朱金
  • 慶長一分判

また一部の古金銀のコレクターたちからは、一分小判という名称で呼ばれている場合もあります。

複数の種類が存在しますが、デザインのベースに共通するポイントが存在します。その1つが裏側にある花押という刻印です。

裏面に花のようなデザインがとても大きく刻まれているため、初心者でも簡単に見分けられるでしょう。また表面にも以下のようなポイントが見られます。

  • 上部に扇枠がある
  • 内側に五三桐紋がある
  • 中央に分一という額面を示す文字がある
  • 下部に五三桐紋の刻印がある

初めて買取に出す場合、これらのポイントをチェックしてみてください。

『一分銀』の価値と買取相場は?

調査・鑑定

ある買取業者が公式ホームページ上で明かしているデータによると、一分銀の価値と買取相場は以下の通りとなります。

慶長一分判金 3万円前後で価値の高い種類だと100万円以上
元禄一分判金 5万円前後で価値の高い種類だと40万円以上
宝永一分判金 3万円から15万円前後で価値の高い種類だと40万円以上
佐渡一分判金 50万円前後であり状態が良く美しいものは200万円以上

一分銀の種類によって相場は大きく異なり、数万円程度のものから数百万円以上になるものもあります。もし希少性の高い種類が手元にあった場合には、現金化によって大金が得られる可能性があるでしょう。

古金銀ごとに価値の高さが違う理由

指差し疑問

古金銀は、古銭の中でも比較的希少性が高くなっているとようです。その中でも200年以上に渡って発行されていた古金銀は、綺麗な状態で残っているものが少ないというデータもあります。

時代によって決まりが異なり、ルールに左右されていたことが影響しているのでしょう。

ここがポイントたとえば正徳一分判金と呼ばれる種類は流通していた期間が約4ヶ月間しかなく、現存数が限られているため希少性を期待することができます。

熱心なコレクターでも所有しているとは限らず、喉から手が出るほど欲しい人もいるのではないでしょうか。

また他の種類とはサイズが異なる安政二朱銀と呼ばれる種類も存在しており、希少性に惹かれて人気が高まるとのことです。

【種類別】一分銀の買取相場一覧

一分銀の買取相場を種類別に紹介していきます。

天保一分銀(古一分銀)

天保一分銀 時代 1837年~1854年
価値 C
相場 8,000円前後
素材 金0.21%・銀98.66%・雑0.93%
画像出典 wiki「一分銀」

天保8年から安政5年にかけて鋳造されたと言われている天保一分銀ですが、保字一分判という名称で取引される場合もあります。

ここがポイントある買取業者が明かしているデータによると、古金銀の中でも非常に高い価値があるとのことです。

裏側に保という印字が施されているため、手元にないか探す際は裏側に注目すると良いでしょう。

また天保一分銀の買取相場は約8,000円前後になります。より状態が良い場合、1万円以上で取引されることもあるでしょう。

また逆打である場合、3万円から10万円程度の買取価格が期待できるとのことです。その上で美品であれば、10万円を上回る価値があるかもしれません。買取実績の多い専門業者であれば、高い買取価格を提示してくれる可能性があります。

庄内一分銀(天保一分銀)

庄内一分銀 時代 1837年~1854年
価値 A
相場 2万~3万円
素材 金0.21%・銀98.66%・雑0.93%
画像出典 wiki「一分銀」

天保8年から安政元年にかけて鋳造された古金銀には、庄内一分銀と呼ばれる種類のものがあります。品位は以下の通りになります。

  • 重量8.62グラム
  • 金0.21パーセント
  • 銀98.66パーセント
  • 雑0.93パーセント

庄内一分銀は天保一分銀の1つであり、表面に庄の極印が撃たれている古銭のことを言います。買取されているものの中でも非常に価値が高いため、上記の天保一分銀と同様に現金化に向いてる種類と言えるのではないでしょうか。

買取相場を見ると美品の状態で2万円から3万円で取引されており、通常の天保一分銀よりも価値設定が高くなる場合が多いとのことです。まとまった数を買取に出せば、買取業者側も喜んで査定してくれるかもしれません。

安政一分銀(新一分銀)

安政一分銀 時代 1859年~1868年
価値 B
相場 5,000~50,000円
素材 金0.07%・銀89.36%・雑10.57%
画像出典 wiki「一分銀」

安政6年から明治元年にかけて鋳造された安政一分銀ですが、古金銀としての価値は上記の2つを比較すると劣ります。

それでもまあまあ高い価格が期待できると買取業者も紹介しているため、まとめて買取に出すと良いかもしれません。

また安政一分銀のデータですが、以下の通りとなります。

  • 重量8.62グラム
  • 金0.07パーセント
  • 銀89.36パーセント
  • 10.57パーセント

安政一分銀は新一分銀とも呼ばれており、同じ安政一分銀であっても以下のような種類が存在します。

  • 入分
  • 玉一

買取業者によると種類によって価値が異なり、買取相場も以下の通りとなります。

  • 入分は5,000円前後
  • 玉一は3万円から5万円前後

現金化を考えてる場合、相場の高い玉一を揃えた方が良いでしょう。

明治一分銀

明治一分銀 時代 1868年~1869年
価値 B
相場 40,000~80,000円
素材 金0.09%・銀80.66%・雑19.25%
画像出典 wiki「一分銀」

明治元年から明治2年にかけて鋳造されていた明治一分銀ですが、他の種類と比較すると鋳造期間が短くなっています。

しかし複数の種類が存在し、買取相場も以下に挙げる通り異なります。

  • 状態が良い通常の明治一部銀であれば約6万円前後
  • 非交差と呼ばれる種類で5万円から約6万円前後
  • 明治手一分銀と呼ばれる種類で約4万円前後
  • 跳分と呼ばれる種類で約7万円前後
  • 跳分跳銀と呼ばれる種類で約8万円前後

上記で紹介した他の種類と比較すると、買取相場が高くなっていると言えるでしょう。

しかし明治一分銀の中で価値に差があるため、買取を希望するのであればプロの鑑定士が在籍する優良な買取業者をおすすめします。

見分け方に関しても、プロの鑑定士に依頼すると良いようです。

一分銀を高く売るコツと注意点

ポイントと書かれた紙を指差す

まず一分銀の買取や査定を依頼する場所ですが、買取サービスの実績がある専門業者やショップがおすすめです。

古銭の買取を専門とする場合、主に以下の2つが存在します。

  • 地域密着でサービスを提供する店舗型
  • 店舗を持たず連絡を受けた業者の方から自宅まで買取のために訪れてくれる無店舗型

後者の場合は出張買取と呼ばれるサービスで、店舗型でも行われている場合もあります。

買取に出す古金銀の数が多くなると、数に応じて査定額がアップされるかもしれません。また以下に挙げるポイントも重要となるでしょう。

  • 発行年と現存枚数
  • 人気と希少性
  • 保管状態
  • 付属品や鑑定書の有無

これらを事前に理解しておくことで、希望していた以上に高い査定額が提示されるかもしれません。

まとめ

安政一分銀
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一分銀)

以上の内容をよく理解した上で信頼できる買取業者やショップを利用すれば、納得のできる一分銀の現金化ができるのではないでしょうか。

また複数の買取業者を利用し、サービスの質を比較することもおすすめします。一見似ている古金銀であっても種類によって、買取結果が大きく異なる場合もあります。

ここがポイント買取相場を知り適切な業者を選ぶことで、トラブルを防げる場合もあるでしょう。もし近くに良さそうな買取業者があれば、連絡を入れましょう。

一分銀は希少性が高く100万円以上の価値があるものも存在するため、古金銀の整理を行いたいコレクターはメリットの多いところを探しましょう。

即日買取が可能なところを選べた、100万円以上の大金がすぐに手にできるかもしれません。

コメントを残す

ページの先頭へ