古銭鑑定団

穴銭古銭『天保通宝』とは?買取・価格相場【まとめ】

アイパッド
古銭の種類

穴銭古銭の1種である天保通宝は現在でも買い取ってもらえます。ものによっては高額買取になる場合もあり、もしご家庭に天保通宝が残っているなら査定してもらうのもおすすめです。

そこで気になるのが実際にいくらくらいで売れるのかという点ですが、高額買取のチャンスを逃さないためには買取相場が重要です。

相場を知れば高額買取かどうかの判断もできるようになり、どこに売れば高いのかもわかります。天保通宝をはじめとした穴銭古銭は以下のような部分で価値が決定されます。

  • 状態
  • 種類
  • 希少性

これらのポイントを抑えながら天保通宝の買取価格の相場を知り、効率よく不要になった天保通宝を売れるようになりましょう。

ここでは天保通宝の買取価格の相場を中心に役立つ情報をまとめていきます。

『天保通宝』ってどんな貨幣?

コインを数える

天保通宝はその名前の通り、天保時代に作られた穴銭古銭です。正確には天保6年、西暦で言うと1835年に作られ始めました。

穴銭なので穴が開いているのが特徴で、小判型の形をした穴銭の中心に四角形の穴を開けています。

ここがポイント表には天保通貨と書かれていて、裏面には當百という文字が書かれているのが特徴です

天保6年に作られてから56年の間、当時の日本に流通していましたが偽造も多かったようで日本の経済を混乱させたという記録も残っています。

当時の人からすれば、ちょっといわく付きのお金とも言えるかもしれません。とはいえ現代では当然ですがそもそも通貨としての価値はなく、あくまでも古銭としての買取が行われている形です。

ここがポイント天保通宝にはいくつかの種類があり、その種類や状態によっては高額買取も狙えます。

買取相場を知るうえでもこの種類が重要になってきますので、後述でも詳しく紹介しますが天保通宝という通貨について知っておきましょう。知識があれば高額買取を目指すためにも役立ちます。

天保通宝と寛永通宝

ビジネスマン

天保通宝と寛永通宝はどちらも穴銭古銭としてはメジャーなもので、今でも所有している人が多いと言われています。

それだけたくさんの数が現存していて、コレクターも多いというわけです。その意味では希少性はそれほどないと言えるでしょうか。

天保通宝と寛永通宝の価値が低いと言われる理由を改めてまとめてみましょう。

  • たくさんの数が残っている
  • 所有者が多いので需要が落ちてきている

ただメジャーだからこそ珍しいタイプの天保通宝や、寛永通宝は高く売れるとも考えられます。

ちなみに天保通宝と寛永通宝はどちらも江戸幕府が発行したお金で、江戸時代に作られた穴銭のことを総称して寛永通宝と呼んだりします。

天保通宝の価値と買取相場は?

お金と電卓

天保通宝の価値は決して高いとは言えません。大量に作られ今でも数が残っているからです。

買取相場も平均的な数字で言えば数百円から数千円程度と考えるべきでしょう。とはいえ天保通宝が必ず安い買取価格になるわけでもありません。

珍しいものなら数万円程度になることもあります。当時のお金は一部の藩がそれぞれ作っていたりしたので、希少性の高いものもあるのです。

ここがポイント母銭は、基本的に高値になりやすいので覚えておきましょう。

母銭というのはお金を大量生産する時の元になるもので、型を取るために利用されました。

そのため通常の穴銭古銭と比べて数が非常に少なく、母銭というだけで価値が跳ね上がります。母銭は高額買取が狙えるというのがポイントです。

人気のある天保通宝一覧と相場情報

人気のある天保通宝の相場情報を紹介していきます。

水戸藩鋳銭 短足寳(みとはん たんそくほう)

水戸藩鋳銭 短足寳 時代 江戸時代/1868年
価値 C
相場 1,000~9,999円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

水戸藩鋳銭 短足寳は、水戸藩が作っていた天保通宝のことです。

本来ならお金は江戸幕府だけが作るものなのですが、一部の藩は江戸幕府に許可を得て独自の天保通宝を作っていました。水戸藩鋳銭 短足寳もその1つです。

特徴をまとめてみましょう。

  • 書かれている文字が太い
  • 寶という字の点が丸く短い

これが水戸藩鋳銭 短足寳の特徴となります。

買取価格の相場としては2,000円ほどから5,000円ほどが平均的ですが、これはあくまでも平均的な相場ですのでもっと安くなってしまうこともあれば、高くなることもあります。

穴銭古銭を専門に扱うお店に査定してもらうなど、正しい知識を持った人に見てもらい、価値を正確に見極めてもらうことが大切です。

薩摩藩 横郭 仰冠當(さつまはん おうか ぎょうかんとう)

薩摩藩 横郭 仰冠當 時代 江戸時代/1862年
価値 C
相場 1,000~9,999円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

薩摩藩 横郭 仰冠當はなんと偽造された天保通宝の1つです。薩摩藩が鋳造したものですが、水戸藩のように幕府の許可を得ずに作っていたわけです。

当時であれば偽造通貨なのでその価値も無いに等しいわけですが、古銭としては根強い人気を誇っています。

中心に開けられた四角形の穴が正方形ではなく横長になっているのが特徴で、ガマ口とも呼ばれています。

ここがポイント幕府公認で作られたものではない偽造通貨というのが現代ではかえってこの古銭の価値を高めている側面もあります。

買取相場は1,000円から3,000円ほどが平均的ですが、さらに高くなるケースも見られるようです。

ただ偽造通貨ということで本物に似せて作ってありますので、知識がないと見抜くのは難しいでしょう。専門家に見てもらうことが大切です。

高知藩(こうちはん)

高知藩 時代 C
価値 江戸時代
相場 1,000~9,999円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

高知藩は文字通り高知藩で密造されたお金です。

以前は高知藩で作られたかどうかがはっきりしていませんでしたが、同じ書体の枝銭が見つかったことで高知藩によるものと確定しています。当時いかに偽造通貨が多かったかがわかります。

額輪短尾通とも呼ばれていて、額輪という言葉と短尾通という言葉にそれぞれ意味があります。その意味が下記のような内容です。

  • 額輪はお金に書かれている文字よりも輪の高さが高い
  • 短尾通とは通という文字のしんにょうの尾の部分が短いこと

この2つの特徴を持つことから、額輪短尾通とも呼ばれているわけです。買取価格の相場は3,000円から8,000円ほどです。比較的高値で売れる可能性のある天保通宝の1つです。

秋田藩 広郭(あきたはん こうかく)

秋田藩 広郭 時代 江戸時代
価値 B
相場 10,000~49,999円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

秋田藩 広郭もやはり秋田藩が無許可で鋳造した偽造通貨です。各藩が偽造した天保通宝は藩鋳銭とも呼ばれていて、1つのジャンルとして確立しています。

広郭という名称が使われているように中央に開けられた穴の縁が幅広なのが特徴で、他にも書かれた文字が縦長という特徴も持っています。

これらの点が本物の天保通宝との違いを見極めるポイントになります。

買取相場

この秋田藩 広郭は買取相場が高いのも特徴で、現在でも10,000円以上で取引されることの多い天保通宝です。

相場は15,000円から25,000円ほどで、もし秋田藩 広郭を持っているなら10,000円を超える高額買取が期待できます。

本座長郭(ほんざちょうかく)

本座長郭 時代 江戸時代/1835年
価値 C
相場 500~999円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

本座長郭は江戸幕府が正式に鋳造した通貨で天保6年に鋳造されました。本座とは江戸幕府公式のお金であることを表しています。

他の天保通宝との違いとしては、中心の穴の縁が少し縦長になっている点です。

ここがポイント縁が縦長になっていることから、長郭という言葉が使われているわけです。

本座長郭は母銭が通常の運用銭だったかで買取相場も大きく変わり、母銭であれば100,000円近い買取価格も期待できますが、運用銭だと1,000円ほどまで落ちてしまいます。

母銭かそうでないかが非常に重要なポイントになりますので、しっかり鑑定してもらう必要があります。

穴銭古銭を扱っているお店の中でも、鑑定に期待できるお店に持ち込むのが理想的です。でないと見落としなどで買取価格が下がってしまう危険があります。

本座細郭(ほんざさいかく)

本座細郭 時代 江戸時代/1835年
価値 C
相場 1000~130,000円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

本座細郭は本座長郭と同じく江戸幕府公式で鋳造されたお金です。縁取りの幅が細くなっているのが特徴で、この特徴から細郭という言葉が使われています。

本座と名が付く天保通宝は基本的に見た目の特徴から違いが分けられています。

本座細郭の運用銭、つまり通常の本座細郭は買取相場も1,000円ほどと安いのです。

ここがポイント母銭の数が非常に少ないことから母銭であれば100,000円以上の相場になっています。美品であれば130,000円程度になることが多いようです。

本座広郭(ほんざこうかく)

本座広郭 時代 江戸時代/1845年
価値 C
相場 1,000~50,000円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

本座広郭は縁取りの幅が広く太いのが特徴で、本座細郭とまったく逆の特徴を持っていると言っていいでしょう。同じ本座の天保通宝ということでほぼ同じものではありますが、現代の買取相場は大きく違います。

運用銭の相場はやはり1,000円ほどですが、母銭は相場でも50,000円程度、過去の例では美品が200,000円で取引されたという記録も残っています。

母銭の中でも状態の良いものであれば、かなりの高額買取が期待できる天保通宝です。

本座中郭(ほんざちゅうかく)

本座中郭 時代 江戸時代/1866年
価値 C
相場 10,000円前後
素材
画像出典 ウルトラバイヤー「天保通宝」

本座中郭は縁取りの幅が太くも細くもなく、特徴の無いのが特徴といった感じの天保通宝です。

ただ買取相場が比較的高めで、運用銭でも10,000円程度の相場になっています。しかも特筆すべきは母銭で、本座中郭の母銭は未だに発見されていません。

ここがポイント本座中郭の母銭となれば数十万円、数百万円での買取も考えられます。

そもそも現存していない可能性もありますが、もし現存していれば大発見ですので、専門家に鑑定して見極めてもらうことがより重要になってきます。

天保通宝は密造品がプレミア価格に

コインとお札

天保通宝は本座と呼ばれる江戸幕府が正式に鋳造したお金だけでなく、各藩が無許可で鋳造した偽造通貨も多く出回っています。

当時の日本は通貨不足だったようで、本物の通貨だけでは足りずに各藩が通貨を鋳造していたわけです。

結果的に天保通宝の種類は偽造通貨も合わせると24種類という多彩さになり、それぞれでデザインが違うことからコレクターも多く存在します。

ここがポイント特に偽造通貨に当たる密造品は、プレミア価格になるケースも珍しくありません。

自分で本座の天保通宝か密造された天保通宝かわからない時は、必ず専門家に鑑定してもらいましょう。

自分である程度判断できる場合でも、確実を期すためにやはり鑑定が重要です。プレミアなら高値で売れるので、しっかり鑑定してもらう必要があります。

古銭買取で注意すべきポイント

ビジネスマン

天保通宝をはじめとした古銭買取で注意すべきポイントは以下の2点です。

  • 必ずプロに鑑定してもらうこと
  • 自分で磨いたりしない

天保通宝は特に密造品が多かったことから、1つ1つの種類を見極めることが大変です。

買取の際には、プロに鑑定してもらい適切な買取価格を付けてもらいましょう。また綺麗な方が良いだろうと、磨いたりする人がいますがこれも厳禁です。

ここが注意

古銭は古いからこそ価値が高いと言え、下手に磨いたりするとかえって価値が落ちてしまう可能性が出てきます。

美品の方が高くなるからといって自分で磨いたりはしないようにしましょう。あくまでも残っていたままの状態で買取に出すのが大切です。

天保通宝を売るなら買取専門店がおすすめ

ブロガー

天保通宝を売るなら買取専門店、特に古銭に強い買取店に持っていくようにしましょう。天保通宝をはじめした古銭や、古美術品などは同じ物でも鑑定する人によって買取価格が変わることが珍しくありません。

それだけ価値を見抜くのが難しいと言え、できるだけ天保通宝に詳しい人に鑑定してもらうのが高額買取のコツになります。

ここがポイント古銭を扱っている買取店を探し、そこからさらに古銭買取の実績が豊富なところを探しましょう。

実績が豊富ということはそれだけ鑑定の腕も確かと考えられるので、相場に照らし合せて適切な買取価格を提示してくれます。

特に母銭など高額での売却が期待できる天保通宝は、損をしないためにも知識と経験が豊富な鑑定士に見てもらうのがポイントです。

まとめ

パソコンをする女性

天保通宝は江戸幕府が鋳造したものだけでなく、各藩が独自に鋳造した密造品も含めてたくさんの種類があります。

種類によって価値が変わるのはもちろん、同じ種類であっても状態や母銭かどうかで価値が変わります。

天保通宝を高く売るためにはまず相場を知り、そのうえでプロに鑑定してもらいましょう。鑑定結果が提示された時、相場を上回る額なら高額買取と言えます。

ここがポイント相場を下回る場合は高額買取ではないので、他のお店に鑑定し直してもらうといった対応も考えるべきでしょう。

いずれにしても天保通宝は、高額買取も期待できる穴銭古銭です。天保通宝を所有していて、自分で持っておくつもりがないなら古銭の買取に強い買取店に鑑定してもらいましょう。

コメントを残す

ページの先頭へ