古銭鑑定団

古金銀『二分金』の種類一覧!買取価格・平均相場・価値まとめ

ゴールドバー
古銭の種類

二分金という言葉にあまり聞き慣れない人も多いと思いますが、江戸時代に通用されていた通貨の一種として現代ではコレクターの間で集めるのがブームになっています。大判小判などは聞き覚えがあるかもしれませんが、二分金とは何なのでしょうか?

二分金は一分金ほどではありませんが、人気の高い二分金は数万円以上で買取されるものもあり倉庫の肥やしになっている方は一度、価値を確かめてみるのも良いでしょう。

ここでは二分金の買い取ってもらう上での注意点や知っておくべきポイントを紹介するとともに、一言に二分金と言っても様々な種類がありそれぞれに価値も違いますので違いをチェックしておくといいです。

古金銀『二分金』とは?

?

二分金は慶長時代に初めて作られた一分金よりもかなり後に鋳造された通貨で文政元年に初めて二分金が作られ、明治2年まで作られていたとされています。形状は長方形の形をしており、現代の通貨同様に両面に刻印が施されています。

表側には一分判金と同じく五三桐の紋様が施されており、中央に二分の文字が刻まれています。

ちなみに一分判金の場合は、一分と記載されているので見分けやすいでしょう。裏側には鋳造を任された金座である後藤光次の光次の文字が刻印されています。

裏側の右上もチェックしておく

すべての二分金ではないのですが、裏側の右上には鋳造された時代を表す漢字が刻印されているものもありますので、作られた時代も一目瞭然でしょう。一分金と同じように原材料としては金を多く含んでいます。

金自体は現代でも価値が衰えることなく資産として所有している方も多いでしょう。金を材料に作られた二分金は古金銀としての時代背景も付加価値として考えられているので、その価値は希少性が高ければ高いほど買取価格も高騰するでしょう。

『二分金』の価値と買取相場は?

お金の計算

二分金は200年以上鋳造された一分金ほどではなく、1818年から1869年までの51年間という短い期間しか鋳造されていませんので、絶対数としては一分金よりは圧倒的に少ないと言えるでしょう。

中には一分金よりも金の保有量が高く数も一分金ほど量産されていないものも勿論ありますので、一分金をも凌ぐ価値のものも少なくありません。高いものであれば数万円から数十万円になるものもありますので、大切に保管をしましょう。

買取相場としては保存状態が良ければ良いほど買取価格は高くなり、コレクターからの人気が高いものも当たり前ではありますが、価値が高くなっているようです。日本の歴史に興味のある外国人もネット売買などで需要も伸びているでしょう。

古金銀ごとに価値の高さが違う理由

お金と電卓と虫眼鏡

古金銀は、二分金などを含める現代では通用されていない通貨の総称を指しています。江戸時代で通用されていた大判小判、一分金や二分金の他にも古紙幣なども含まれています。

では、これらの古金銀の価値が高くなったり低くなったりする下記のような状態になるでしょう。買取相場にかなりの変動が予想されますので、参考にしてみてください。

  • 当時に鋳造されたままで保存状態が良いものは高値になる
  • キレイに見せようと磨いたりすると低値になる
  • 鑑定書や付加資料がついていると高値になる
  • 破損や欠損があると低値になる
  • 両面の刻印が上下逆さになっているものは高値になる
  • 刻印ズレなどの希少品は高値になる

上記のような状態は一例ではありますが、買取相場が増減する理由になります。取り扱いには十分注意をしつつ、変に手を加えるのではなくありのままで一度鑑定してもらうほうが良いでしょう。

『種類別』二分金の買取相場一覧

二分金の買取相場はどれくらいなのか、種類別に見ていきましょう。

文政二分判金(真文二分)

文政二分判金 時代 文政元年~文政11年
価値 A
相場 100,000円
素材 金563、銀437
画像出典 wiki「二分金」

文政に鋳造が始まった文政二分判金は、裏面の時代を表す文の文字が刻まれており、表面には二分と刻印されているので見分けやすい判金の一つと言えるでしょう。買取相場は状態が良ければ、100,000円前後で取引されています。

さらに両面が上下逆さまになっている逆打ちにもなると、美品であれば1.5倍から2倍近くまで相場も跳ね上がることから希少価値が高いと言えます。

全部で鋳造された数は一分判金に比べると少なく、さらに状態が良い物も少ないので持っている場合は取り扱いには十分注意しましょう。通用自体は、1835年まで利用されていたとされています。

文政二分判金(草文二分)

文政二分判金 時代 文政11年~天保3年
価値 A
相場 100,000円前後
素材 金490、銀510
画像出典 wiki「二分金」

真分二分が発行されて10年余りが経過してから鋳造されたのが、文政二分判金の草文二分判です。1828年に鋳造と通用が開始され、真分二分との違いは裏面の文の文字が草書体になっているところでしょう。

草文二分は1828年から1832年までの5年ほどしか鋳造されておらず、製造された数も真分二分よりもさらに少量とされています。買取相場としては、真分二分と似ていて美品であれば100,000円前後での取引が多いでしょう。

通用期間としては天保13年8月6日までで、西暦でいうと1842年までの15年間余りでした。文政二分判金は一分判金が作られた1601年に比べて200年以上も後に作られたので、歴史としてはまだ新しいものだと言えるでしょう。

安政二分判金

安政二分判金 時代 安政3年~万延元年
価値 B
相場 数万円程度
素材 金209、銀791
画像出典 wiki「二分金」

安政二分判金は文政二分判金の鋳造が終了した20年以上後に作られた二分金で、鋳造期間としては1856年から1867年までのおよそ11年間作られていました。裏面に刻まれているはずの時代を表す刻印が無いのが特徴でしょう。

通用期間も鋳造が終了した年の1867年まででしたので、文政二分板金の2種類同様に10年余りしか通用されておらず、一分判金に比べるとそこまで通用されていなかったことが分かるでしょう。

買取相場

他の二分金に比べると金の保有量も少ないため、買取相場としては状態が良かったとしても数万円程度であまり高値では取引されてません。

安政の時代は一分判金も短い期間しか作られていなかったので、天災や事件が多かったのも影響があったのかもしれません。

万延二分判金

万延二分判金 時代 万延元年~明治7年
価値 A
相場 100,000円~
素材 金229、銀771
画像出典 wiki「二分金」

万延二分判金は一つ前の安政二分判金と鋳造期間が重なっていた、二分金で知られているでしょう。1860年から明治時代に入る1874年までの、14年間通用されていた古金銀の一つです。

一分金同様に江戸時代から明治時代の移り変わりに使われていた古金銀として人気も高く、二分金と言ってもかなりの高値で取引がされています。

買取相場

状態が良いものであれば、最低でも100,000円で買取されているでしょう。万延二分判金には表面の分の文字の書体が微妙に違うことから、安政型と明治型と呼ばれる2種類があります。

分の文字もハネが万延二分と言われ、トメが明治二分と呼ばれているので万延二分判金だけでも好きなタイプで集める人も多いでしょう。

たったの14年間しか鋳造されていないのに、様々な種類がある万延二分判金なので買取相場が高くなるもの頷けます。

明治二分判金

画像なし 時代 明治元年~明治2年
価値 B
相場 10,000円程度
素材 金223、銀777
画像出典 なし

別名で貨幣司二分判とも呼ばれており、明治元年に鋳造された最後の二分判金としても有名でしょう。

鋳造期間も1868年のたった10ヶ月しか作られておらず、その後造幣局が作られたことであっという間に作られなくなりました。

買取相場

明治二分判金は最後に作られた二分金の割には買取額もそれほど高くなく、状態が良くても10,000円程度でしか取引されていません。万延二分判金同様に明治二分金は、明治型と呼ばれるトメ分が主流でした。

二分金の中でも金の保有量も全体の20%ほどで金としての価値も低く、唯一高値で取引されるのが、状態が良い逆打ちの明治二分判金だと言えます。

逆打ちの場合であれば、50,000円前後で買取してもらえる場合もあるでしょう。

古金銀『二分金』を高く売る方法と注意点

高く売るコツ

一分金に比べるとそこまで高値がつかないイメージがある二分金ですが、それでもせっかく持っているからには少しでも高く売れる方法を知りたいでしょう。少しでも高く売る方法や、売る時の注意点などはあるのでしょうか?

まず気を付けないといけないのは、買取業者は複数社あるというところでしょう。古金銀や古銭を専門に扱っている業者もいれば、古いものを全般に扱っている骨董品屋なども存在しています。

古金銀や古銭は専門店がおすすめ

共通して言えることとしては、古金銀や古銭など専門で扱っている業者や鑑定士がいる専門店の方がきちんとした相場を算出してくれます。

あまり買取になれていない業者であれば、ネットに載っている程度の査定額しかつけてもらえないでしょう。

二分金の買取に慣れている業者かどうかを見分けるポイントとしては、買取実績やその業者の口コミ、評判などを参考にすると失敗は少ないでしょう。

二分金を売るなら買取専門店がおすすめ

おすすめ

前項で記載したように買取業者で売るほうが、良いことは理解できたでしょう。ですがまだまだ、少しでも高く売る方法はあります。まずは一つの買取業者で思ったより買取額が高かったとしても、その場で売ってはいけません。

少しでも高く売りたいのであれば、買取専門店を複数回ってみたり専門店によってはメールなどで簡単に査定してもらえるサービスもあります。

複数の買取専門店で査定をしてもらう

複数の買取専門店で査定してもらい一番高値がついた業者に買い取ってもらえれば損はしないでしょう。

あとは量産できるものではありませんので、手軽に売れるネットオークションに出品してみようかと考える人も少なくありません。

ですが簡単であるが故に落とし穴としては、相場以下で落札されたとしても売らなければならないリスクもあるので注意しましょう。

まとめ

ビジネスマン

このように二分金は一分判金に比べると比較的高値では売りにくいものではありますが、ただ集めているわけではない以上、持っているだけでは何の価値もありません。

売るにしても持っておくにしても、自分の二分金がどんなものなのか把握しておくべきでしょう。

事前に相場を調べておくのもおすすめ

もし買取をしてもらう場合は、鑑定されるがままに値段をつけられるのではなく自分の持っている二分金や古金銀がどのぐらいの相場なのか、事前に調べておくのも一つの手です。

一分金に比べると種類の少ない二分判金ですので、作られた時代や希少性の高いものかどうかはある程度判断しやすいでしょう。もし大量に古金銀を保有している場合は、出張買取業者を行っている業者を探しているのも一つの方法でしょう。

コメントを残す

ページの先頭へ