古銭鑑定団

江戸時代の古銭『豆板銀』種類一覧!買取価格・価値・平均相場まとめ

電卓の近くに置かれたお金とレシート
古銭の種類

江戸時代に流通していた豆板銀は、古銭としての価値が認められています。親や祖父母の荷物を整理していたときに、豆板銀がたくさん見つかることがあるかもしれません。当時使われていたものが、蔵の中に眠っていたと言うケースもあります。

多くの種類がある豆板銀ですが、まとめて業者に買取してもらえます。自分ではどのように処分したら良いか分からない豆板銀を、業者に買取ってもらえるのは便利ですね。

いくつもの買取業者がありますが、どれくらいの値段で買取ってくれるのか不思議に思うことでしょう。豆板銀の買取価格の平均相場を知っていると、業者に安い値段で買いたたかれないで済みます。豆板銀の種類や、平均的な買取価格について解説します。

豆板銀ってなに?

スマホで検索する男性

最初に豆板銀とは、どのような古銭なのか説明していきます。豆板銀というのは江戸時代に、銀貨として使われていました。時には小粒銀とか、小玉銀と呼ばれることもありました。豆板銀は現在のお金と同じように、相場次第で価値が変わっていました。

ただ現在のお金以上に、毎日の価格の変動があったようです。幕府が監督して作っていて、見た目が豆のようだったので、豆板銀と呼ばれました。どうして豆板銀が造られたかというと、丁銀を補助する役割のために製造されるようになったのです。

当時は支払いの時に、金を測ってその場で切ったりして支払いをしていました。しかし切る作業に時間が掛かるので、貨幣が造られるようになりました。その貨幣の一部として、豆板銀も制作されましたよ。

豆板銀の価値と買取相場は?

グラフと虫眼鏡とお金

豆板銀は、江戸時代に大量に造られるようになったため、買取相場は高くはありません。現在でも比較的入手しやすい貨幣となっています。大判とか小判以上に残存数が多いので、買取相場は思うほど高くはならないでしょう。

しかし、豆板銀のコレクターは一定数いるので、ものによっては高い値段で取引されます。どれくらいの相場で、取引されているのでしょうか。

  • 宝永四ッ宝片面大黒豆板銀:440万円前後
  • 慶長両面大黒豆板銀:90万円前後
  • 変形豆板銀:1万5千円前後

一部極端な例も引き合いに出しましたが、数百万円から数万円とかなり価格に幅があることが分かります。希少価値の高い豆板銀やコンディションの良いものは、高額になります。それ以外のものでも、ある程度の価格になります。

【種類別】豆板銀の買取相場一覧

豆板銀の買取相場を種類別に見ていきましょう。

慶長豆板銀

慶長豆板銀 時代 1620年
価値 B
相場 4万~5万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

慶長豆板銀の買取相場は、4万円から5万円です。この豆板銀について、どんな情報を知っておいたら良いですか。

  • 品位は銀80
  • 製造年は1620年

慶長豆板銀は、小さいタイプの貨幣です。幕府が長銀の切り取りを禁じたときに、細かな単位を調整するために造ったものです。慶長豆板銀でも片面大黒タイプになると、希少価値が高く、買取相場がアップします。

しかし、通常タイプの貨幣になると、二千円とか三千円程度の相場になります。非常にコンディションが良い場合には、それ以上の価格が付くことがあります。

豆板銀は形とか重さが違ってくるために、少しでも大きなものや、キレイなものは値段が上がるでしょう。形が統一されていない慶長豆板銀は、買取価格が個別に変わってくることが面白さの一つです。

元禄豆板銀

元禄豆板銀 時代 1695年
価値 B
相場 3,000円~30万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

元禄豆板銀は、珍しい豆板銀で買取相場は高めで推移しています。銀が6割以上使われていて、1600年代後半に造られました。他にも銅が素材として使われています。

現代に入ってから研究がなされ、銀や銅以外にも少しだけ金が混じっているとも言われていますよ。この元禄豆板銀には、色々なタイプがあります。

貨幣になされていた極印によって、価格が変化してくることがあるのです。数千円から数万円の買取価格です。どのような極印があるのでしょうか。

これらの極印によって、時代が変わったり現代での買取価格が変わったりします。贈りものとして使われた元禄豆板銀には、おめでたさを演出するために大黒様のデザインが施されています。江戸時代の経済が力強く発展していくときに、発行された貨幣です。

宝永永字豆板銀

宝永永字豆板銀 時代 1706年
価値 B
相場 20万円前後
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

宝永永字豆板銀は、江戸時代の中頃に製造されました。1700年代に入った頃に、造られた豆板銀です。銀と銅が素材として、半々くらいで使われています。1700年代の日本というのは災害が多く、今の日本のように復興に多くの労力と資材が使われました。

そのような中で復興に必要な資金を調達するために、宝永永字豆板銀が製造されたのです。当時の災害によって死者は五千人以上出て、数十万人が被害を受けました。農業だけではなく、商業などの見大きな影響を与える災害が続きました。

このような背景の中で、日本を力づけるために働く経済をサポートするよう発行された宝永永字豆板銀には、どれくらいの価格が付いていますか。20万円前後の価格が相場です。当時の様子を思い描くことが出来る貨幣です。

宝永四ツ宝豆板銀

宝永四ツ宝豆板銀 時代 1711年
価値 B
相場 4万円~6万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

宝永四ツ宝豆板銀の買取価格は、現在の相場で4万円から6万円くらいです。それ以上の値段が付く、宝永四ツ宝豆板銀もあります。どのようなタイプですか。

  • 片面大黒
  • 大型

これらの2つのタイプに該当して、痛みが激しくなければ、9万円から12万円あたりの価格が付くことがあります。1700年代初頭に造られた宝永四ツ宝豆板銀は、銀が2割程度使われています。使い勝手が良く、当時の経済界では重宝されたようです。

宝永四ツ宝豆板銀のよく見られるデザインが、宝という文字が多く施されていたり、大黒像が描かれていたりするものです。

両面が大黒のデザインなどは、発見されていません。もし宝永四ツ宝豆板銀の両方に、大黒様が描かれているものがあるなら、プレミアム価値が付きます。

享保豆板銀

享保豆板銀 時代 1714年
価値 B
相場 4,000円~4万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

享保豆板銀は、正徳4年頃に鋳造されました。タイプによって買取価格が変わってきて、数千円から数万円という相場です。

片方の側にだけ大黒様が描かれているものは、9千円から1万2千円くらいで、両側に大黒様がデザインされているなら、3万5千円から4万5千円くらいになるでしょう。

素材としてほとんど銀が使われており、2割程度銅が使用されています。鋳造技術の発達などの要因で、貨幣としての質が高いものです。個体によって、描かれている模様の質が違うと言ったことが、これまでの貨幣では見られてきました。

享保豆板銀の場合は、どの個体もほぼ同じ絵柄なので、製造技術の高さを垣間見れます。造られた期間が長かったため、現在でも入手しやすい豆板銀です。

元文豆板銀

元文豆板銀 時代 1736年
価値 B
相場 3,000円~10万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

元文豆板銀の買取価格は、数万円で推移しています。両方に大黒様がデザインされているものは、1万5千円から2万5千円の間です。大字文タイプや群文タイプなら、9万円から12万円くらいの価格になるでしょう。

当時の政府の経済状態はあまり良くなかったので、銀品位がかなり落ちて半分以下となっています。日本全国の銀の埋蔵量も、減っていました。経済界も疲弊している中で、品位を落とした元文豆板銀が発行されたのです。

元文豆板銀が造られたことによって、商業界を中心に日本は再び力を付けていきます。幕府が先頭に立ち、農業のあり方や税金のあり方にも、てこ入れがなされました。ちょうど元文豆板銀が鋳造された頃に、日本は大きな変化の波を経験していたのです。

文政豆板銀

文政豆板銀 時代 1820年
価値 B
相場 3,000円~20万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

文政豆板銀も、銀の品位が引き続き低い貨幣でした。現在での買取価格は、数千円が相場となっています。中には18万円から22万円くらいの値段が付くものもありますが、どのような文政豆板銀なのでしょうか。

  • 大字賽
  • 大字文
  • 群文

これらのタイプに分類される文政豆板銀は希少価値が高く、高値が付く傾向にあります。文政豆板銀は、20年弱鋳造され続けました。鎖国制度がいつまで続くか分からず、諸外国から開国の圧力を受けている頃の貨幣です。

当時の日本は鎖国政策を何とか続けようとしていましたが、日米修好通商条約によって大きな方向転換を強いられました。文政豆板銀が使われていた時期の終盤には、天保の改革が行なわれました。

開国に向けて、激動の時代に存在したのが天保の改革です。

天保豆板銀

天保豆板銀 時代 1837年
価値 B
相場 3,000円~20万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

天保豆板銀は、数千円から数十万円の買取価格と幅のある貨幣です。銀品位は2割と低く、20年ほど鋳造されていました。天保豆板銀には、どんな特徴がありますか。

  • 銅素材がメイン
  • 保が強調されているデザイン

天保豆板銀は、銅が7割で銀は2割程度しか使われていませんでした。傍目からは銀が目立つように造られていましたが、使用されて行くにつれて、同素材を感じるようになりました。貨幣のデザインは、保が目に付くようなものです。

天保時代は、商業的に色々な改革が施されました。株や銀行など現代に通じるような改革が積極的に行なわれましたが、いまいち成果を出せずに終わりました。天保豆板銀は、それほど多く造られませんでしたが、確かに市井の生活に浸透した貨幣でした。

安政豆板銀

安政豆板銀 時代 1859年
価値 B
相場 3,000円~20万円
素材 銀、その他
画像出典 wiki「豆板銀」

安政豆板銀は、これまで少なかった銀品位がより下がった貨幣です。1859年から数年だけ、製造された貨幣となっています。秤量貨幣としては、最後に造られたものです。どうしてこれほど銀品位を下げて、鋳造されたのでしょうか。

当時は、いくつかの外国との交易が盛んに行なわれていました。日本の中に埋蔵されていた金や銀が、多く輸出されていきます。結果として金銀が足りなくなり、これ以上資産が海外へ流出していかないように、銀品位が出来るところまで下げられたのです。

これまでで、最も銀品位の低い豆板銀となりました。開国に翻弄された経済界の、揺籃期の貨幣です。安政豆板銀は数千円から数十万円の値が付く、買取相場の幅が広い貨幣となっています。政という極印がある物が、プレミアム価値があります。

豆板銀を高く売るコツと注意点

パソコンのデータを確認する男性

豆板銀を高く売るときに、コツはあるのでしょうか。出来るだけ高く売るコツは、買取をしてもらう業者をよく選ぶことです。最近は個人売買が盛んに行なわれています。スマートフォンのアプリなどを使って、簡単に売買取引ができます。

気を付けないと、インターネットを使った取引はトラブルが起きることがあります。

ここが注意

売った後にクレームが付いたり、想像以上の安値で買いたたかれたりするケースがあるのです。さらに、街の中には古銭などを買取ってくれる業者もあります。

業者の中には、古銭や豆板銀の価値に詳しくないところもありますよ。そのような業者に売ると相場以下の値段で買われてしまうことがあるので、気を付けたいですね。古銭をメインに扱っている業者を、選ぶのがコツです。

豆板銀を売るときに注意したいのは、買取価格は年々下がっていることです。残念ながら、古銭のコレクターの数は減ってきています。

豆板銀を売ろうと思っても、需要があまりないため、価格が上がらないのです。できるだけ早く売ってしまうようにしましょう。

まとめ

電卓の近くに置かれたお金とレシート

江戸時代に造られた豆板銀には、色々な種類があります。それぞれの種類で、買取価格が違ってきます。同じ豆板銀でもデザインによって、買取価格が数万円も変わってくることがあります。専門の業者でないと、的確な査定が出来ません。

豆板銀を少しでも高く売りたいときには、古銭専門の業者を選んで下さい。インターネットの古銭業者は、無料で出張査定をしてくれます。レビューなどを確認して、評判の良い業者を選んで下さいね。

豆板銀のそれぞれの種類を調べてみると、当時の経済の動向を垣間見ることが出来ます。幕府や商業会の思惑を反映した豆板銀は、コレクションをするロマンがあります。

減っているとは言え、まだコレクターがいますから、価値がこれ以上下がらないうちに売ることを検討した方が良いでしょう。

査定結果を説明する男性

人気沸騰中!イチオシ『古銭買取業者5選』を徹底比較!

いつ売るか?どこで売るか?この二点を間違えなければ古いお金が高価な貨幣へと様変わ……続きを読む

コメントを残す

ページの先頭へ