古銭鑑定団

【夏目漱石1000円札】買取価格いくら?販売価値&査定相場《まとめ》

夏目漱石1,000円札
古銭の種類

夏目漱石1,000円札はつい最近まで広く流通していた紙幣ですし、たまにおつりに入っていることもあるため、古銭としての価値はないと思うでしょう。確かに珍しい紙幣とは言えませんから、そのまま使っても基本的には問題ありません。

ですがその中の一部にはプレミア価格がつく紙幣もあります。ここでは夏目漱石1,000円札の特徴と買取相場、そして買取価格がアップする特徴についてまとめています。もし夏目漱石1,000円札があるなら、その点をチェックしてみてください。

【早見表】夏目漱石1,000円札の販売・売買価格《まとめ》

夏目漱石1,000円札
販売店名 販売価格(参考)
Amazon 60,000円
楽天 3,000円~30,000円
ヤフオク 19,000円
メルカリ 不明
ここがポイント上記の販売価格はレプリカなども含んでいます。あくまで参考程度にしておいてください。

【全1種類】夏目漱石1,000円札(D号券)の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付》

夏目漱石1,000円札 時代 1984年~2007年
価値 D
相場 額面通り
素材 紙幣
画像出典 wiki「千円紙幣」

夏目漱石1,000円札は正式名称が日本銀行券D号券千円券となります。夏目漱石1,000円札は発行枚数が多く、初期の黒色の記番号から青色、褐色、暗緑色へと一巡するたびに色が変わっています。

夏目漱石1,000円札は流通枚数が非常に多く、未使用品であろうと基本的に額面通りの価値しかありません。額面以上になるのが一部のプレミア価格が付く紙幣のみです。

プレミア価格がつく夏目漱石1,000円札の『5つの特徴』

夏目漱石1,000円札は2007年まで発行していた紙幣のため、珍しいわけではありません。ですがその中でも一部プレミア価格がつく紙幣も存在します。ここではプレミア価格が付く5つ特徴についてまとめていますのでチェックしてみてください。

プレミア価格がつく夏目漱石1,000円札の『5つの特徴』

【特徴1】エラープリント

調査・鑑定

夏目漱石1,000円札は大蔵省印刷局から始まり、財務省印刷局、国立印刷局と製造者が変わっています。これらの印刷局で印刷されているのですが、印刷の過程でミスによりエラープリントされてしまう夏目漱石1,000円札もあります。

  • 裏写り
  • 印刷のズレ
  • 印刷のダブり

今は印刷技術が高く、また発行の際にもチェックしているのでエラープリントはほとんどありません。ただそれでも稀にチェックを逃れて流通する紙幣があるので、エラープリントがあればかなりのプレミア価格がつくでしょう。

【特徴2】A-A券(トップ番号)もしくはZZ-Z券(ラスト番号)

虫眼鏡とお金

夏目漱石1,000円札にはそれぞれアルファベットの記号と数字がつけられています。さらに記号番号の色も4種類あり、同じ紙幣は1つもありません。数字の前後につけられているアルファベットは前後それぞれAからZまであります。

そのアルファベットによってプレミア価格がつきます。前後のアルファベットが同じでも価値が高いですが、それがA******A となっている紙幣はA-A券と呼ばれており稀少価値がさらに高くなります。

A-A券は最初に作られた紙幣という証拠になりますが、逆にZZ******Zとなっている紙幣は ZZ-Z券(ラスト番号)と呼ばれ、こちらも最後の番号として稀少価値が高いです。

ここがポイントさらに言えばA-A券なら記番号の色も黒だと最も初期の紙幣ですので価値は高くなるでしょう。

【特徴3】連番やぞろ目の珍しい番号

1万円札の上に置かれた電卓

夏目漱石1,000円札にはアルファベットの他に6桁の数字がつけられています。000001から999999まで約100万通りありますが、その数字の並びによっては珍しい番号になっているものもあり、それだとプレミア価格がつきます。

例えば以下のような珍しい数字です。

  • 000001や000009などのような一桁の番号
  • 123456や456789などの数字が連続した番号
  • 111111や888888などのぞろ目の番号
  • 100000や500000などのキリのいい番号
  • 211112や122221などのサンドイッチ番号

その中でも1からスタートした123456やラッキーセブンの777777、末広がりの888888など、縁起の良い番号は特に人気があり、高値で取引されています。

さらにアルファベットが前後で同じなどのプレミア価格がつく条件が重なれば、さらに高額での買取も可能でしょう。

【特徴4】福耳

並べられた紙幣

紙幣は1枚の大きな紙に何枚分もの紙幣を印刷し、それを裁断して通常サイズの紙幣が出来上がります。その裁断の際に何らかのトラブルにより裁断ミスが起こり、綺麗にカットされない場合も稀にあります。

そのため切り口に他の紙幣の一部が残ったままになってしまう紙幣もでてきます。それが福耳と呼ばれ、プレミア価格がつく紙幣になります。

今は裁断技術も高い上に、流通前にはしっかりとチェックしますから福耳は滅多に現れませんが、だからこそ価値が高くなっているのです。

【特徴5】帯付きのお札

夏目漱石1,000円札は仮に未使用品だとしても基本的に額面以上の価値になることはありません。ですがそれが100枚の束になった帯付きのお札であれば話は別です。帯付きのお札だとそれだけで未使用品の証明にもなりますし、珍しいものです。

帯付きのお札だと額面上は10万円になりますが、それ以上の価格で買取してもらえる可能性が高いです。ただし帯付きのお札は帯がついていることが条件ですから、帯は外すことなくそのまま査定してもらう必要があります。

《基本知識》夏目漱石1,000円札とは?

1,000円札の裏面
(画像出典:wiki「千円紙幣」)

日本銀行券D号券から肖像画に文化人が採用されており、千円券に採用されたのが坊ちゃんや吾輩は猫であるなどの小説で有名な明治時代の文豪、夏目漱石です。

夏目漱石1,000円札は十数年前まで発行されていた紙幣ですから珍しいものではないでしょう。そして今でもおつりで夏目漱石1,000円札が混じっているということも稀ではありません。

しかも今のE号券と概要が似ているので気づかない人もいるかもしれません。夏目漱石1,000円札には視覚障害者でも券種を識別できるように識別マークがついているのが特徴です。

また夏目漱石1,000円札は非常に発行枚数が多いのも特徴です。紙幣は129億6千万枚を発行するとすべての記番号が使い切ってしまいます。そのため夏目漱石1,000円札は記番号の色をその都度黒色、青色、褐色、暗緑色の4色に変えています。

夏目漱石1,000円札はいつからいつまで発行されたのか

メモをする男性

夏目漱石1,000円札は日本銀行券D号券千円券として1984年11月1日から発行が開始しています。

その20年後となる2004年11月1日に現在のE号券が発行開始されていますが、それにともないその約2年半後となる2007年4月2日をもって発行が終了しています。

発行は終了していますが、現在でも問題なく使える紙幣ですし、財布の中に入っていても不思議ではありません。ただ2024年には新紙幣が発行される予定ですから、徐々にお目にかかる機会は少なくなっていくことでしょう。

初期に発行された夏目漱石1,000円札の見分け方

ポイントと書かれた紙を指差す

夏目漱石1,000円札は基本的に額面通りの価値しかありません。ただし初期に発行された夏目漱石1,000円札だと、紙幣の状態にもよりますが高く買取してもらえる可能性があります。初期に発行された紙幣を見分ける方法は、それほど難しくはありません。

初期に発行された夏目漱石1,000円札とは1990年の11月1日以前に発行された紙幣です。ただ発行された日が記載されることはありません。夏目漱石1,000円札に限ったことではないのですが、紙幣には記番号がありさらにそれに色が付いています。

夏目漱石1,000円札の記番号の色は黒色、青色、褐色、暗緑色と4種類ありますが、黒色のものが初期に製造されたものです。

ここが注意

ただアルファベットは製造工場の意味合いがあるので、必ずしもAに近いから初期でも最初の方というわけではありません。

夏目漱石1,000円札の鑑定・売却なら買取専門『バイセル』がおすすめ

バイセル

夏目漱石1,000円札はほとんどの紙幣が額面通りの価値しかないものです。ただエラー紙幣や珍しい記番号などの一部の紙幣についてはプレミア価格がつきものもあります。ただそれでも買取店によっては現行紙幣ということから買取不可となることもあるのです。

もしそんな価値のある夏目漱石1,000円札をできるだけ高く売りたいのであれば、古銭買取専門店『バイセル』がおすすめです。バイセルは納得のいく買取価格が実現できると評判ですし、全国展開しているため全国どこへでも出張買取可能です。

さらに、急いで現金が欲しいという人には即日現金払いにも対応しています。また女性に対しては女性査定員を指名して対応してもらえるので、安心して査定を受けられます。

まとめ

夏目漱石1,000円札
(画像出典:wiki「千円紙幣」)

夏目漱石1,000円札は十数年前まで発行していた紙幣ですから、決して珍しい紙幣ではなく基本的に額面通りの価値しかありません。

ですがだからといってすべての夏目漱石1,000円札がプレミア価格がつかないわけではありません。エラープリントや珍しい記番号の紙幣は高く買取してもらえます。

もしかしたら財布に入っている夏目漱石1,000円札がプレミア価格がつく紙幣かもしれません。もし珍しい紙幣を発見したなら、信頼できる古銭買取専門店に査定してもらうといいでしょう。

コメントを残す

ページの先頭へ