古銭鑑定団

【岩倉具視新500円札】買取価格いくら?鑑定価値&査定相場《まとめ》

五百円紙幣B号券
古銭の種類

今の500円といえば500円硬貨ですが、古い紙幣には岩倉具視が描かれた500円札があります。30代以降の人なら見たことも使ったこともあるでしょうから、特に珍しいと感じることもないかもしれません。

ただ岩倉具視500円札といっても岩倉具視旧500円札と岩倉具視新500円札の2種類があり、価値が異なります。

ここでは岩倉具視500円札の特徴や現在の鑑定価値についてまとめています。中にはプレミア価格がつく岩倉具視500円札もあるのでチェックしてみてください。

【早見表】岩倉具視新500円札の販売・売買価格《まとめ》

岩倉具視500円札
販売店名 販売価格(参考)
Amazon 3,000円
楽天 3,850円
ヤフオク 2,000円~68,000円
メルカリ 750円
ここがポイント上記の販売価格はレプリカなども含んでいます。あくまで参考程度にしておいてください。

【全2種類】岩倉具視新500円札の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付き》

【全2種類】岩倉具視500円札の買取相場価格と鑑定価値一覧《画像付き》

①【岩倉具視旧500円札(B号券)】鑑定価値と買取相場価格

五百円紙幣B号券 時代 1951年~1971年
価値 D
相場 500円~1,000円
素材 紙幣
画像出典 wiki「五百円紙幣」

日本銀行券B号券五百円券は、この後、同じ岩倉具視の肖像画となるC号券五百円券が発行されていることから、岩倉具視旧500円札と呼ばれています。

岩倉具視旧500円札は前期と後期、さらに前期もアルファベットが一桁と二けたの紙幣があります。後期はほぼ額面通りの価値しかありませんが、前期なら状態が良ければ額面以上の価格で買取されます。

②【岩倉具視新500円札(C号券)】鑑定価値と買取相場価格

五百円紙幣C号券 時代 1969年~1994年
価値 D
相場 額面通り
素材 紙幣
画像出典 wiki「五百円紙幣」

1969年から発行された日本銀行券C号五百円券は、その前に発行された同じ岩倉具視の肖像画が描かれたB号五百円券と区別して、岩倉具視新500円札と呼ばれています。

岩倉具視新500円札は、近年まで使われており見たことがある人も多いでしょう。流通枚数も非常に多かったこともあり、未使用品でも額面通りの価値しかありません。

プレミア価格がつく岩倉具視新500円札の『3つの特徴』

岩倉具視新500円札は、基本的に額面通りの価値しかありません。ですが、その中でも紙幣によってはプレミア価格がつくものもあります。ここではプレミア価格がつく岩倉具視新500円札の3つの特徴についてまとめています。

プレミア価格がつく岩倉具視新500円札の『3つの特徴』

【特徴1】A-A券(トップ番号)もしくはZZ-Z券(ラスト番号)

調査・鑑定

岩倉具視新500円札には、すべての紙幣にアルファベットの記号とその間に数字がつけられています。そのアルファベットの番号によってはプレミア価格がつくものもあります。

特に稀少価値が高いのが、数字の前後がAとAのアルファベットになっているA-A券(トップ番号)です。A-A券は最も発行時期が早い紙幣となり、稀少価値が高いです。

またその逆にZZ-Z券(ラスト番号) は最後のアルファベットということもあり、プレミア価格がつきます。

【特徴2】珍しい番号

虫眼鏡とお金

岩倉具視新500円札には先述のアルファベットの間に000001から999999までの6桁の数字がついています。その数字が珍しい番号だとプレミア価格がつきます。

例えば以下のような珍しい番号が価値が高いです。

  • 111111や222222などのぞろ目の番号
  • 123456や567890などの数字が連続した番号
  • 211112や122221などのサンドイッチ番号
  • 100000や900000などのキリのいい番号
  • 000001や000009などのような一桁の番号

さらにこれが前後のアルファベットが揃っていると、より価値が高くなります。例えば以下のような感じです。

  • A111111A
  • B123456B
  • CC100000C
  • ZZ000001Z

【特徴3】福耳つき・裁断ずれ

並べられた紙幣

岩倉具視新500円札は製造工程において、最初は1枚の大きな紙に何枚もの紙幣が印刷されます。それを裁断することで、所定のサイズの紙幣になるというわけです。ただその裁断の段階で、何らかのトラブルにより裁断ミスが起こることがあります。

そういった裁断ミスがあると、正規のサイズの紙幣に他の紙幣の一部が裁断されずに残ってしまうものもあります。そのような状態の紙幣が福耳と呼ばれ、プレミア価格がつきます。

ここがポイントサイズは正常でも印刷面とのずれが生じてしまい、紙幣がずれているケースもあります。

こういった福耳つきや裁断ずれは、製造技術が高くなった今、滅多に出回ることがないのですが、ごく稀にスルーされて世に出てくることがあります。滅多に出ない紙幣だからこそ価値が高いのです。

《予備知識》岩倉具視新500円札とは?

五百円紙幣
(画像出典:wiki「五百円紙幣」)

岩倉具視500円札は日本銀行券の1つで、B号券とC号券があります。そして日本で発行された紙幣の中で500円札はこの2種類のみとなっています。

今後もおそらく500円札が新紙幣として発行されることはほぼないでしょうから、500円札といえば岩倉具視というイメージになります。

戦後のインフレの抑制のためにB号券千円札が発行されているのですが、当時としてはかなりの高額紙幣でもありました。その一方でそれ以前に発行されていた最高額面は百円券のみだったため、その差が大きかったのです。

岩倉具視500円札はまさにその千円札と百円札の間を埋めるために作られています。そのため発行枚数も流通した枚数も非常に多いです。また岩倉具視新500円札は500円硬貨の登場により、今は発行されなくなりました。

岩倉具視新500円札”B号券”と”C号券”の見分け方

五百円紙幣C号券
(画像出典:wiki「五百円紙幣」)

岩倉具視500円札はB号券とC号券の2種類のみがありますが、肖像画として表面に描かれている岩倉具視も裏面の富士山も同じ原画を使用しているのでそっくりです。

B号券とC号券の見分け方は、比べてみれば一目瞭然ですが、単独で見るとわからなくなってしまうこともあります。C号券だけ使ったことがある人は、見覚えのある紙幣かもしれませんが、そうでない人は区別も難しいです。

見分けるポイントとしては、透かしのスペースです。B号券もC号券も透かしは入っていますが、C号券は紙幣の左側に透かしのスペースがあります。現代の紙幣にも透かしのスペースがありますから、より新しい方が透かしのスペースがある方と覚えておくといいでしょう。

岩倉具視新500円札はいつからいつまで発行されたのか

五百円紙幣
(画像出典:wiki「五百円紙幣」)

岩倉具視旧500円札は、1950年に発行された日本銀行券B号券千円券とそれまで発行されていたA号券百円券との間を埋めるべく、翌年の1951年に発行開始になっています。

その約18年後となる1969年11月1日から岩倉具視新500円札が発行されました。そして岩倉具視新500円札の発行にともない、岩倉具視旧500円札はその約1年2ヶ月後に発行が終わっています。

また1982年に500円硬貨が発行されましたが、岩倉具視新500円札はその12年後となる1994年まで発行されました。

岩倉具視新500円札の鑑定・売却なら買取専門『福ちゃん』がおすすめ

福ちゃん

岩倉具視500円札は新・旧とあり、それによって鑑定価格が異なります。基本的に使用感のある岩倉具視500円札は旧であっても額面通りの価値しかありませんが、状態が良い岩倉具視旧500円札だと額面以上の価値はあります。

またエラー紙幣や珍しい記番号の紙幣であれば、岩倉具視新500円札であっても思わぬ高額な価格がつくこともあります。ただそれも買取業者によって買取額に差が出てきます。もし少しでも高く売りたいという人は古銭買取専門店『福ちゃん』がおすすめです。

福ちゃんなら全国どこでも宅配買取が可能で、一部を除く35都道府県なら出張買取も可能です。女性査定士もいるので、女性のお客さまには希望に応じて女性査定士が出張に対応してくれるのも魅力でしょう。

まとめ

五百円紙幣B号券
(画像出典:wiki「五百円紙幣」)

岩倉具視新500円札は、20年近く前までは流通していた紙幣ですし、近年でも稀に見かけることもあります。

基本的に額面通りの価値しかなく、かといって現行紙幣として使える紙幣ではあっても、自動販売機はもちろん使えない店舗が多いです。また額面通りの価値しかない岩倉具視新500円札でも、紙幣によってはプレミア価格がつくこともあります。

そのため岩倉具視新500円札をお持ちの方は、番号や紙幣の状態をチェックして古銭買取専門店に査定してもらうといいでしょう。

コメントを残す

ページの先頭へ