古銭鑑定団

『アメリカコイン&記念コイン』の買取価格相場【まとめ】

虫眼鏡
古銭の種類

日本と同じようにアメリカでも、通貨として硬貨、コインを使っています。独立以来さまざまなコインが作られ、今では使われていないコインもありますが、そんなアメリカコインがコレクターの間で人気です。

中には高い値で売れるものもあるのですが、その買取価格の相場はどのくらいなのでしょうか?相場を知っておくと持っているアメリカコインを高く売れるチャンスも増えるため、非常に重要な情報になります。

ここではアメリカコインの種類をはじめとして、相場の情報も合わせて紹介します。

『アメリカコイン&記念コイン』とは?

海外のコイン

アメリカの硬貨には大きく分けて2つの種類があります。それが以下の2つです。

  • アメリカコイン
  • 記念コイン

どちらもコインという点では同じですが、細かい違いを見ていきましょう。

まずアメリカコインですが、これはアメリカ合衆国が発行する硬貨の総称で、日常生活などでお金として使われる、ごく一般的な硬貨のことです。

ここがポイント1793年にアメリカが独立してから作られたコインで、中にはプレミア的な価値を持つ珍しいものもあります。

一方記念コインは、文字通り何かを記念して作られたコインで、最初からコレクション目的で作られる特別なコインです。

記念コインには以下のようなものがあります。

  • 大統領が描かれたコイン
  • ファーストレディが描かれたコイン
  • 各州が描かれたコイン

収集目的やプレゼント目的で作られているため、買取相場も高くなることが多いのが特徴です。

アメリカコインの価値と買取相場は?

お金と電卓

アメリカコインには記念コインも含めると実にさまざまな種類がありますが、そのすべての価値が高いわけではありません。

やはり珍しいものほど価値が高く、逆に広く流通していて、誰でも簡単に手に入れられるものは価値が下がります。

そのため買取相場も各コインによってバラバラで、数百円程度のものもあれば、中には10万円以上の値が付くものもあります。

ここがポイント高いものだと20万円近いコインもあり、コインの種類によっては硬貨としての価値を大きく超えることもあるのです。

もしアメリカコインをお持ちの場合、そのコインにどのくらいの価値があるのかは鑑定・査定してもらわないとわかりません。

まずは専門家に見てもらっていくらで売れるのかをチェックしましょう。同時に各コインの買取相場を調べておくのがおすすめです。

アメリカ記念コイン一覧と相場情報

アメリカ記念コイン一覧と相場情報を紹介していきます。

ファーストレディ 10ドル金貨

ファーストレディ 時代 平成時代/2007年
価値 A
相場 100,000~499,999円
素材
画像出典 ウルトラバイヤー

ファーストレディとは大統領夫人のことで、大統領を支える女性たちを讃えて発行された記念コインの1つです。ファーストスパウズ金貨と呼ばれることもあり、どちらの呼び方でも同じ記念コインを指します。

コレクターに人気が高いのも特徴で、しかも発行枚数がそれほど多くないので希少価値も高くなっています。

ここがポイント一般に流通するためのものや、投資用のものに種類がわかれていて、種類によって価値が変わるのも特徴となります。

いずれにしても非常に高い価値があるとされ、買取相場も10万円から50万円ほどと、安くても10万円の値が付くケースが多いコインです。

高額買取が可能という点では非常に魅力的で、不要なら買取店に持っていって売るのもいいでしょう。

大統領1ドル硬貨

大統領 時代 平成時代/2007年
価値 C
相場 1~499円
素材 銅・ニッケル・亜鉛
画像出典 ウルトラバイヤー

2007年から2016年にかけて、過去の歴代大統領を描いて発行された記念コインです。

存命中の大統領は対象になっていないので、すでに亡くなっている歴代大統領だけがコインになっています。たとえば初代大統領の、ジョージ・ワシントンなどです。

このコインに使われている素材は以下の通りです。

  • ニッケル
  • 亜鉛

などで、素材の価値はそれほど高くありません。また、2012年以降は一般流通を目的としておらず、最初からコレクターのために発行されているので、買取相場は現在のところそれほど高くありません。

そもそもコレクターしか入手しようと思わないので、十分な供給がされているわけです。

具体的な買取相場は500円ほどです。今後価値が上がるかどうかがポイントでしょう。

50州25セント硬貨

50州25セント硬貨 時代 平成/1999年
価値 C
相場 1~499円
素材 銅・ニッケル
画像出典 wiki「50州25セント硬貨」

アメリカの50の州をモチーフに発行された記念コインで、State Quartersという愛称でも呼ばれています。50州25セント硬貨プログラムという計画で発行されたコインです。

コレクターとしては基本の記念コインとも言え、50種類すべて集めてプレゼントするのが一般的です。

ここがポイント50もの種類があるのが最大の特徴で、種類によっても買取相場は変わってきます。

安いものだと相場は500円程度ですが、種類によっては相場を超える可能性もあります。価値の高い種類を持っているかどうかが重要です。

種類が多く、それぞれで価値が変わるので専門家にしっかり見てもらうことが必要で、50州25セント硬貨を何種類か持っているなら、まずは買取店などで調べてもらいましょう。

パナマパシフィック金貨

画像なし 時代 不明
価値 S
相場 高額
素材
画像出典 なし

パナマパシフィック金貨は、ある2つのことを記念して発行されたコインです。その記念というのが以下の2つです。

  • パナマ運河開通
  • 太平洋発見400周年

いわゆる記念コインの1つで、50ドル硬貨をはじめ1ドル硬貨や50セント硬貨、2.5ドルイーグル硬貨などがあります。

中でも50ドル硬貨は世界中で高額取引されていて、日本での買取価格にも期待が持てます。

50ドル硬貨は八角形と丸形の2種類が存在し、丸形は発行枚数が500枚にも満たないため高い希少価値を持っています。

リバティコイン

画像なし 時代 1916年
価値 不明
相場 499~6,999円
素材 不明
画像出典 なし

リバティコインは自由の女神が描かれているコインで、以下の種類が存在しています。

  • 1ドル硬貨
  • 50セント硬貨
  • 25セント硬貨
  • 10セント硬貨
  • 5セント硬貨

これらの他にも1849年から1907年にかけて流通していたリバティ金貨があり、こちらは発行枚数がとても少ないため、プレミアと呼べるほどの高い価値があります。

中でも1882に年発行されているリバティ金貨は発行枚数が571枚だけとなっており、買取価格もかなり高額になるようです。

それ以外のリバティコインは相場も特に決まっておらず、バラバラです。ですので買取店で査定してもらうのが、相場を知るには手っ取り早く大切です。

アメリカコイン・金貨一覧と相場情報

アメリカコイン・金貨一覧と相場情報を紹介していきます。

ケネディコイン

ケネディコイン 時代 1964年~
価値 D
相場 100~1,000円
素材
画像出典 wiki「50セント硬貨」

ケネディコインはアメリカで使われる50セント硬貨の通称で、日本でも有名なジョン・F・ケネディがデザインに使われています。

1964年からこのデザインとなり、今でもアメリカ国内で使われている通貨です。

ここがポイント買取価格の相場は発行された時期によって違い、発行初年度となる1964年のケネディコインは高い価値を持っています。

初年度というのも理由の1つですが、当時のケネディコインは素材に銀を使っていて、単純に銀としての価値もあるのが高額買取される理由です。

他の年のケネディコインの買取相場はせいぜい数百円といったところですが、1964年のものなら1,000円程度で売れることもあります。

いずれにしても流通量が多いので数万円単位の高額買取は難しいのが現状です。

イーグル金貨

イーグル金貨 時代 昭和時代/1986年
価値 D
相場 100,000~499,999円
素材
画像出典 wiki「イーグル金貨」

イーグル金貨は、地金型金貨の総称です。もともとは10ドル金貨をのことを指す言葉でした。

しかし、1986年からは地金型金貨すべてをイーグル金貨と呼ぶようになっています。イーグル金貨の種類は以下の通りです。

  • 5ドル硬貨
  • 10ドル硬貨
  • 25ドル硬貨
  • 50ドル硬貨

4つの硬貨でそれぞれ重さが違い、重い硬貨ほど額面が高くなるように作られています。

イーグル金貨には金が使われていて、硬貨としてというよりは、金として扱われる傾向も強いのが特徴です。そのため金の相場によって価値が変わります。

イーグル金貨の買取を考える時は、硬貨そのものの相場よりも、地金の相場をチェックするのがいいでしょう。地金の相場によってイーグル金貨の買取価格も変動します。

セントゴーデンズ金貨

画像なし 時代 1907~1933年
価値 不明
相場 10,000~999,999円
素材
画像出典 なし

1907年から1933年の間に発行された、20ドル金貨のことを指します。

現在では発行開始から100年以上が経過し、美しいデザインもあってコレクター人気の高い金貨の1つです。特にそのデザイン性の高さは特筆すべきものがあります。

これは当時の大統領であるルーズベルトが、世界一美しい金貨を目指して彫刻家のセントゴーデンズにデザインを依頼しているからです。

ここがポイント金貨の名前にもセントゴーデンズが使われています。

買取相場も高く、安くても数万円ほど高いものなら数十万円から数百万円という驚きの値段で取引されています。

それだけ珍しいコインなので持っている人も少ないのですが、もし所有しているなら高額での買取も期待できます。

インディアン金貨

インディアン金貨 時代 明治時代/1901年
価値 A
相場 100,000~499,999円
素材
画像出典 wiki「イーグル金貨」

インディアンヘッドとも呼ばれていて、表面にインディアンの顔が、裏面には鷲が描かれているのが特徴的です。

ここが注意

インディアン金貨には偽物も多く、偽物はやはり本物と比べて質が落ちるので、鑑定の際には注意しましょう。

本物の買取価格は非常に高く、相場としては6万円前後くらいになるでしょう。

また、過去の買取例では60万円もの値段が付いたこともあり、高額で取引されるアメリカコインの1つです。価値の高いものだからこそ、正確な鑑定をしてもらうことが重要です。

バッファロー金貨

バッファロー金貨 時代 平成時代/2006年
価値 A
相場 100,000円~499,999円
素材
画像出典 wiki「バッファロー金貨」

アメリカが初めて発行した純金貨で、金で作られていますので金の相場によって価値が大きく変動します。

いわゆる地金型金貨と呼ばれるもので、金としての投資価値があるのも特徴になるでしょう。金相場によっては高額買取が可能です。

買取相場は1オンス13万円前後で、金の相場によってはさらに高い値で売れる可能性もあります。

ここがポイントアメリカコインとしてよりも、単純に金としての価値が高いと言ってもいいかもしれません。コインの裏面にバッファローが描かれています。

コロネットヘッド金貨

画像なし 時代 1849年~1907年
価値 B
相場 10,000~数十万円
素材
画像出典 なし

コロネットヘッドタイプと呼ばれる金貨で、発行された期間が大きく分けて初期、中期、後期の3つの時期に分かれます。

買取相場も時期によって変わるので、どの時期に作られたものかがとても重要になります。

初期のものはとても価値が高く、相場も数十万円ほどですが、後期のものになると相場もぐっと落ちて1万円ほどです。

ここがポイント時期の古いものほど高く売れると考えておけばいいでしょう。後期に発行されたものは数も多く、どうしても価値が下がってしまいます。

アメリカコインを売却する時に注意すること

コインを数える

お持ちのアメリカコインを高く売るためには、いくつか注意したい点もあります。たとえば、未開封品や未使用品はそれだけで買取価格がアップするという点です。

箱に入っていたり、証明書などが付属されたアメリカコインは未開封のまま売れば高くなるわけです。

ただし、アンティークなコインに関しては未使用のケースはほぼないため、買取価格にも大きな影響を与えません。

ここが注意

未開封や未使用で価値が上がるのは、発行された時期が比較的最近のものに限られます。

箱や説明書、証明書などはコレクターとして大事なアイテムで、これらがしっかり揃っていれば買取価格のアップが期待できます。

コインだけではなく、付属品も持っているなら大切に保管しておき、買取時に一緒に出しましょう。

また、古いコインだと汚れが付いていたりして、買取に出す前に綺麗にしておこうと思うものですが、汚れや傷はそのままでかまいません。

ここがポイント汚れを落とそうとするとコインが変色したりして、価値が落ちる可能性があるからです。保存されていたそのままの状態で買取店に持ち込みましょう。

アメリカコイン高価買取の3つのポイント

コインとお札

では改めてアメリカコイン高額買取のためのポイントを3つ紹介します。

先程の項目と被っている部分もありますが、アメリカコインを高く売るためにとても重要なポイントとなります。しっかり抑えておきましょう。

  1. 付属品や鑑定書は必ずセットで売りに出すこと
  2. コインアルバムなどはセットで持ち込み売りに出すこと
  3. 汚れていても洗ったりせず、そのままの状態にしておくことです。

これら3つのポイントに気を付けておけば、お持ちのアメリカコインを最大限高い値段で売れるようになります。

ちょっとしたことで価値が大きく落ちてしまうこともあるので、基本的には特に手を入れず、そのままの状態で鑑定してもらうことが大切です。

アメリカコイン売るなら買取専門店がおすすめ

メモを見る女性

アメリカコインを売るのなら、買取専門店に持ち込むのが理想です。買取専門店なら幅広い商品を扱っていて、アメリカコインのその1つに該当します。

しかも買取専門店ということで専門のスタッフが正確に価値を鑑定してくれます。

また可能なら、各買取店の買取実績もチェックしましょう。アメリカコインの買取実績が豊富なお店は、それだけ知識を持っている証です。

ここがポイント珍しいコインや古いコインでも価値を正確に判断し、適切な買取価格を提示してくれます。

この他にも出張買取が可能かどうかなど、サービス内容についてもチェックしながら買取店選びをすれば、失敗することもなくなるでしょう。

こうした点に気を付けながら買取店選びをすれば、より高くアメリカコインを売ることも可能です。

まとめ

パソコンをする女性

アメリカコインにたくさんの種類があり、種類によって買取価格の相場も違います。中には高い価値を持っていて、数万円、数十万円で売れる可能性を持つものも存在します。

不要なアメリカコインがあるなら、買取店で査定してもらいましょう。

買取店選びをする時は、買取専門店に絞り、その中から買取実績が豊富なお店や、店頭買取だけでなく出張買取もしてくれるお店を選ぶようにしましょう。

ここがポイント実績が豊富なお店なら査定にも期待できますし、出張買取が可能なら自宅に査定に来てもらえます。

コインと一緒に付属品が付いている時は必ずセットで査定してもらい、コインの汚れや傷はそのままにしておきましょう。手入れをしようとするとかえって価値が落ちてしまう危険があります。

コメントを残す

ページの先頭へ