古銭鑑定団

【保存版】海外金貨・硬貨の種類一覧!買取価格・価値・相場まとめ

お金の計算
古銭の種類

海外金貨とか海外硬貨は、少し前まではコレクターからの人気が非常に高くなっていました。しかし海外金貨や硬貨の収集ブームが過ぎると、買取価格は少しずつ減少しています。買取価格相場というのは、その時々で変化するものです。

特に何か国際的に大きな行事があるときには、価格が上昇することがあります。東京オリンピックが近くなってきているため、海外金貨や硬貨に注目が集まっています。古銭収集家達がオリンピック関係の金貨や、硬貨などを集めようとしているのです。

そのトレンドに関連して、オリンピック以外の硬貨にも関心が集まっていますよ。自宅を整理していて海外金貨や硬貨が見つかったときには、今のうちに売却するのが良いかも知れません。

海外金貨・硬貨ってどんな貨幣?

海外のコイン

海外金貨や硬貨は、日本以外の国で発行されたコインのことを表します。まだ現役で流通していたり発行されていたりするものもあれば、すでに発行されていないものもあります。

ここがポイント古銭と呼ばれるかなり古いコインなども存在しており、中には数百万円で取引されているものもあるのです。

それぞれの国の造幣局が発行しているものや、国を挙げてのイベントの際に発行されたものがあります。日本でも幾つもの海外金貨が取引されていますが、海外造幣局が発行している地金型金貨が人気です。

地金型金貨の方が、投資をするために有効なので評価されているのです。純金で作られているコインなどは、特に評判が良くなっています。コレクション用の記念海外硬貨は、収集用のために一部のマニアに人気です。

海外金貨・硬貨の価値と買取相場は?

グラフ

海外金貨や硬貨には、高い価値があります。例えば地金型金貨は、実際に素材が純金のためにわかりやすい価値があります。さらに古い歴史がある金貨だったり、流通枚数が少なかったりすると付加価値が付き、もっと価値は上がります。

金貨によっては毎年発行されていて、色々なデザインやバリエーションがある物があります。コレクター達によっては、全種類を集めたくなるような仕組みがあるのです。その中でも珍しい特徴の金貨や硬貨などは、価格が高くなることがありますよ。

ウィーン金貨は毎年発行されていますが、2004年に発行されたものは数千万円の値が付くほどの価値があります。買取相場がここまで高くなる金貨は珍しいですが、それ以外の金貨や硬貨はコインの状態や付属品によって価格が変わってきます。

海外金貨・硬貨一覧と相場情報

海外で発行された金貨と硬貨の相場情報を見ていきましょう。

アメリカ金貨

コインとお札

アメリカで発行されている金貨には、どんなものがあるでしょうか。

  • バッファロー金貨
  • イーグル金貨
  • インディアン金貨

バッファロー金貨は、今より10年くらい前に発行されていた金貨です。額面価格は50ドルですが、ものによっては30万円前後で取引されています。表面にはインディアンの図柄があり、裏面にはバッファローが描かれています。

金相場と連動して、価格が変動していきます。イーグル金貨は自由の女神があしらわれているアメリカを、象徴するような金貨です。販売価格と記念コインマーケットでの価格差が大きいので、投資家達からも人気のある金貨です。

インディアン金貨は1900年代初期に発行された歴史ある金貨です。アメリカ先住民の文化を感じられるデザインとなっています。

虫眼鏡

『アメリカコイン&記念コイン』の買取価格相場【まとめ】

『アメリカコイン&記念コイン』とは? アメリカの硬貨には大きく分けて2……続きを読む

カナダ金貨

コインを数える

カナダ金貨は信頼性が高く、売却しやすい金貨です。金貨愛好家だけでなく、投資家達からも評価されている金貨にはどのような種類があるのでしょうか。

  • メープルルーフ金貨
  • カナダ100ドル金貨

メープルルーフ金貨は珍しい金貨では無く、流通量も多いのですが、資産として購入する人が多い金貨です。

図柄のデザインが美しいために、1つの芸術品としてコレクションする人もいます。カナダを象徴するサトウカエデが、あしらわれている美しいコインです。

カナダ100ドル金貨は1976年から毎年発行されていて、その年々の出来事やカナダの自然に関係した図柄が採用されています。発行された年によって、大きさや金の純度が違うので、売るときや購入の際には気を付けなくてはなりません。

PCで調べる女性

カナダコイン&記念コイン買取価格相場【まとめ】

『カナダコイン&記念コイン』とは? カナダコインは世界の色々なコインの……続きを読む

その他の国の金貨

お金と電卓

北米以外でも、金貨は発行されています。どのような国で金貨は発行されているか知っておくと良いでしょう。

  • イギリス
  • オーストラリア
  • 南アフリカ共和国
  • オーストリア
  • フランス

フランスの金貨では、ナポレオン金貨が人気です。1800年代に発行されていて、数万円で取引されています。アルベールビルオリンピックの金貨などは、これから東京オリンピックが近くなってきたら、人気が出てくるかも知れません。

ここがポイントオーストリアの金貨は、クラシックの聖地らしくウィーンフィルハーモニー管弦楽団を描いた金貨となっています。

管楽器なども描かれていて、見ているだけで美しいコインです。イギリスのヴィクトリア女王の在位を記念して発行されたコインは、100万円近い買取価格が付くこともあります。

特に希少価値のある外国コインと買取価格

ビジネスマン

海外金貨や硬貨の中でも、特に希少価値のある外国コインはどのようなものですか。

  • 2009年ウルトラハイリリーフ金貨
  • 1939年ヴィクトリア ウナとライオン5ポンド金貨

1939年ヴィクトリア ウナとライオン5ポンド金貨は、発行枚数自体が少なかったために希少価値があります。オークションで売られたときには、1500万円以上の買取価格がつきました。

ここがポイント2009年ウルトラハイリリーフ金貨は、アメリカで1年間だけ発行された金貨です。

アメリカはもう金貨を作っていないですし、当時発行されたときには購入制限もされたために、希少価値が高くなっているコインです。

初期に出荷されたものなどは、買取価格が非常に高くなっています。似たような種類の金貨や硬貨であっても、発行された年によって買取価格は変わってきます。

海外金貨・硬貨を高く売る方法と注意点

検索する男性

海外金貨や硬貨を高く売るときには専門家に査定をしてもらうのが、高く売るのにベストな方法でしょう。種類が膨大な海外金貨や硬貨を、確かな経験と技術で査定出来る専門業者に売るようにして下さい。

ここが注意

査定をしてもらうときに注意したいのは、コインを磨いたり洗ったりしないことです。ト

キレイなコインの方が良いだろうと思っても、磨いたりしてしまうと価値が下がってしまいます。歯磨き粉やタバスコなどで洗うとキレイになりますが、古銭の場合は汚れやさびが味として評価されます。

コインの収集家達は、長い歴史の中で付いた汚れにノスタルジーを感じることがあるので、高く売りたいときにはクリーニングしてはいけません。売る前に保存しておくときには、専用のペーパーホルダーなどに入れておきましょう。

海外金貨・硬貨売るなら買取専門店がおすすめ

PC

買取専門店は、海外金貨や硬貨を正しく査定してくれます。相場の価格を把握しているので、適正価格で買取ってくれるのです。

ここが注意

こちらは素人なので、自分のコインの適正価格がわかりません。業者によっては足下を見て、安い価格で買いたたこうとすることがあります。

しかし口コミなどの評判が良い買取専門店は、信用を大切にするために正直な査定価格を提示してくれます。最終的な価格の内訳なども、説明してくれるので安心でしょう。海外金貨や硬貨は、ケースなどの付属品や鑑定書の有無で価格が変わってきます。

自分ではケースなんて、あっても無くても良いだろうと思うかもしれません。しかし査定の時に見せると、価格がアップすることがあります。買取専門店であれば付属品をプラス査定してくれます。

【補足】外国コインを両替する

PC

海外金貨や硬貨はお金としての価値もあるために、両替をすることが可能です。実はこれまで銀行で、海外コインの両替をすることは不可能でした。

しかし、最近は外国人観光客が増えていますし、政府も観光に力を入れているので、徐々に両替が可能になってきています。

空港やホテルなど外国人観光客が集中する場所に、海外のコインを電子マネーやギフト券に交換出来る設備が設置されています。使い道のない外国コインを持っているときなどは、この設備を使って両替するのが良いかも知れません。

ここがポイント両替ではないですが、外国コインを募金することも出来ます。ユニセフに募金する方法がいくつかあります。空港などに設置されている募金箱に寄付する方法か、家から郵送で寄付をする方法です。

まとめ

アイパッド

海外金貨や硬貨は収集家達だけでは無く、投資家からも注目されています。金の純度が高いものは特に高値が付く傾向があり、資産運用のためにも評価されています。カナダの金貨などは信頼性が高いので、初めて購入するのには良いでしょう。

自分の持っている海外金貨や硬貨が、カナダのものであれば高値で売れますから、価値を正確に査定してくれる買取専門店を利用して下さい。古い外国コインの中には、非常に希少価値が高い効果があります。

数百万円から数千万円という価格が付くものもありますので、必ず放っておかずに査定をしてもらうことをおすすめします。売る気が無いときには、両替をしたり寄付をしたりすることも出来ます。

ここが注意

査定をしてもらう際に、クリーニングをする必要が無いことを覚えておいて下さい。

コメントを残す

ページの先頭へ