古銭鑑定団

【完全保存版】旧紙幣・古紙幣の種類一覧!買取価格・相場まとめ

小額政府紙幣 (靖国神社)
古銭の種類

旧紙幣・古紙幣を持っている方は意外と少なくないかもしれません。自宅の蔵にあったという人もいますし、旧紙幣なら保管している人もいるでしょう。旧紙幣なら今でも額面通り使えますが、古紙幣はお金としてのお価値はありません。

ですが、旧紙幣・古紙幣はお金としての価値はなくても珍しいのでコレクターが集めています。そのため紙幣によっては高く買取してくれる場合もあります。もし売るなら買取相場をチェックしてみるのがいいでしょう。

古紙幣は特に種類が豊富にあり、紙切れ同然のものもあれば数百万円の価値のあるレアなものもあります。基本的に保存状態は悪いのが多いので、逆に良好のものは買取相場よりも高くなります。まずは旧紙幣・古紙幣の種類と特徴を知っておきましょう。

旧紙幣・古紙幣とは?価値が高いものは?

小額政府紙幣
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/小額政府紙幣)

紙幣には旧紙幣と呼ばれるものと古紙幣と呼ばれるものがあります。どちらも古い紙幣には変わりありませんが、違いがあります。

旧紙幣とは発行がすでに停止されており、現行の紙幣とはデザインが違います。ただ今でも額面通り使用する事が出来ます。

一方で古紙幣は旧紙幣よりももっと古い紙幣になり、お金としての価値はなく当然使う事も出来ません。仮に使えるとしても1円や50銭といった額面になるので、ほとんど価値はないでしょう。そして古紙幣は材質も粗悪で状態も悪いです。

ここがポイント現存する数が少ないため、そういった希少価値のある古紙幣はコレクターの間では高値で取引が行われています。

古ければ古いほど価値があると思われがちですが、実際はそうではなく現存数が少ないものほどプレミアの価値があります。

ただほとんどの古紙幣は保存状態が悪いです。同じ紙幣でもその保存状態によって価値が大きく変わり、保存状態が良ければかなりの高額になる事もあります。もし古い紙幣があるならどのようなものなのか調べてみましょう。

旧紙幣・古紙幣の価値と買取相場は?

電卓で計算するサラリーマン

旧紙幣は現在でも使用可能なため、額面額よりも買取相場が低くなる事はありません。

一方で、発行年数が新しくなればなるほど、価値は低くなり額面通りの価値しかなくなります。日銀券のC号とD号は額面以上にはなりません。

旧紙幣でも大黒1円札などは1万円から2万円ほどの買取相場になります。古紙幣の買取相場は稀少性と保存状態によって変わってきます。

ここが注意

発行数が多いものや、残存数が多ければほとんど価値がなくなります。

市場になかなか出回らないような稀少価値の高い古紙幣は数万円から数十万円、ものによっては数百万円の買取価格が付くこともあります。

古紙幣は数も多いので、買取相場がわかりにくいので専門家に鑑定してもらう必要があるでしょう。

旧紙幣・古紙幣一覧と相場情報

旧紙幣と古紙幣の情報と相場情報を見ていきましょう。

江戸の紙幣

藩札 越前福井藩
(画像出典:http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/tenji/kaisetsusheets/60-1.pdf)

江戸時代に全国で統一したお金が出来上がりましたが、それは貨幣のみで全国的に流通する紙幣はありませんでした。ですが各藩では藩内でしか使用できない、“藩札”があります。

江戸時代は300以上の藩があり、それぞれが独自に発行していたようです。各藩でしか使えない紙幣ですから、全国に流通する事はほとんどなく、その地域の方しか持っていません

そのため、藩札によっては紙くず同然のものもあれば、稀少価値が高いものもあります。高価買取が可能な江戸時代の藩札は以下の通りです。

越前福井藩札 一番古い藩札と言われ歴史的価値あり
和歌山藩札 デザイン性が高く買取相場が高い
峰山藩札 小さい藩のため発行数が少ない
小諸藩札 発行数が少なく稀少価値あり
上田藩札 発行数が少なく稀少価値あり
江戸時代

江戸時代「古紙幣」の種類一覧と買取相場【まとめ】

江戸時代の紙幣とは? [caption id="attachment_238"……続きを読む

明治の紙幣

明治通宝
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/明治通宝)

江戸時代までは全国で流通しているお金は金・銀・銅などの貨幣だけで、紙幣を本格的に導入したのが明治時代です。

それまでの紙幣は各藩で使用できる藩札でしたが、それを新政府が引き継いで整理するために発行したのが新政府紙幣です。

ここがポイント高度な印刷技術がなかった時代のため、その後ドイツに製造を依頼して作られたのが明治通宝札の新紙幣です。

民間銀行から発行された国立銀行紙幣、改造紙幣が発行されて、明治18年に日本銀行から日本銀行兌換銀券、日本銀行兌換券、日本銀行券が発行されています。

数ある明治の紙幣で買取相場が高いコチラです。

旧国立銀行券20円 800万円前後
旧国立銀行券10円 500万円前後
日本銀行兌換券200円 400万円前後
甲号兌換銀行券100円万葉記号 150万円前後
大蔵省兌換証券 金拾円 45万円前後
明治通宝5円 25万円前後
古紙幣

明治時代『古紙幣』の種類一覧!買取価格・価値・相場【まとめ】

明治時代の紙幣とは? [caption id="attachment_2333……続きを読む

大正の紙幣

大正政府紙幣
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/小額政府紙幣)

大正時代は第一次世界大戦により好景気になり、少額貨幣の銀貨に需要が増えました。ただ増産しようとするも鋳造するための銀の不足が懸念されたため、応急処置として50銭と20銭、10銭の紙幣を発行しました。

これらの銭の紙幣はあまり根付かず大正6年から12年までの7年間しか製造されていません。そのため現存数が少なく、稀少価値があります。

ただ、その割には古銭としての価値はあまりなく、高値で取引されるケースが少ないです。ただ20銭札は大正8年までの3年間しか製造されていないので、数が少なく最も価値が高いです。以下が大正時代の紙幣の種類と相場になります。

50銭札 4,000円~8,000円
20銭札 7,000円~1万円
10銭札 1,000円~3,000円
大正の紙幣

大正時代『古紙幣』の種類一覧!買取価格・価値・相場【まとめ】

大正時代の紙幣とは?価値は高い? [caption id="attachmen……続きを読む

昭和の紙幣

小額政府紙幣 (富士桜)
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/小額政府紙幣)

昭和の前期に発行された紙幣が兌換券です。

  • 5円
  • 10円
  • 20円
  • 100円

上記の4種類の額面が発行され、その後緊急用に200円券が発行されています。日中戦争が始まると、50銭銀貨に代わる少額政府紙幣が発行されました。

当初は富士桜、その後は靖国神社が描かれています。

太平洋戦争が始まると紙幣の改札が行われ、さらに5銭券と10銭券も発行されています。戦後は日銀券としてA号から現代のE号までさまざまなデザインの紙幣が発行されており、新しくなるにつれ稀少価値は下がってきます。以下が主な昭和の紙幣です。

兌換券 5円 10円 20円 100円 200円
少額政府紙幣 50銭
不兌紙幣 5銭 10銭 1円 5円 10円 100 円200円
A号日銀券 5銭 10銭 50銭 1円 5円 10円 100円
B号 50円 100円 500円 1,000円
C号 500円 1,000円 5,000円 1万円
D号 1,000円 2,000円 5,000円 1万円
E号 1,000円 5,000円 1万円
小額政府紙幣 (板垣)

昭和時代『古紙幣』の種類一覧!買取価格・平均相場【まとめ】

昭和時代の古紙幣の価値と買取相場は? 昭和時代に発行された古紙幣の価値と買取相……続きを読む

軍用手票

軍用手票
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/軍用手票)

軍用手票とは、戦争時に一時的に軍が発行した疑似紙幣です。戦時中に現地のみで物資調達などに使う紙幣で、他の地域ではただの紙切れ同然になります。発行枚数も少なく最終的には軍や国が回収・換金をするので、現存している数が少ないです。

中には現存していない紙幣や、数える程度しか確認されていない紙幣もあるため、それらはコレクターの間では高く取引されています。

中には数百万円の価値がある紙幣もあります。ですがその反面ほぼ価値がないものまであります。主な軍用手票は以下の通りです。

承恵社札・西郷札 西郷軍が発行した日本初の軍票
日清戦争軍票 日本政府初の軍票。現存しているのは1両札のみで数百万円の価値あり
青島出兵軍票 残存数が少なく稀少価値が高い
シベリア出兵軍票 回収率が良く残存数が少ないため、稀少価値が高い
軍用手票

軍用手票(軍票)の価値はいくら?買取価格&平均相場《全種類まとめ》

軍用手票(軍票)とは?偽物も存在する [caption id="attachm……続きを読む

旧紙幣・古紙幣を高く売るコツと注意点

ポイントと書かれた紙を指差す

旧紙幣・古紙幣を高く売るためのコツとしては、まずは買取相場をチェックしてみる事です。ネットオークションで売るにも、買取専門店に売るにも、相場を知っておけば安く手放してしまう事を避けられます。

ただ旧紙幣や古紙幣は保存状態によって価値が変わってしまいますし、業者によっても価格は変わります。ですので、買取相場だけを参考にするのも得策ではありません。同じ旧紙幣・古紙幣でも数千円から数万円の差が出てしまう事もあります。

特に古紙幣は種類が多く、また紙幣によってはあまり流通していないものもあり、本当の相場はわかりにくいものです。

ここが注意

コレクターは少しでも安く買いたいので、価値がそれほどないとわかると騙す可能性もあるので注意しましょう。

旧紙幣・古紙幣は買取専門店で査定がおすすめ

鑑定してもらっている夫婦

旧紙幣・古紙幣のコレクターは意外と多いです。特に高い知識がなくても、珍しいので欲しいと思う人は少なくありません。自分自身も知識がないと安く手放してしまう恐れがあります。そうならないためには買取専門店で査定してもらうのがおすすめです。

旧紙幣・古紙幣の買取専門店なら、専門家がいるので、その紙幣がどのようなものでどれくらいの価値があるのかがわかります。

ただ保存状態などは紙幣によって違いますから、買取店によって査定額が変わってしまう事も十分に考えられます。より高く買取してもらうためには、できるだけ多くの買取店に査定してもらうといいでしょう。

ランキング

【2019最新】古銭を高価買取するおすすめ業者ランキング《人気5選》

正確な鑑定が可能!当サイトがおすすめする『古銭買取業者』 買取というものは、そ……続きを読む

まとめ

小額政府紙幣 (靖国神社)
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/小額政府紙幣)

旧紙幣・古紙幣はお金としての価値は、ほとんどありません。年代が新しい旧紙幣なら今でも使用できますが、それでも額面以上の価値になる事はないです。ですがコレクターの間では稀少価値があって、額面以上でも欲しがる人がたくさんいます。

旧紙幣・古紙幣にはほとんど市場に出回らない稀少価値のあるものもあり、数十万円から数百万円になるものもあります。その一方で残存数も非常に多く、ほとんど紙切れ同然のものあります。珍しい紙幣でも買取額はゼロという紙幣もあります。

また保存状態が良ければ価値は高くなりますが、そこはネットオークションでは分かりにくいので高額にならない場合が多いです。ですので、旧紙幣・古紙幣を売るなら、その価値がしっかり分かる買取店に売るのが望ましいでしょう。

コメントを残す

ページの先頭へ