古銭鑑定団

【保存版】銀貨・銅貨の種類一覧!買取価格・価値・平均相場まとめ

古銭
古銭の種類

銀貨・銅貨は非常に多くの種類が市場に出回っています。また家の蔵を片付けたら大量の銀貨・銅貨が出てきた、なんて事もよく聞きます。昔の貨幣ですから、当然今はお金としての価値はありません。

ですが歴史的価値があるもの、市場に出回る事が少ない稀少価値の高いものもあります。中にはほとんど価値が無いものまであります。見た目は同じものでも、製造年数によって何十倍、何百倍にも買取相場が高くなる事もあります。

一方でレプリカや、偽物も出回っているものもあるでしょう。銀貨・銅貨そのものも非常に多くの種類がありますが、製造年、状態、そして偽物も含めたら、数え切れないくらいになります。ですので、まずは銀貨・銅貨の種類や価値を知っておきましょう。

銀貨・銅貨ってどんな貨幣?

世界のお金

銀貨とは銀を主原料にして作られた貨幣で、銅貨は銅を主原料として作られた貨幣の総称です。歴史的にも非常に古いものもあり、日本では奈良時代から作られており、時代背景もわかる貴重なお金になります。

銀貨・銅貨と聞くと金貨よりも劣る貨幣と思われがちです。確かに製造した時点ではそうかも知れませんが、銀貨・銅貨はさまざまな種類があり、モノによっては金貨よりも稀少価値が高まっているものもあります。

明治時代以降に作られた貨幣のことを近代貨幣と呼んでいますが、近代貨幣でも作られた年代によっては稀少価値が高いものもたくさんあります。ただ銀貨・銅貨は非常に種類が豊富で、レプリカや贋作もあるので見極めが難しい古銭でもあります。

銀貨・銅貨の価値と買取相場は?

鑑定してもらっている夫婦

銀貨・銅貨は種類が豊富にあり、その価値もまちまちです。比較的多くの人が持っているものもあれば、歴史的価値が高い物、流通数が少なく買取相場が跳ね上がっているもの等いろいろあります。

高く買取されている銀貨・銅貨の一部を紹介します。

和同開珎 1万円~100万円
寛永通宝 1万円~35万円
明治13年竜50銭銀貨・20銭銀貨 200万円以上
明治8年浅彫新1円銀貨 100万円以上
大正8年八咫烏50銭銀貨 100万円以上

銀貨・銅貨でも製造年数や状態によって買取相場は大きく変動します。

ここがポイントちなみに明治13年の50銭銀貨は200万円以上になりますが、他の年なら2,000円程度になることもあります。

銀貨・銅貨の価値と買取相場は、専門家にしっかり見てもらわないとわからないでしょう。

【種類別】銀貨・銅貨一覧と相場情報

銀貨と銅貨の買取相場はどれくらいなのか見ていきましょう。

銀貨

竜銀貨
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の銀貨)

銀貨は銀を主原料として作られた貨幣の事を言います。銀貨は日本だけでなく海外にもたくさん発行されています。

銀貨は銀の取引相場を基準にして、買取価格が決まるものもありますが、古銭の銀貨のほとんどは銀ではなく銀貨そのものの価値によって決まります。

ここが注意

銀貨の価値を知らないと、悪徳買取業者などに銀の取引相場で安く買取される恐れもあります。

銀貨によっては1枚で100万円から200万円で取引されているものもあります。ですので、専門家にしっかり査定してもらうのが良いでしょう。

日本の銀貨

古銭『銀貨』の種類一覧!買取価格・価値・相場【まとめ 】

銀貨とは?どのような種類がある? [caption id="attachmen……続きを読む

銅貨

たくさんの銅貨

銅貨はその名の通り銅を素材として作られた貨幣の事を言います。古くは和同開珎が有名です。現代では銅貨というと10円硬貨を思い出すかも知れませんが、実はアルミニウム製の1円硬貨以外はすべて銅を主原料とした銅貨に分類されます。

日本では和同開珎の時代から銅貨があり、江戸時代では寛永通宝という銅貨も有名です。ただ一般的に市場に出回っているのは明治以降の銅貨です。価値のある銅貨はコチラです。

和同開珎 日本で最初の流通通貨で、デザインによって100万円以上も
富士銭 和同開珎よりも古いという説もあり、現存数が極めて少ない
寛永通宝 約1000種類あるといわれ、高いもので30万円以上
一厘銅貨 発行枚数が少ない年代やエラーコインが高額に

種類も豊富にあり、数百円の価値の銅貨もあれば、数千円の価値があるも物もあります。

たくさんの銅貨

古銭『銅貨』の種類一覧!買取価格・価値・平均相場【まとめ】

銅貨とは? 銅貨は銅で作られた貨幣ですが、主原料が銅である合金であるこ……続きを読む

貿易銀

貿易銀
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の銀貨)

貿易銀とは、貿易取引専用に作られた大型の銀貨であり、日本では明治4年に発行された1円銀貨が最初です。貿易銀として表記されているものは明治8年から11年までの4年間発行されたものです。

貿易銀は貿易のためだけに使われた銀貨であるため、日本で現存するものは少なく稀少価値が高まっています。特に流通数が少ない明治10年の貿易銀は特に稀少価値が高く、10万円以上で取引されているようです。

ただし貿易銀は稀少価値が高いこともあり、レプリカや偽物も多く出回っています。そのため、貿易銀を売るなら専門家にしっかり真贋を確かめてもらう必要があります。また外国でも貿易銀は発行されていますが、日本の貿易銀ほどの価値はないようです。

アメリカ銀貨

古銭『貿易銀』の種類一覧!買取価格・平均相場・価値【まとめ】

貿易銀とは?価値は高い? [caption id="attachment_52……続きを読む

その他の素材の貨幣

お金

貨幣には金や銀、銅以外の素材を主原料としているものがあります。現代の貨幣で言えばアルミニウム製の1円硬貨がそれにあたります。古銭にはそれ以外にもニッケル貨、錫貨、アルミ青銅貨などがあります。

1円硬貨を見ても分かるように素材自体の価値は決して高いものではありません。

そのため、一般的な買取相場は50円程度のものが多いですが、状態の良い物や流通枚数が少ない物など稀少価値が高い貨幣は、意外な高価格になる事もあります。

銀判(古銭)を高く売るコツと注意点

ポイントと書かれた紙を指差す

銀判(古銭)を高く売るコツとしては、その価値をよく分かっている人に売ることです。古銭は素材そのものの価値としては、純銀以外は決して高くはありません。ですが古銭は貨幣そのものに稀少価値があるものです。

また同じ貨幣でも製造年数によって、製造枚数が違う事もあり買取額も大きく変わってくる事もあります。古銭を売る際のポイントや注意点をまとめてみました。

  • 貨幣の知識・価値を調べておく
  • ネットオークションは避けた方が良い
  • 信頼できる専門家に査定してもらう
  • 製造年数によって変わるので、貨幣の種類で相場を判断しない
  • 複数の買取専門店に査定してもらう

中途半端な知識では、本当のその貨幣の価値が分からない場合もあるので注意しましょう。

銀貨(古銭)は買取専門店で査定がおすすめ

鑑定してもらっている夫婦

銀貨(古銭)は非常に種類が豊富にあり、さらに日本だけでなく海外のものもあります。それだけでなくその年によって製造枚数が少ないものもあり、たとえ同じ貨幣でも製造年によって価値が変わる事もあります。

そのため古銭を高く売るには、買取専門店で査定してもらうのが望ましいでしょう。古銭買取専門店なら、古銭についての専門知識のある方がいるので、あらゆる貨幣に精通しているので安心です。買取専門店がオススメの理由をまとめてみました。

  • エラー貨幣も見極められる
  • あらゆる貨幣に関しての知識が豊富
  • 過去の取引実績があるので安心
  • 銀貨(古銭)についての知識がわかる

ただ買取専門店によって査定額が変わってくる事もあります。少しでも高く売るには、複数の買取専門店に査定してもらいましょう。

ランキング

【2019最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む

まとめ

銀貨・銅貨

銀貨・銅貨は紙幣よりも歴史が古く、非常に歴史的価値があるもののたくさんあります。そして、銀貨と銅貨、その他の貨幣を合わせると、日本には数多くの貨幣が存在します。製造年によってデザインが若干変わっていたり、製造枚数も異なります。

そのため、同じ貨幣でも買取相場は大きく変わる事もあります。さらには偽物やレプリカも存在しますから、その真贋や価値は一般の人ではわかりかねるものです。さらには今では少なくなったエラー貨幣も多数存在します。

もし銀貨・銅貨を高く売りたいと思うのなら、貨幣の価値が分かる専門家に査定してもらいましょう。また、複数の信頼できる買取専門店で見積もりを取ると、より高く買取してもらえるはずです。

コメントを残す

ページの先頭へ