古銭鑑定団

【昭和時代】古紙幣の種類一覧!買取価格・価値・平均相場まとめ

小額政府紙幣 (板垣)
古銭の種類

まず昭和前期の紙幣ですが、大正時代と同じようなものが発行されていました。1銭や5銭など大正時代から製造されているものが引き続き流通し、それらに加えて5円や20円の硬貨も製造されていたと言われています。

そして明治時代のころには、以下に挙げる4種類の紙幣がありました。

  • 1円
  • 5円
  • 10円
  • 20円

これらは古紙幣の買取業者や専門店で取り扱われることもあり、中にはとても価値の高いものもあります。昭和時代になる前は銀貨を鋳造するための銀が不足し、政府は対策として紙幣を発行することを決定しました。

その流れが昭和時代まで続き、そのころに発行された古紙幣が現在でも取り扱われている場合もあります。買取業者の元に行けば、現物が見られるかもしれません。

▼【古銭画像付】昭和の古紙幣買取相場一覧▼

ここがポイント昭和の古紙幣の正確な価値を知るためにまずは専門買取業者に依頼してください。当サイトで最も問い合わせが多い「バイセル」なら全国出張査定で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。もちろん、売るかどうか鑑定次第なので、「値段だけ知りたい!」方にもおすすめ。

バイセル

【昭和の古紙幣】
鑑定・買取・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法 鑑定の正確さ 高価買取 対応地域
リサイクルショップ × 店舗周辺
金券ショップ 店舗周辺
古銭買取専門店 全国対応
古銭買取専門店なら業界最大手”バイセル”がおすすめ
  • CMでも有名な古銭買取業者&利用率No.1
  • プロの古銭専門査定員が全国出張査定(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高価買取が可能

(※1点からOK!電話相談も可能)

昭和時代の古紙幣の価値と買取相場は?

日本銀行兌換券

画像なし 時代 昭和時代/1927年
価値 A
相場 100,000~499,999円
素材
画像出典 なし

昭和2年4月25日に発行された古紙幣の一部には、日本銀行兌換券という名前で取引されるものもあります。

日本銀行兌換券には大きく分けて以下の2種類があります。

  • 50円
  • 200円

これらは金融恐慌の影響を受けて緊急発行されたため、他の古紙幣とは異なり裏面が無地になっていることが特徴です。そのため買取業者や専門店によっては、裏白50円や裏白200円という名前で取引される場合もあります。

つまり流通させる目的で製造されたわけではないため、希少性から高い価値が期待できるのです。ある買取業者のデータによると200円札の相場は100万円以上であり、数の少ない50円札はそれ以上になるとのことです。

日本銀行兌換券が手元にある場合、できれば50円の方を選びましょう。

兌換券

兌換券 時代 1927~1946年
価値 A
相場 30,000円前後
素材
画像出典 お札と切手の博物館

昭和2年から発行されていた古紙幣には、兌換券と呼ばれるものもあります。兌換券の額面には、以下の5種類が存在します。

  • 5円
  • 10円
  • 20円
  • 100円
  • 200円

上記で紹介した買取業者の別のデータによると、5種類の中でも20円と200円が人気と価値が高いです。縦書き20円や裏赤200円と呼ばれる場合もあり、紹介した業者でも高額で取引される可能性もあるとのことです。

日本銀行兌換券と同様に金融恐慌の対策のために製造され、流通させるためのものでなかったため希少性から価値が高いともあります。

相場のデータをチェックすると、3万円以内で取引されているとのことです。そして状態の良いものに限り、10万円以上になる可能性もあります。

兌換券甲号

画像なし 時代 1942~1946年
価値 A
相場 50,000~100,000円
素材
画像出典 なし

昭和17年に発行さて昭和20年に使用が開始された兌換券甲号ですが、その翌年には廃止されています。そのため他の種類よりも発行された枚数に限りがあり、希少性から高い価値が期待できると言えるでしょう。

また兌換券甲号には兌換券甲号1,000円と呼ばれる種類が存在し、古紙幣の業者によっては日本武尊1,000円との名前で取引されています。上記の業者が公開している相場のデータによると、5万円から10万円で取り扱われています。

目立つような傷や汚れなどがない綺麗な状態の場合、1枚で20万円以上となる可能性もあります。数ある古紙幣の種類の中でも希少性が高いという特長があるため、買取市場では人気が高いのかもしれません。

改正兌換券

改正兌換券 時代 1942~1946年
価値 B
相場 10,000円
素材
画像出典 amazon「改正兌換券5円 菅原道真」

昭和17年に発行がされた改正兌換券には、大きく分けて2種類存在します。

  • 5円
  • 200円

5円は2次5円と呼ばれ、200円は藤原200円と呼ばれることもあります。特に200円札は戦後のインフレ対策のために製造されたと言われており、すぐには流通されずおよそ3年間日本銀行により保管されていました。

使用が開始された翌年に失効してしまったため、兌換券甲号と同様に他の古紙幣と比較して枚数が少ないと言われています。そのため希少性が期待でき、上記の業者でも査定額が高くなる傾向にあるとのことです。

5円は希少性がないため買取相場も数百円程度とのことです。一方200円の取引平均額は、1万円程度とあります。

不換紙幣

画像なし 時代 1943・1944年
価値 C
相場 数百円程度
素材
画像出典 なし

日本国内にある古紙幣で申し出ることで金銀と交換可能なものは、兌換券と呼ばれていました。しかし1942年の日本銀行法制定により、兌換券だったものがお金の価値を国側が保証する不換紙幣に切り替わったのです。

紙幣の字印も日本銀行券へと切り替わり、最初に発行された額面は以下の4種類です。

  • 1円
  • 5円
  • 10円
  • 100円

昭和18年から19年にかけて発行がスタートしましたが、買取業者の公式ホームページ上のデータによると希少性はあまりないとのことです。

そのため他の古紙幣と比較すると、現金化には向いていないかもしれません。上記の業者がまとめている相場に関するデータを見ると、ほとんどの場合で数百円程度になるとあります。

改正不換紙幣

改正不換紙幣 時代 1944・1945年
価値 C
相場 数百円程度
素材
画像出典 amazon「改正不換紙幣」

不換紙幣と似たデザインをしている改正不換紙幣ですが、通し番号が省略化されており紙幣の色が赤くなっているなどの特徴があります。

昭和19年から20年にかけて発行されており、額面は以下の通り4種類あります。

  • 1円
  • 5円
  • 10円
  • 100円

不換紙幣と共通するポイントが多いですが、買取業者がまとめているデータによると価値には大きな差があるとのことです。一部は証紙貼付銀行券という扱いで臨時の紙幣として使われていたため、査定に影響する場合もあります。

また相場に関するデータをチェックすると、普通の状態のものは数百円程度とあります。しかし紙幣に著しい劣化がなく美品と認められた場合、2万円前後になる可能性もあります。

再改正不換紙幣10円

再改正不換紙幣 時代 1945年
価値 C
相場 数百円程度
素材
画像出典 amazon「再改正不換紙幣」

3次10円と呼ばれることもある再改正不換紙幣10円は、和気清麻呂の肖像画が使われていることが特徴です。和気清麻呂の肖像画が使われている古紙幣は4種類あり、4番目に発行されたため3次10円と呼ばれています。

ここがポイント買取業者のデータによると、再改正不換紙幣10円は古紙幣の中では希少性が高くないとあります。

買取相場が比較的安い傾向にあり、汚れや折り目などがない綺麗な状態のものでも数百円程度で取り扱われているとのことです。

ただし一部で流通していた見本紙幣である場合、数万円以上で取引されることも稀にあります。紙幣をよくチェックして見本と書かれている場合、また証紙が付属している場合は高額となるかもしれません。

政府紙幣(小額政府紙幣)

政府紙幣 時代 1938~1948年
価値 C
相場 1,000円程度
素材
画像出典 wiki「小額政府紙幣」

20世紀前半に日本政府によって発行された政府紙幣の中でも、小額のものは総称して小額政府紙幣と呼ばれることもあります。

主に以下のような種類が発行されています。

  • 表面に富士桜が印刷されているもの
  • 表面に靖国神社が印刷されているもの
  • 表面に板垣退助がされているもの

これらの古紙幣は昭和13年から23年にかけて発行されており、額面はいずれも50銭となります。

ある買取業者が公開している相場は、それぞれ以下の通りです。

  • 富士桜のものは1,000円以内
  • 靖国神社のものも1,000円以内
  • 板垣退助のものは300円から400円程度

相場に関するデータによると小額政府紙幣は他の種類より希少性がなく、買取相場も安い傾向にあります。

日本銀行券

日本銀行券 時代 1944~1953年
価値 A
相場 数百円程度
素材
画像出典 amazon「日本銀行券」

昭和19年に発行が開始された日本銀行券には、大きく分けて以下の2種類の額面が存在します。

  • 5銭
  • 10銭

戦争の影響で金属不足となり、対策の一環として日本銀行券が発行されたと言われています。戦時中に製造されたため裏面なども簡素なデザインとなっており、薄くすかし模様が印刷されてるなどの特徴があります。

業者の価値についてまとめられたデータによると、2種類とも美品であっても数百円程度が相場であるとのことです。現金化のために買取に出す場合、1枚ではなくまとまった枚数を用意しておくことをおすすめします。

まったく未使用であり指紋や小さな汚れなどが付着していない場合、買取時の価値が少しは高くなるかもしれません。

日本銀行券A号

日本銀行券A号 時代 1946年
価値 A
相場 数百円~数千円程度
素材
画像出典 wiki「五円紙幣」

戦後の日本は補償金や軍人への退職金などでお金のやり取りが盛んに行われるようになり、インフレ状態となります。そこで対策のために既存紙幣を無効にし、昭和21年から23年にかけて日本銀行券A号が発行されました。

日本銀行券A号の額面には、以下の4種類があります。

  • 1円
  • 5円
  • 10円
  • 100円

この中でも100円だけが印刷のための時間がなかったため、それまでもあった聖徳太子の図柄が採用されています。また買取業者のデータには、他の古紙幣とは異なり買取価格は一概に言うことができないとあります。

日本銀行券A号は戦後の混乱期に発行されたいたこともあり、一部ではありますがエラー品も流通し手にしている人も存在するためです。

日本銀行券B号

日本銀行券B号 時代 1950~1965年
価値 B
相場 数千円~数万円程度
素材
画像出典 wiki「千円紙幣」

昭和25年から26年にかけて発行された日本銀行券B号には2種類のものがあります。

  • アルファベットが1桁である前期
  • アルファベットが2桁である後期

買取業者のデータには前期の方が、希少性があるため価値が高いと書かれています。また額面も大きく変わり、以下の4種類が存在します。

  • 50円
  • 100円
  • 500円
  • 1,000円

買取相場も前期と後期によって異なり、データによるとそれぞれ以下の通りとなります。

  • 前期かつ美品であれば1万円前後
  • 後期は美品であっても数千円程度

買取に出す前にアルファベットの桁数を見て、前期か後期かを必ずチェックすると良いでしょう。後期であっても、美品をまとめて出すと良いかもしれません。

日本銀行券C号

日本銀行券C号 時代 1958~1986年
価値 C
相場 数万円
素材
画像出典 wiki「一万円紙幣」

日本で初めて誕生した1万円札は日本銀行券C号であり、それまで日本で発行された紙幣の中では最高額となります。当初はあまりに高額すぎるため、スムーズに流通するのか心配する声もあったと言われています。

しかし買取業者がまとめるデータによると、発行後日本は高度成長によりスムーズに流通して広まったとあります。また日本銀行券C号は昭和時代の古紙幣の中では新しいため、額面以上の価値になることが少ないともあります。

ただし日本銀行券B号と同様に前期と後期の2種類に分かれているため、アルファベットの桁数をチェックして前期を探してみると良いでしょう。完全未使用で状態が綺麗なものは、高額で取引してもらえるかもしれません。

日本銀行券D号

日本銀行券D号 時代 1984~2007年
価値 D
相場 額面通りの金額
素材
画像出典 wiki「一万円紙幣」

古紙幣と呼ばれるものの中では近代的であるため、日本銀行券D号は今現在の人たちでも見たことがあるかもしれません。

額面ごとに分けると、以下の4種類が存在します。

  • 夏目漱石の肖像画がある1,000円
  • 沖縄県の守礼門が印刷されている2,000円
  • 新渡戸稲造の肖像画がある5,000円
  • 福澤諭吉の肖像画がある1万円

もしかすると記念として未だに手元にあるという人もいるかもしれません。しかし戦時中や戦後の古紙幣と発行された事情や流通などが異なるため、希少性が期待できず現金化には向いていないと言えるでしょう。

買取相場のデータによると、いずれも額面通りの価値しかありません。ただしエラー紙幣である場合、数万円で取引される可能性があるでしょう。

政府紙幣B号

画像なし 時代 1948~1958年
価値 C
相場 数百円程度
素材
画像出典 なし

かつての日本は戦争の影響によりお金を作るための金属が不足し、当時の政府は代わりとして政府紙幣を発行していました。終戦後には金属硬貨が復活しますが、インフレによるコスト割れが懸念されていました。

ここがポイント政府紙幣B号はインフレ対策の一環として発行されたのですが、発行から数年後に廃止されています。

現存している数が多いため、希少性が期待できず相場も高くないとのことです。その買取業者では、1枚あたり100円程度で取引されていることが公式ホームページ上で紹介されています。

政府紙幣B号を買取に出す場合、他の種類の古紙幣と組み合わせて査定額の合計が少しでも高くなるようにすると良いでしょう。

旧紙幣や古紙幣を高く売るコツと注意点

ポイントと書かれた紙を指差す

上記とは別の買取業者がまとめている内容によると、旧紙幣や古紙幣を高く売るコツは以下の通りです。

  • 専門の査定スタッフが在籍しているところを選ぶ
  • 買取に出す旧紙幣や古紙幣は大切に保管しておく
  • 美品や希少性の高いものを意識して選ぶ
  • 買取実績があり信頼性の高いところを選ぶ

これらのコツ以外にも、トラブルに巻き込まれないために注意すべきこともあります。買取業者が明かしているトラブル事例によると悪徳業者から突然電話がかかってくることもあるため、注意した方が良いでしょう。

怪しいと思った場合は相手にせず無視する姿勢を貫き、それでも相手からの連絡がしつこくある場合は消費生活センターなどに相談してください。

相手からのしつこい要求に耳を貸す必要はありません。

ランキング

【2019最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む

昭和の古紙幣の鑑定・売却なら買取専門『バイセル』がおすすめ!

では、昭和の古紙幣はどこに売ればいいのでしょうか。そもそもどこで買取をしてくれるのでしょうか。最も高値で買取してくれるのは古銭買取専門業者の『バイセル』です。

記念コインや古銭というのは専門的な知識が欠かせません。そうした知識と買取相場をもった業者でなければ、適切な価格での買取ができないのです。

ここがポイント例えば、純金の記念コインの価値は2つあります。記念コインそのものの価値と、使われている金の価値です。これらをどのように評価するのか、それが専門の業者の役割になります。

もちろん、古銭買取を専門にした業者はバイセル以外にも全国に存在しています。その中から特に実績、買取価格、鑑定の正確さ、サービス対応にズバ抜けて優れた3社が以下になります。

バイセル 買取プレミアム 福ちゃん
鑑定実績
査定額の高さ
利用者の満足度
出張費・鑑定料 無料 無料 無料
買取方法 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込 出張・宅配・持込
対応地域 全国 全国 全国
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中でも圧倒的な実績数を誇る「バイセル」がおすすめです。当サイトからの申し込み、問い合わせも一番多いです。

  • プロの査定員を全国各地に配置(即日対応)
  • 自宅完結の出張査定あり(出張費・鑑定料無料)
  • 独自の販売ルートがあり高価買取可能(即日現金払い可)
  • 鑑定後のキャンセルも当然ながら無料
  • どんな状態(汚れや古いもの)でも無料査定
  • 依頼者が女性の場合は女性の査定員を指名可

挙げるとキリがないですが、正直なところ、古銭買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。

もし、他店の方が買取・鑑定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。

「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。古銭・古紙幣の価値が高騰している今だからこそ、鑑定してもらう価値があると思います。

お家に眠っている古銭・古紙幣があるなら、鑑定時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。

まとめ

小額政府紙幣 (板垣)
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/小額政府紙幣)

買取専門店はその名の通り古紙幣の買取に特化しているため、効率の良い現金化を希望する人にはおすすめです。自宅の近くに買取専門店がある場合、公式ホームページをチェックして信頼できるか判断すると良いでしょう。

また買取対象となる古紙幣の種類など以外にも、査定額の参考が一覧で表示されていたら必ずチェックするようにしましょう。初めて現金化をする場合、サービス性の高い大手の買取専門店を利用すると良いかもしれません。

買取専門店には出張買取や宅配買取などを行っているところもあるため、古紙幣が大量にある場合は空いている時間を利用することをおすすめします。

買取に出す古紙幣の数に応じて、査定額がアップするかもしれません。

鑑定してもらっている夫婦

古銭を高く売る買取査定の方法はたった一つだけ【損しない全知識】

古銭買取の買取査定・鑑定の方法は『3つ』 古銭買取業者での査定方法は3つありま……続きを読む

コメントを残す

ページの先頭へ