古銭鑑定団

古金銀『一朱金・二朱金』の種類一覧!買取・相場・価値【まとめ】

二朱金
古銭の種類

買取専門の業者やショップでは、一朱金や二朱金などの古金銀が、取り扱われていることもあるでしょう。どちらも古金銀に分類される古銭ですが、状態や希少性や鋳造されていた時期によって高い価格で買取される場合もあるようです。

一朱金や二朱金の中にも複数の種類が存在するため、買取相場価格については一概に言うことは難しいでしょう。しかし他の古銭と比べてみると、相場が高い傾向にあるとのことです。

たとえば希少性が高く状態も美しいものであれば、以下の通りに取引される可能性もあります。

  • 一朱金で400万円
  • 二朱金で170万円

上記以外にも美品を買取に出すことで、買取業者側が高く評価してくれる場合も考えられます。

一朱金とは?どんな意味がある?

一朱金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一朱金)

江戸時代に流通していた古金銀の中に、一朱金と呼ばれるものがあります。以下の通り複数の呼び方が存在するなどの特徴があります。

  • 一分判
  • 角一朱金
  • 文政一朱判金

一朱金の額面1朱は1分金の4分の1であり、小判と比較すると16分の1の価値があると言われています。

ここがポイントちなみに一朱金は金が含まれているため、古銭としてではなく金貨として取り扱う買取業者も存在するかもしれません。

金の含有率は12パーセントとなっており、デザインには様々な種類が存在しますが、以下のような共通点が存在します。

  • 表門に五三桐紋や朱一という額面を表す文字
  • 裏面に光次という文字

一朱金は1種類しかないため、素人でも見分けることができるでしょう。

二朱金とは?見分け方は?

二朱金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/二朱金)

一朱金と同様に江戸時代に流通したと言われている金貨の一種が二朱金です。金貨の価値としては、以下のような特徴を持ちます。

  • 一朱金の2倍
  • 一分金の2分の1
  • 小判の8分の1

この二朱金にも一朱金と同じように金が含まれていますが、含有量は決して多くないとのことです。しかし金が含まれていることには変わりないため、金貨として取り扱う買取業者も存在します。

また二朱金の特徴のデザインには、以下のような特徴があります。

  • 表側の上部に扇枠と五三桐紋という額面を表す文字
  • 朱二という文字は元禄二朱判金のみ横書き
  • 裏面に光次という文字と花押のサイン

またデザインには逆打と呼ばれるエラーが存在し、希少性から査定額が高くなることもあります。

『一朱金・二朱金』の価値と買取相場は?

調査・鑑定

まず一朱金には文政一朱判金と呼ばれるものしかなく、安くても5,000円程度の買取価格になることがあるそうです。一方二朱金には複数の種類が存在し、相場には大きな差が見られます。

安いものだと数百円程度の価値しかないものもあるようですが、高いものだと100万円以上になる場合もあります。

ここがポイントもし二朱金を買取に出す場合、それが高い種類であるかを事前にチェックしてから、査定してもらうことをおすすめします。

鋳造されたころの流通状況などが影響し、希少性が期待できるものとそうではないものがあるのかもしれません。

希少性の高いものはコレクターから人気が高いと思われるため、買取業者も積極的に買取してくれるかもしれません。

古金銀ごとに価値の高さが違う理由

チェックに入れるサラリーマン

古金銀は200年以上に渡って発行されており、加えて綺麗な状態の現存数が限られているそうです。時代ごとのルールに影響され、安定した供給や流通が難しかったとことも、原因のひとつかもしれません。

価値の高さに違いがある理由として、以下の3つを紹介します。

  • 正徳一分判金は約4ヶ月間しか流通されていないため、コレクターにとって価値の高い古金銀である
  • 天保一分判金などの一分の古金銀は、1874年に運用停止により廃貨となったため希少性が高い
  • 安政二朱銀は他の古金銀と比較して、サイズが異なるなどの特徴がある

一朱金や二朱金をまとめて買取に出す場合、特徴を理解して価値の高いものを意識して選ぶと良いでしょう。

【種類別】一朱金・二朱金の買取相場一覧

一朱金・二朱金の買取相場を種類別に紹介していきます。

文政一朱金

文政一朱金 時代 1824年-1832年
価値 B
相場 5,000~30,000円
素材 金123・銀877
画像出典 wiki「一朱金」

文政7年から天保3年にかけて鋳造されていたのが文政一朱判金です。部位や量目は以下の通りとなっています。

  • 金123に対して銀877
  • 量目は1.39グラム

日本で鋳造された唯一の一朱金が文政一朱金であり、ある程度の希少性が期待できます。

他の種類と比較してしまうと劣りますが、買取相場のデータをチェックすると、高額で取引される場合もあることがわかります。

相場に関するデータですが、以下に挙げる通りです。

  • 通常のデザインのものは、約5,000円から3万円前後
  • デザインエラーなども珍しいものの場合は、約3万円から10万円程度

希少性に加えて状態の良さが認められれば、10万円を上回る価格で取引される可能性もあるでしょう。

元禄二朱判金

元禄二朱判金 時代 1697年~1710年
価値 A
相場 100,000~500,000円
素材 金56.41%・銀43.19%・雑0.40%
画像出典 日本コインオークション「元禄二朱判金」

元禄10年から宝永7年にかけて鋳造されていた元禄二朱判金ですが、古銭として非常に高い価値があります。品位に関するデータは、以下の通りとなります。

  • 重量2.23グラム
  • 金56.41パーセント
  • 銀43.19パーセント
  • 雑0.40パーセント

数ある古金銀の中でもトップクラスの価値を持っているため、他の種類よりも現金化に向いているのではないでしょうか。買取業者のデータによると、相場は以下の通りとなります。

  • 通常の状態のもので約10万円前後
  • 汚れや傷などがない美品であれば約30万円前後
  • より状態が良く希少性が認められれば約50万円前後

やはり希少性の高いものは、業者にとっても高い価値があるのではないでしょうか。

天保二朱判金

天保二朱判金 時代 1832年~1866年
価値 C
相場 5,000円前後
素材 金29.88%・銀69.74%・雑0.38%
画像出典 wiki「二朱金」

天保3年から慶応2年にかけて鋳造された天保二朱判金ですが、古銭としての価値はぼちぼちのようです。品位データに関しては以下の通りとなっています。

  • 重量1.64グラム
  • 金29.88パーセント
  • 銀69.74パーセント
  • 雑0.38パーセント

金が含まれているため金貨に分類されますが、ほとんどは銀で占められています。また買取価格の相場は、他の種類と比較すると安いと言えるでしょう。

ここがポイント買取業者のデータによると、美品でも5,000円程度となります。

数万円や数十万円を超える種類も存在するため、効率の良い現金化を目指すためには他の種類と一緒に査定してもらうことをおすすめします。

手元に他の種類があれば、組み合わせを考えてみましょう。

万延二朱判金

万延二朱判金 時代 1860年~1874年
価値 C
相場 6,000円前後
素材 金22.93%・銀76.73%・雑0.34%
画像出典 wiki「二朱金」

万延元年から明治7年にかけて鋳造された万延二朱判金は、そこまで相場が高くないようです。品位データも公開されており、以下の通りとなります。

  • 重量0.75グラム
  • 金22.93パーセント
  • 銀76.73パーセント
  • 雑0.34パーセント

金貨として取り扱われることもあるかもしれませんが銀の割合が多いため、金貨としても軽く使い勝手が悪かったと言われています。

そのため希少性がそれなりにありながら、買取相場のデータを見ても6,000円前後でした。

美品かつ未使用であればそれ以上の価値があるかもしれませんが、現金化の際はある程度まとまった数を揃えておくと良いでしょう。元禄二朱判金などの相場の高いものがあれば一緒に出してみましょう。

一朱金・二朱金を高く売るコツと注意点

ポイントと書かれた紙を指差す

買取業者やショップの形態は様々ですが、優れた査定スタッフが在籍しているところが良いでしょう。

査定スタッフのレベルが高いところに一朱金や二朱金を買取に出せば、細かくチェックしてもらい高く評価される可能性もあります。

たとえば買取実績があまりないスタッフが査定を行う場合、以下のようなことが考えられます。

  • 本来は価値があるポイントに気付けず安く査定してしまう
  • 業界内での人気や希少性が理解できず安く査定してしまう

本来は数万円の価値がある一朱金や二朱金が数千円程度になってしまえば、現金化しても損に感じる人もいるでしょう。

複数の買取業者やショップに事前に連絡を入れ、買取実績について質問して良いと思えるところを選びましょう。

ランキング

【2019最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む

まとめ

二朱金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/二朱金)

一朱金と二朱金には相場が高いものもあれば安いものもあるため、事前に自分が査定に出すつもりのものがどの種類に該当するかを理解しておきましょう。相場の高いものは数が少なくても、高額となる可能性があります。

規模が大きく買取に関するサービスに優れている買取業者であれば、一朱金と二朱金の他にも古銭を査定してくれるでしょう。

ここがポイント買取に出す数の多さに応じて査定額がアップするなどのキャンペーンがないか、チェックすると良いです。

買取サービスを利用する場合、自分の都合に合わせて買取方法が選択できるところもおすすめです。

たとえば自宅にある古金銀の数が多い場合、宅配買取や出張買取などのサービスを利用すると現金化しやすいと思われます。

コメントを残す

ページの先頭へ