古銭鑑定団

【完全保存版】古金銀の種類一覧!買取価格・価値・平均相場まとめ

二分金
古銭の種類

江戸時代中期から明治時代にかけて流通していたと言われている古金銀には、様々な種類のものが存在します。そのため買取相場も一概には言えず、価値の高いものもあれば安いものもあることが特徴と言えるでしょう。

現存数や保存状態によって査定額は変動する場合もあり、高いものでは数万円から数十万円で取引されることもあります。また状態が美しくデザインにエラーがある場合、希少性が評価されて100万円以上になる場合もあります。

一方江戸時代当時に広く流通しており現存数が多い種類であれば、査定に出してもあまり高額になることは期待できないでしょう。ある買取業者の相場に関するデータによると、数百円から数千円程度のものも多いとのことです。

古金銀とは?どんな種類がある?

一分金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一分金)

古金銀を取り扱う専門業者のデータによると、日本では1601年に発行されたものが最古の種類です。

1869年までの268年間も長期に渡り日本で流通していた古銭であり、現在でも買取専門店やコレクター間で取引されています。

長い歴史を持つ古銀金ですが、主に以下の2種類が存在します。

  • 金貨
  • 銀貨

鋳造の際に金や銀が使われているため、金貨または銀貨という呼び方で取り扱われる場合もあるでしょう。また別のデータによると、以下に挙げる種類は希少性から人気が高いとのことです。

  • 慶長一分半金
  • 文政二分半金
  • 庄内一分銀
  • 安政二朱銀

買取業者によっては、判金という呼び方をするところもあるかもしれません。また一分金と二分金という種類が存在しますが、以下のような特徴を持ちます。

  • 一分金は長方形であり、重さは小判の4分の1になるよう鋳造された
  • 二分金は補助通貨として鋳造された

どちらの古銭も、高額で取引されることがあるでしょう。

古金銀の価値と買取相場は?

虫眼鏡でグラフを見る

たとえば一分金と二分金の買取相場ですが、以下の通りです。

  • 一分金で400万円前後
  • 二分金で170万円前後

上記のデータは状態が美しく、保存状態も良い場合の例となっています。

ここが注意

希少性が高くても傷や汚れがあるものは価値が下がってしまうかもしれないため、丁寧に扱うようにしましょう。

美品かつ未使用であれば、より高額買取が見込めるかもしれません。

次に一分銀と二朱銀の買取相場ですが、以下の通りとなっています。

  • いずれの場合も状態が悪いものは3,000円前後かそれ以下
  • 状態の良いものは20万円前後

保存状態が考慮される点は、金の場合と同様です。あまりにも状態の悪いものは、買取に出さない方が良いかもしれません。

古金銀ごとに価値の高さが違う理由

調査・鑑定

種類によって鋳造された事情や当時の流通状況が異なるため、すべての古金銀に等しく価値があるわけではありません。

たとえば安政二朱銀と呼ばれる種類には、以下のような事情がありました。

  • アメリカとの貿易のために、鋳造されたが通用せずバカ二朱と呼ばれていた
  • すぐに廃止されたため、鋳造期間がとても短かった

安政二朱銀は、江戸時代当時は価値がなかったようです。しかし現在になると希少性が認められ、買取業者や一部のコレクターから人気が高く、状態が良いものであれば10万円以上の価値があるとのことです。

他にも流通期間が短く現存数に限りがある古金銀の場合、他の種類よりも買取相場が高くなる傾向にあるようです。

【金】古金銀一覧と相場情報

古金の相場情報を種類別に紹介していきます。

一分金

慶長一分判
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一分金)

複数の種類が存在する一分金ですが、あるデータによると、買取相場は以下の通りとなります。

慶長一分判金 3万円前後
元禄一分判金 5万円前後
宝永一分判金 3万円~15万円前後
正徳一分判金 20万円~80万円前後
享保一分判金 1万円~2万円前後
佐渡一分判金 50万円前後
元文一分判金 1万円~3万円前後
文政一分判金 6,000円~1万円前後
天保一分判金 8,000円~1万円前後
安政一分判金 8万円~40万円前後
万延一分判金 2万円~15万円前後

上記のデータはあくまで目安であり、場合によってはより高くなることもあります。保存状態に最新の注意を払っていれば、査定時に有利となるでしょう。

慶長一分判

古金銀『一分金』の種類一覧!買取価格・相場・価値まとめ

古金銀『一分金』とは?価値は高い? [caption id="attachme……続きを読む

二分金

二分金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/二分金)

鋳造が開始されたタイミングが遅かったため、二分金はすべてで5種類のみとなります。

その5種類について買取業者がデータをまとめて公開しているため、以下にその内容を紹介します。

文政二分判金の真文二分 1万円~4万円前後
文政二分判金の草文二分 6,000円~3万円前後
安政二分判金 3,000円~1万円前後
万延二分判金 1万円~8万円前後
明治二分判金 1,000円~2,000円前後

1,000円ほどにしかならないものもあれば、数万円で取引されるものも存在します。

ただし上記の買取相場に関するデータはあくまでも目安であり、保存状況の良さやデザインエラーが認められれば高額になる可能性もあります。

二分金

古金銀『二分金』の種類一覧!買取価格・平均相場・価値まとめ

古金銀『二分金』とは?見分け方はある? [caption id="attach……続きを読む

一朱金

一朱金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一朱金)

角一朱金や一分判と呼ばれることもある一朱金には、文政一朱判金というものしかありません。そのため業界では一朱金は文政一朱判金を示す言葉として使われており、古金銀としての価値も高いとあります。

そのデータによると文政一朱判金の買取相場は以下の通りです。

  • 普通のもので5,000円から3万円前後
  • 逆打などのエラーがあるものは3万円から10万円前後

普通の状態でも5,000円以上の査定額が期待できるため、まとめて出すことで効率の良い現金化が期待できるでしょう。

買取相場が数百円程度の種類も存在するため、状態の良いものを選んで出せば大金を手にできるかも知れません。

自宅に大量にある人は、デザインエラーを探してみましょう。

二朱金

古金銀『一朱金・二朱金』の種類一覧!買取・相場・価値【まとめ】

一朱金とは?どんな意味がある? [caption id="attachment……続きを読む

二朱金

二朱金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/二朱金)

業者によっては二朱判という別名で呼ばれる二朱金は、一朱金よりも早いタイミングで鋳造されています。

ある買取業者の相場に関するデータをチェックすると、以下の3種類について説明されていました。

元禄二朱判金 5万円~15万円前後
天保二朱判金 200円~800円前後
万延二朱判金 400円~1,000円前後

3種類の中では元禄二朱判金が最も相場が高く、場合によっては15万円で取引される場合もあります。

誰も使ったことのない未使用状態でさらに傷や汚れなどがなければ、より高い査定額を提示してもらえるかもしれません。

他の2種類は比較的相場が安く、現金化により高額を手にしたいのであればかなりまとまった数が必要となるでしょう。

【銀】古金銀一覧と相場情報

古銀の相場情報を種類別に紹介していきます。

一分銀

天保一分銀
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一分銀)

江戸時代末期に流通していた銀貨の1つである一分銀は、従来の古金銀とは違い計数貨幣として扱われていました。

買取業者がまとめているデータによるとそれまでのものは秤量貨幣といい、重量によって価値が決まっていました。

また買取業者が明かしている別のデータによると、買取相場は以下の通りとなります。

天保一分銀 300円~5,000円前後
安政一分銀 300円~1,000円前後
明治一分銀の川常 2,000円~5,000円前後

最も相場の高い明治一分銀の川常ですら5,000円前後であり、上記までに紹介した他の古金銀と比較すると、安いと言えるかもしれません。

しかしデータよれば、デザインエラーなどで数万円になる場合もあるとのことです。

安政一分銀

古金銀『一分銀』の種類一覧!買取価格・価値・平均相場【まとめ】

古金銀『一分銀』とは?見分け方は? [caption id="attachme……続きを読む

一朱銀

一朱銀
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一朱銀)

江戸時代後期に流通したと言われている計数貨幣の1つである一朱銀は、買取業者の説明によると当時の評価はあまり良いものではなかったとのことです。

また買取相場は以下の通りです。

文政南鐐一朱銀 500円~2,000円前後
嘉永一朱銀 100円~1,000円前後
明治一朱銀の川常 200円~1,000円程度

買取相場が比較的安いという点では、一分銀と共通しています。ただしデータによると3種類とも逆打などのエラーが認められれば、高額で取引される可能性もあります。

ここがポイント文政南鐐一朱銀の場合、10万円以上になる場合もあります。

どのようなものがエラーなのかわからない場合、買取業者のスタッフに見せると良いでしょう。

一朱銀

古金銀『一朱銀・二朱銀』の種類一覧!買取相場・価値【まとめ】

一朱銀とは?見分け方は? [caption id="attachment_22……続きを読む

二朱銀

二朱銀
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/二朱銀)

上記で紹介した一朱銀よりも早いタイミングで登場した二朱銀は、金貨と同等に通用する銀貨として江戸時代当時話題になっていたとのことです。

また買取相場は、次のようになっています。

小型の古南鐐二朱銀 2,000円~5,000円前後
大型の古南鐐二朱銀 1万円~10万円前後
新南鐐二朱銀 1,000円~3,000円前後
安政二朱銀 1万円~10万円前後

他の銀貨と比較すると、買取相場が高い傾向にあると言えるでしょう。

場合によっては10万円前後で取引される場合もあり、また逆打や特殊書体といった他のものにはない希少性が期待できる場合は数十万円になる可能性もあります。

古金銀を高く売るコツと注意点

ポイントと書かれた紙を指差す

上記でも複数の古金銀の買取相場を説明しましたが、高いものから安いものまで幅が広いと言えるでしょう。

1円でも高く売りたいのであれば、自分がこれから買取に出すつもりの古金銀の希少性に注目してみてください。

たとえ傷や汚れが1つもなく美品と言える状態であっても、希少性が期待できなければ査定額も安くなるかもしれないためです。

ここがポイント古銭のコレクターたちは簡単に手に入るものより、滅多に手にできないものを欲しがると思われます。

買取された古金銀は業者によって別の場所で販売され、コレクターと取引されるかもしれません。

そのため希少性だけではなく人気も高い種類が手元にあれば、なるべく意識して買取に出すと査定スタッフからも評価されるでしょう。

古金銀は買取専門店で査定がおすすめ

鑑定してもらっている夫婦

買取専門店にはいくつかのメリットがあり、主に以下のような買取方法が選べる場合もあります。

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

店頭買取は買取専門店まで直接訪れ、持参した古金銀をその場で査定してもらう方法です。

出張買取を選択した場合は自分から訪れる必要はなく、専門店のスタッフが指定した日時に自宅を訪れてその場で査定をしてくれます。

宅配買取は自分で古金銀の荷造りをする必要がありますが、宅配便業者によって届けられたものを査定スタッフが査定してくれます。

ここがポイント結果が出るまでの期間は一概には言えませんが、スピード重視のところを選ぶと良いでしょう。

優良な買取専門店を選べば、ネットオークションなどにあるようなトラブルを防げるかもしれません。

ランキング

【2019最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む

まとめ

二分金
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/二分金)

一口に古金銀と言ってもすべてに高い価値があるわけではないため、事前に正しい知識を身に付けることが現金化成功への近道と言えるでしょう。

期待して査定に出しても数百円程度であれば、ショックを受ける人もいるでしょう。

金貨と銀貨が両方手元にある場合、比較的相場の高い金貨をメインとして買取に出すと良いかもしれません。

ここがポイント銀貨にも種類や保存状況によって10万円以上の査定額が付けられる可能性もあるため、処分せずとっておくべきです。

どこに査定を依頼するかも重要であり、信頼性やサービス性や買取実績などを総合的に判断して選ぶことをおすすめします。

1つの業者や専門店にこだわらず、仮査定が可能であれば複数利用して最も良いところを選んでみてください。

コメントを残す

ページの先頭へ