古銭鑑定団

【知らないと大損】古銭・硬貨を捨てる前に知っておくべき処分方法

色々な種類の小銭
古銭の買取・査定・鑑定

家の掃除や転居、親族の遺品整理をしている時に何やら古そうなお金が見つかって、処分の仕方に困っているという方もいるでしょう。

そのまま捨ててしまうのももったいない気がしますが、実際、処分するならお得に引き取ってもらえる方法をつかうのが一番です。結論からいえば、古銭の専門買取業者に査定を出してみることをおすすめします。

素人目では分からなかったけれど査定すると「とんでもなく価値があった!」という事実が分かり、高額で買取してもらえることも珍しくありません。それは古いお金(古銭や旧札)だけでなく、記念硬貨や印刷ズレなどの現代貨幣も同様です。

この記事では古銭や硬貨のお得な処分方法をご紹介したいと思います。

古銭を捨てるのはもったいない!処分方法を一覧表で比較

まずは古銭の処分方法を一覧表にしたのでご紹介します。

6つの方法を「手軽」「費用」「トラブル」「高価買取」で比較できるようにしています。

【知らないと大損!!】
古銭を処分する『6つの方法』
方法 手軽 費用 トラブル 高価買取
買取業者 なし
リサイクルショップ なし
フリーマーケット × あり ×
ネットオークション あり
銀行・郵便局 × なし 換金
寄付・寄贈 × なし 無料

一般的に、古いお金を手放す時によくつかわれる方法はこの6つと言えるでしょう。

この表から分かる通り、手間ひまの面、出費の面、満足度の面から見ても最も便利なのは「古銭の買取業者」となります。ただ廃品として捨てるのではなく、しっかりとお金にし、なおかつ手間ひまもかかりません。

ここがポイント他の方法では処分するのに費用がかかってしまったり、売却金額が不当といいたくなるような安さになってしまったりと、とても不安定なものばかりです。

あとで詳しく解説しますが、買取業者は出張査定もあって自宅にいるだけで査定してもらえます。それでいて手数料もかかりません。また、古銭のプロが対応してくれるので、本当はとても価値が高いのに見誤った値をつけられるような心配もありません。

少しでも高く売りたい!という方は一度、古銭の買取業者を試してみることをおすすめします。

古銭の処分『6つの方法』 使い方と特徴

4箇所をチェック

先に挙げた古銭の処分方法について「使い方」と「特徴」を中心に詳しく解説したいと思います。

古銭の処分『6つの方法』 使い方と特徴

【古銭の処分➀】古銭の専門買取業者の使い方と特徴

鑑定してもらっている夫婦

古銭の買取業者を利用する方法は以下の3つとなります。

  • 出張買取
  • 店舗買取(持ち込み)
  • 宅配買取(郵送)

ただし、業者によって利用できる査定方法が違います。しかし一般的にいえば買取業者のメリットはやはり出張買取が可能だということです。

出張買取がおすすめ!女性査定員を指名できるサービスもあり

処分したい古銭が大量にあるとき、重い荷物を持ってわざわざ店まで運び込む必要はありません。出張日時を決めて、あとは家で待つだけです。

さらには、女性の方で、男性スタッフを家にあげるのに抵抗があるという場合には女性査定員を指名できる業者もあります。

もちろん査定額に納得いかなければ、買取不成立でも問題ありません。それでも最後まで無料です。

出張買取

古銭を高く売るなら『出張買取』で決まり!メリット・デメリット一覧

古銭を出張買取してもらうメリット・デメリット 出張買取には4つのメリッ……続きを読む

積極的に高額査定をしてくれるのが特徴

最大の特徴は、専門業者であるということです。古銭の知識、査定の経験が豊富なスタッフが正確に査定をしてくれます。10,000円の古銭が素人によって1,000円で買い取られたというような失敗は避けられます。

また、そもそもの話ですが、古銭の専門業者であるため、利益を生むためには古銭を買い取って仕入れなければなりません。

ここがポイント業者間の競争が激しいので自社の評判を高めて「売りたい」という人を増やすためにも、積極的に高額買取を姿勢で対応してくれます。

これと同じ理由から、古銭について何も知らない素人だからといって安く買い叩き、評判を落とすようなまねはしません。

とはいえ、悪徳業者がゼロというわけではありません。心配な方は、あとで紹介する信頼性の高い有名買取業者の利用をおすすめします。

売れない硬貨をゴミとして捨てる時にはどうする?

古銭をゴミとして捨てることは可能です。ただし必ず、本当に価値がないものなのかを査定してから処分した方がいいでしょう。

下手をすれば何十万という高価な古銭を何も知らずにゴミとして出してしまうこともあります。それではかなりもったいないです。

また、お持ちの古銭をネットなどで調べて価値をチェックする方が多いですが、例えば貨幣の発行年が1年違うだけで価値がまったく変わってしまうなど、なかなか素人目では正確に判断するのは難しいです。

そのため独断で査定するかどうかを決めず、とりあえず査定してみるのがいいでしょう。

【古銭の処分②】リサイクルショップの使い方と特徴

宅配買取

町で見かけるリサイクルショップでも、古銭を買い取ってくれるところがあります。最近では出張買取サービスをする店も増えてきましたが、主流はまだ持ち込みだといえるでしょう。

リサイクルショップでの古銭の処分のメリットは、古銭以外のものも一緒に買取に出すことができるという点です洋服やCD、家電など家の整理で不要になったものなどもまとめて処分することができます。

ただ、高額買取の期待値は低めになってしまいます。というのも、リサイクルショップに一度でも足を運んだことのある方ならお分かりのように、そこで働く方たちは古銭をよく知る専門スタッフではありません。

もちろん、まったく出鱈目に査定するのではなく、査定のノウハウはあるのでしょうが、買取専門業者のような精度はないでしょう。

古銭買取

リサイクルショップで古銭を買取ってもらうメリット・デメリット!

リサイクルショップで古銭を売る流れ では、リサイクルショップで古銭を売……続きを読む

【古銭の処分③】フリーマーケットの使い方と特徴

メモを取る作業員

フリーマーケットで古銭を出品するという方法はリサイクルショップと同様、古銭以外の処分したいものも一緒に売ることが可能です。

ただし売れ残る可能性もありますし、そのうえ、フリマの参加費用が必要なところもあって出費がかかってしまうこともあります。

フリマでは一般的に買い手が安く買い叩こうとするものなので損することが前提となります。わざわざ出かけてお金をかけて処分するこの方法はあまりおすすめできません。

【古銭の処分④】ネットオークションの使い方と特徴

スマホで買取店を調べる女性

最近、ネットオークションで様々なものが売り買いされており、古銭がオークションに出されているのもよく見かけます。

オークションに出品するためにはまずネットオークションサイトに登録する必要があります。その後にも、商品の写真を撮影し、商品説明を詳細に記述し、オークション開始金額や期間を設定して…という流れになります。正直、処分方法のなかでもかなり労力がかかってしまうものになります。

メリットは古銭のコレクターによって高値で落札してもらえる可能性があるということですが、もちろん全ての古銭に当てはまるわけではありません。買い手が見つからなかったり、安く落札されることも普通にあります。

また、出品者も入札者もお互いに素人ですから、クレームされたり、古銭を発送しても代金が入金されなかったりといったトラブルが起きる可能性もあります。

スマホでオークションをする女性

メルカリ&オークションで古銭出品はトラブル多発?メリデメまとめ!

メルカリで古銭を出品するメリット・デメリット メルカリで古銭を出品した……続きを読む

【古銭の処分⑤】銀行・郵便局

銀行の看板

古銭を銀行・郵便局で両替することは可能です。ただし、一部の古いお金は交換できない場合もあります。記念硬貨については交換可能です。

銀行だと両替・交換する枚数次第では手数料がかかってしまいます。手数料の額については銀行によって異なりますが、1枚から手数料がかかる場合もあります。

また、金額については額面通りにかしかならず、買取と比べた場合には損をしやすくなります。

銀行の看板

古銭を銀行に交換・両替するのは大損?実は買取査定がおすすめです!

銀行で古銭の両替をおすすめしない理由 古銭は今でも使えるものとそうでな……続きを読む

【古銭の処分⑥】寄付・寄贈

出張買取

古銭を寄付や寄贈するという処分方法もありますが、これも案外に手間がかかります。

第一に、寄贈先の団体を探さなければなりません。寄付を受け付けているかどうか、寄付の可能な条件、手続き方法など、いちいち調べなくてはならないので面倒になります。

例えば歴史的、文化的にとても貴重で価値の高い古銭であるなら喜んで引き取ってもらえるかもしれませんが、すべての古銭がそうであるわけではありません。それに、もしそういうレアな古銭であるなら、買取に出すとかなりの高額査定が期待できます。

【古銭の失敗しない売り方】おススメの古銭専門買取業者を紹介

ポイントと書かれた紙を指差す

古銭の6つの処分の仕方では圧倒的に「買取業者」がおすすめだという話をしました。その話のなかでも触れましたが、買取業者を利用するにあたって「価値が高いものでも安く買い叩かれないか?」と心配する方もいるでしょう。

査定員は古銭の専門家であり、こちらはまったくの素人。ドラマなどのイメージでしょうか、こういう査定で専門家が素人を騙すというような場面を思い浮かべる方もいるでしょう。

しかし、競争の激しい買取業界のなかで、健全な業者は信用性やユーザーの満足度を第一にサービスを行って運営されています。そもそも、そういう資本のある大きな業者であれば、悪徳な交渉などする必要もありません。

むしろ、評判を良くして「たくさんの人に自社で売ってもらいたい」という意識が強いため、どのお客様に対しても積極的に査定しようとする傾向があります。

ここが注意

注意が必要なのは古銭の買取業者のなかにも、少なからず悪徳業者が存在するということです。そのため、最後に信頼性が高く査定の評判の良いおススメ買取業者をご紹介したいと思います。

1位:バイセル(旧:スピード買取.jp)

バイセル

買取方法 店頭・出張・宅配
買取対応エリア 国内全域対応(離島は除く)
手数料 完全無料
特色 スピード対応・納得価格
特色 公式サイトはこちら

CMでおなじみの『バイセル』。業界トップクラスの古銭買取業者です。

『バイセル』の最も際立った特徴はその「速さ」。出張査定では申し込みをしてから最短30分で訪問してくれます。売り手に負担をかけないサービスにこだわっています。

また、古銭以外にも着物やブランド品をはじめ、切手や骨董なども買取の対象です。自宅の整理がてら古銭と合わせて査定してもらうのもおすすめです。

手続きの時間と手間を省きたい方におすすめ

受付は24時間対応しており、出張サービスもあります。専門性の高い査定員が対応してくれるので、正確な査定のに加えて、スピード感のある買い取りをしてくれるのが特徴。

保存が悪い(キズ・錆)状態で買取不可か心配な方におすすめ

他店では値がつかなかったものや状態の悪いものでも、積極的に査定してくれます。

売り手が価値を判断するのは難しいので「これ、買い取ってくれるのかな?」と思う品があれば一度、相談窓口から問い合わせてみるのもいいでしょう。親切に対応してくれます。

2位:福ちゃん

ふくちゃん

買取方法 店頭・出張・宅配
買取対応エリア 国内全域対応
手数料 完全無料
特色 買取実績200万点
特色 公式サイトはこちら

買取業界大手の『福ちゃん』。

買取実績数も多く、専門知識・鑑定力の高さも保証されています。今ならお得な、高価買取キャンペーン実施中です。

実績に裏打ちされた査定を望む方におすすめ

古銭や着物、骨董品等、現在、買取実績200万点を突破しているため、査定員の経験も豊富。「確実に査定してもえるのか不安」という方は安心して買取を任せられます。

“買取サービスが心配・不安だ”という方におすすめ

古銭の買取に慣れた売り手はそれほど多くはないでしょう。『福ちゃん』では「お客様ひとりひとりに合ったサービス」を追求しているので、電話相談から査定にいたるまで丁寧なやり取りを重ねることができます。

買取手続きの際、疑問点や納得のいかない点を一つずつきちんと解消したいという方にぴったりです。

買取キャンペーン実施中

現在、買取金額最大20%アップのキャンペーンが行われています。この機会にぜひチェックしてみてください。

3位:買取プレミアム

買取プレミアム

買取方法 店頭・出張・宅配
買取対応エリア 国内全域対応
手数料 完全無料
特色 高価買取・女性査定員指名サービス
特色 公式サイトはこちら

利用者の満足度の高さで好評な『買取プレミアム』。

「女性査定員指名サービス」といった痒い所に手が届くサービスも提供しています。毎月10,000件以上という問い合わせの多さにも頷けます。

高価買取を期待する方におすすめ

経験豊富な査定員が査定してくれます。所有する古銭がそれなりの値がつきそうだから正確に高値で買い取ってもらいたい。

あるいは、価格が期待できなさそうな品だけどなるべく高い価格をつけてほしい。そのような方々の期待に応えてくれるという評判です。

一人暮らしの女性におすすめ

たとえ信頼できる店であっても、男性の査定員を自宅にあげるのはなるべく避けたい方には「女性査定員指名サービス」というものが使えます。(※バイセルも同様)

そういった細かなサービスを提供している会社なので、買取全体を通して親切で頼りになること間違いなしです。

まとめ

色々な種類の小銭

この記事では古銭や硬貨のお得な処分方法をご紹介しました。

6つの方法として「買取業者」「リサイクルショップ」「フリーマーケット」「ネットオークション」「銀行・郵便局」「寄付・寄贈」を比較し、その使い方と特徴について解説しました。

手軽さ、費用、トラブル、高価買取の4つの面で比較したとき、最も良い処分方法は「買取業者」だといえます。

コメントを残す

ページの先頭へ